【Galaxy】カメラの基本操作をマスターせよ!

Galaxyには高機能なカメラとアプリが搭載されているが、高機能な分複雑で操作を理解するのは難しい。この記事では標準カメラアプリの「写真モード」時の操作についてみていこうと思う。

※記事中のスクリーンショットは全てGalaxy Note10 (SM-N9700) Android 10 (One UI 2)のもの。

Galaxy イオシス
の取扱
Etoren
の取扱
Z Flip Z Flip Z Flip
Fold au

F9000
F9000
Note10 N9700 N9700

N970FD
Note10+ docomo

au

N9750
N9750

N975FD
S10e G9700 G970FD
S10 docomo

au

G9730
G9730

G973FD
S10+ docomo

au

G9750

G975N
G9750

G975FD
S20 G9810 G980FD

G9810
S20+ G985FD

G9860
G985FD

G9860
S20 Ultra G9880 G988B

G9880
Note20 N9810 N9810

N981BD
Note20 Ultra N9860 N9860

N986BD

カメラアプリの起動

アプリ一覧から起動

▼アプリ一覧から「カメラ」をタップするとカメラが動作する。

電源ボタン(Bixbyボタン)から起動

Galaxy Note10などは設定→高度な設定→「サイドキー」の設定から電源ボタン(Bixbyボタン)2回押しにカメラを起動を割り当てすることができる。

カメラアプリの操作(写真モード)

  1. フロント / リアカメラ切り替え
  2. シャッター
  3. プレビュー
  4. シーン別に最適化
  5. 望遠 / 広角 / 超広角カメラの切り替え
  6. エフェクト切り替え(カラーフィルター, 美肌効果)
  7. モーションフォト
  8. 撮影比率切り替え
  9. タイマー設定
  10. フラッシュライト
  11. カメラ設定

上記のほか、画面内でピントを合わせたい被写体にタッチすればフォーカスできる。

①フロント / リアカメラ切り替え

フロント / リアカメラの切り替えにより、自撮り撮影ができるボタン。

▼画面を指で払うフリック操作でも切り替え可能となっている。左右にフリックするとカメラモードが切り替わる。

▼画面を横向き状態では上下フリックではなく、左右フリックでカメラが切り替わる。上下にフリックするとカメラモードが切り替わる。

②シャッター

タップすると写真を撮影できるボタン。標準の設定では長押しするとGIF動画を作成でき、設定で連写などへ切り替えできる。

▼シャッターボタンをスライドすると、好きな場所にシャッターボタンを配置可能なので操作しにくいときに使ってみよう。消したい場合は元のシャッターボタンと重ねればいい。

この機能はカメラ設定で無効にすることもできる。

また、音量キーをシャッターボタンにすることもできるようになっているので、手袋をしているときに有効だ。

③プレビュー

タップすることで撮影した写真を「ギャラリー」アプリで確認できる。

▼電源ボタン2回押しなどを使って、ロックを解除せずカメラを起動した場合はプレビュー内容が表示されない。

④シーン別に最適化

アイコンが青色の状態で写真を撮影しようとすると、被写体に応じて色合いが自動調整される機能。アイコンをタップすることで、有効 / 無効の切り替えできる。

また、設定から機能自体を止めることも可能だ。

判別できる被写体

食べ物ビーチ
人物日の出と日没乗り物
水辺
屋内街路
動物夜景
風景飲み物
草原ステージ
赤ちゃん
逆光人々
文字

参考

⑤望遠 / 広角 / 超広角カメラの切り替え

タップすることで以下の倍率のカメラに切り替えできる。

  • 望遠 : 2倍
  • 広角 : 等倍
  • 超広角 : 0.5倍

※超広角カメラはGalaxy S10やNote10から搭載されている。

▼それぞれタップすれば以下のように切り替わる。

▼倍率アイコンをスワイプ操作するとズームの調整ダイヤルがあらわれ、細かく調整可能。右側にあるアイコンで規定の倍率に切り替えすることもでき、一気に10xズームにすることもできる。

