》Moto Razr 2022がETORENで発売!

Galaxy S20 レビュー:実機で分かった良いところ・いまいちなところ

軽量で扱いやすいサイズ感の「Galaxy S20」を海外通販サイトEtorenにて購入した。

「Galaxy S20」の特徴を3つ挙げると、

  • 軽量・コンパクト
  • ハイエンドSoCを搭載
  • 120Hz・有機ELディスプレイ

という感じ。

本機は希少な「コンパクトハイエンド」のスマホとなっている。

ということでこの記事ではGalaxy S20の、

  • 外観
  • カメラ性能
  • よかったところ
  • いまいちだと感じたところ

などを紹介しようと思う!

Galaxy S20 と先代モデルのスペックを比較

Galaxy S10とのスペック比較表

Galaxy S10 Galaxy S20
OS(初期)Android 9Android10
SoCExynos 9825
Snapdragon855
Exynos 990
Snapdragon865
RAM8GB8GB
12GB
ストレージ128GB
256GB(5G)
128GB
256GB
512GB
重さ157g163g
高さ149.9mm151.7mm
70.4mm69.1mm
厚み7.8mm7.9mm
画面サイズ6.1インチ
有機EL
6.2インチ
有機EL
120Hz駆動
解像度1440x30401440×3200
画面密度551ppi563ppi
バッテリー容量3,400mAh4,000mAh
充電能力有線 22.5W
無線 12W
有線25W
無線15W
Wi-Fi802.11a, b, g,
n, r, ac, ax
802.11a, b, g,
n, r, ac, ax
Bluetooth5.05.0
防水
デュアルSIM
国内モデルは×

国内モデルは×
FeliCa
海外モデルは×

海外モデルは×
SDカードスロット
フルセグ/ワンセグ○/×
海外モデルは×
×/×
イヤホンジャック×
セキュリティ画面内指紋認証
顔認証
画面内指紋認証
顔認証
  • OSはAndroid 10
  • Android 13まで更新
  • バッテリー容量アップ
  • SoCはSnapdragon 865
  • ディスプレイが120Hz駆動に
S10S20
超広角16MP
f/2.4
12MP
f/2.2
広角12MP
f/1.5, 2.4
12MP
f/1.8
望遠12MP
f/2.4
64MP
f/2.0
ズーム性能光学2倍
デジタル10倍
光学ハイブリッド3倍
デジタル30倍
フロントカメラ10MP
f/1.9
10MP
f/2.2
  • 超広角の画素は控えめに
  • デュアルアパチャーは廃止
  • 望遠は高画素と光学でのズームに