ズームイン・アウトは画像などを拡大する操作である2本指での「ピンチイン・アウト」でもおこなえる。

⑥エフェクト切り替え(カラーフィルター, 美肌効果)

▼カラーフィルターではインスタグラムのアプリにあるようなフィルター効果を「写真撮影しながら」つけることができる。

フィルターの効果は10段階で細かく調整可能だ。

標準でいくつかのフィルターが用意されているが、Galaxy Storeで追加もできるようになっている。

▼ビューティのボタンに切り替えると、肌のシミやシワを目立たなくする効果を付与してくれる。自動モードでは効果は3段階となっている。

▼画面右上のアイコンをタップすれば自分で細かい調整をできるモードに切り替わる。

ここでは、下記の4つを8段階に分けて調節ができる。

  • 目の大きさ
  • 下あごの輪郭
  • トーン
  • 滑らかさ

とても恐ろしい機能だ。

⑦モーションフォト

iPhoneの「Live Photo」に似た機能。シャッターボタンを押す直前の3秒間をミニ動画として保存して楽しむことができる。

音声は収録されない点や、Galaxyの「ギャラリー」のみで再生でき、Googleフォトなどでは写真のみの表示となる点に注意したい。

参考

⑧撮影比率切り替え

▼撮影比率は画面左端の4つから選択できる。

  • 4:3 一般撮影に最適
  • 16:9 スマホやTVの表示に最適
  • 1:1 InstagramなどSNSに最適
  • Full Galaxyでの表示に最適

▼参考 : 最適な写真サイズの考え方

⑨タイマー

▼タイマーは2秒, 5秒, 10秒を設定可能。

集合写真の撮影などで便利に使える。Galaxy Note9や10ならSペンで遠隔シャッター操作が可能だ。

⑩フラッシュライト

▼オンとオートが選べるフラッシュライト。基本はオフで使用するのが無難だ。

できれば暗所撮影はフラッシュライトに頼らず「ナイトモード」を活用したほうがきれいに撮影できる。

参考 : スマホのフラッシュライトについて

⑪カメラの設定

▼ここでは機能の切り替えや撮影方法の変更ができる。動画の撮影サイズなども変更可能だ。

おわりに : 操作方法を覚えて慣れよう!

基本操作方法を覚えておけば、とっさのシャッターチャンスを逃さない。

操作方法をマスターして、スマートに思い通りの写真を撮影しよう。

Galaxy イオシス
の取扱
Etoren
の取扱
Z Flip Z Flip Z Flip
Fold au

F9000
F9000
Note10 N9700 N9700

N970FD
Note10+ docomo

au

N9750
N9750

N975FD
S10e G9700 G970FD
S10 docomo

au

G9730
G9730

G973FD
S10+ docomo

au

G9750

G975N
G9750

G975FD
S20 G9810 G980FD

G9810
S20+ G985FD

G9860
G985FD

G9860
S20 Ultra G9880 G988B

G9880
Note20 N9810 N9810

N981BD
Note20 Ultra N9860 N9860

N986BD

Galaxy関連記事

Galaxy実機レビュー

Galaxy Tips

カメラの使い方

Wi-Fi & Bluetoothの使い方

テザリングの使い方

データ移行 & 初期化の方法

設定関連

GalaxyをPCにする「DeX」

Galaxyに便利機能を追加する「Good Lock & Galaxy Labs」

手書きスマホ「Galaxy Note10」関連

Galaxy Note10のカメラ

Sペン

Galaxy Note9とNote10を比較

iPhone 11 ProとGalaxy Note10を比較

Xiaomi Mi 9T ProとGalaxy Note10を比較

Galaxy Note10の価格情報

モバイルバッテリー&充電器

Galaxy Note10ケース

Galaxy Note10フィルム

コメントを残す