SD855とベンチマークスコアを比較

ここでは先代モデルの「Galaxy S10」や「Galaxy Note10」に搭載されている「Snapdragon 855」と処理能力を比較してみよう。

▼左がGalaxy Note10 SD855、右がGalaxy S20 Exynos990。

Snapdragon 855の「458046点」に対し、Exynos 990でのスコアは「514359点」となった。

世代が変わって処理能力は順当にアップしている。

ちなみにGalaxyは展開する国によって搭載するSoCが異なる。

性能も異なり、今回の「Exynos 990」ではなく「Snapdragon 865」だとさらにスコアは上がり「56万点」ほど出る。

また「Exynos」より「Snapdragon」の方が省電力性が高い。

性能を求めるならSnapdoragon搭載の、

  • 日本国内モデル
  • 香港モデルG9810
  • 韓国モデルG981N

を購入するのがオススメだ。

CPU温度の上昇をチェック

CPUに高い負荷のかかる「アスファルト9」というレースゲームで5レースほどプレイした時の温度。

Galaxy Note10の「Snapdragon 855」に対してGalaxy S20の「Exynos 990」は比較的低発熱という結果となった。

温度上昇は先のAnTuTuベンチマークでの結果にも現れている。

この結果から「Galaxy S20」は前モデルより性能が高いうえ、

温度が上がりにくく快適度が高いスマホ

だと言える。

▼計測したアプリ

Galaxy S20 の外観をレビュー

正面・ディスプレイ

▼Galaxy S20は両サイドが湾曲する「エッジディスプレイ」。

レビュー Galaxy S20

しかし、これまで不評であった両サイドの湾曲具合は「かなり緩和」され、フラットに近づいている。

これにより、画面端の表示歪みや、反射によって見えづらくなる範囲が小さくなった。

画面上部のフロントカメラをチェックしてみよう。

Galaxy S20の「パンチホール型フロントカメラ」は従来より小型化された。

レビュー Galaxy S20

この小型化によってカメラ性能はそのままに「没入感」を高めている。

そのため動画やゲームなどでより一層邪魔になりにくくなった。

位置についても変更があり、S10では画面端にあったフロントカメラはGalaxy Note10同様に中央に変更されている。

続いて画面を点灯してチェックしてみよう。

レビュー Galaxy S20

色鮮やかで美しい表示の6.2インチ有機ELディスプレイ。

Galaxyのディスプレイは色鮮やかで美しく、大変満足度が高い。

4片のフレームもかなり細く「ハイエンドモデル感」が漂っている。

Galaxy S20のディスプレイはただ美しいだけでなく、

リフレッシュレート120Hz

にも対応を果たした。

これまでのリフレッシュレートは「60Hz」。

動作時には「以前の倍の画面書き換え」がおこなわれる。

そのため「超スムーズなスクロール」といった動作などを体験可能だ。

背面・反射が美しいガラスパネル

▼レビュー機のカラーはクラウドブルー。

レビュー Galaxy S20

背面パネルは光の反射によって美しく輝く。

美しい反面、ガラスボディなので指紋がべったりとついてしまう。

保護はもちろんのこと、指紋の防止にもケースは必須だと感じた。

カメラ部分にもクローズアップしてみよう。

レビュー Galaxy S20

Galaxy S20の背面には、

  • 12MPの超広角
  • 12MPの広角
  • 64MPの望遠カメラ
  • LEDライト

が備わる。

望遠カメラには高画素数のカメラを搭載している。

望遠モードでは高画素を使った「ほぼデジタルズーム」での撮影となるが「3倍までは劣化なくズームできる」という仕様だ。

また、64MP望遠カメラによる「64MP」モードも備わっており高画質で記録することもできる。

64MPモードで撮影した場合の画角は広角カメラと似たような画角になる。

カメラの出っぱりについてもチェックしてみよう。

▼Galaxy S20 Ultraと比較すると、カメラ部の飛び出しは小さく見える。

レビュー Galaxy S20

上位モデルの「Galaxy S20 Ultra」では強烈な出っぱりがあるが本機はかなり控えめ。

これは「望遠カメラがほぼ光学ではない」ということも寄与しているのだろう。

「Galaxy S20 Ultra」ではメインカメラに巨大なイメージセンサーを搭載、望遠カメラには「ペリスコープレンズ」を搭載している。

Galaxy S20は上位モデルよりカメラ機能が控えめだが、十分に高機能でありスッキリした本体だ。

上部・SIMトレーにはSDカードも挿せる

▼SIMスロット、マイクが並ぶ。

レビュー Galaxy S20

私が入手したSM-G980F(4Gモデル)では、

  • eSIM
  • デュアルSIM
  • SDカード

に対応する。

ちなみに後継モデルの「Galaxy S21 5G」や「Galaxy S22」ではSDカードスロットは廃止となっている。

下部・スピーカーやマイクが備わる

▼下部にはスピーカー、USB、マイク。

レビュー Galaxy S20

イヤホンジャックはなく有線イヤホンはUSB Type-Cから変換する必要がある。

付属しているイヤホンはType-Cプラグとなっているので、変換なしで利用可能だ。

ただ「充電しながらType-Cのイヤホン使う」ということはできない。

充電しながらイヤホンを使いたい場合は「Galaxy Buds」のようなワイヤレスイヤホンを用いたい。

右側・電源やボリュームボタン

▼S20シリーズは操作ボタンが全て右側となった。

レビュー Galaxy S20

左側・フラットで何もなし

▼左側はフラットになっている。

レビュー Galaxy S20

ボタン類は本体右側のボリュームボタンと電源ボタンのみ。

Galaxy S10に搭載されていた「Bixby」の専用ボタンは廃止され電源ボタンに統合された。

個人的にはBixbyボタンはカスタマイズアプリで機能を割り当てし、便利に使えたので廃止は残念なところ。

Galaxy S20の付属品

Galaxy S20の付属品についてもチェックしておこう。

レビュー Galaxy S20
  • 説明書2部
  • TPUケース
  • USB C to Cケーブル
  • USB Type-Cイヤホン
  • SIMトレー取り出しピン
  • Super Fast Chaging充電器(25W)

Galaxy S20まではTPUケースや充電器、イヤホンなどが付属となっていた。

しかし後継モデルではiPhoneのようにほとんどの付属品が省かれている。

Galaxy S20のカメラをレビュー

レビュー Galaxy S20

日中の撮影をテスト

まずは見通しがよく景色の良い場所で日中の撮影テストを実施。

日中の撮影はさすがGalaxyといったところで、超広角から望遠まで色鮮やかな写真が撮影できた。

デジタルズームについては上位モデルには及ばないがそこそこ優秀。

10倍くらいなら「まあまあイケるかも?」という感じだった。

ということで作例を置いておくのでチェックしてみてほしい。

海に浮かぶブイを撮影

レビュー Galaxy S20
超広角
レビュー Galaxy S20
広角
レビュー Galaxy S20
望遠(3倍)
レビュー Galaxy S20
望遠(10倍)
レビュー Galaxy S20
望遠(30倍)

遠くのビル

レビュー Galaxy S20
超広角
レビュー Galaxy S20
広角
レビュー Galaxy S20
望遠(3倍)
レビュー Galaxy S20
望遠(10倍)
レビュー Galaxy S20
望遠(30倍)

遠くの鉄塔

レビュー Galaxy S20
超広角
レビュー Galaxy S20
広角
レビュー Galaxy S20
望遠(3倍)
レビュー Galaxy S20
望遠(10倍)
レビュー Galaxy S20
望遠(30倍)

夜間撮影・ナイトモードをテスト

自動判別機能

Galaxy S20シリーズでは、暗い場所での撮影機能がより強化されている。暗い場所でカメラを起動すると「ナイトモード」の使用をユーザーに促したり、露光時間が画面に表示されるなど、ユーザーに優しくなっている。

まずは夜間でも美しく明るく撮影できる「ナイトモード」をオフにして撮影してみよう。

レビュー Galaxy S20
超広角・ナイトモードオフ

すると上記のような具合の写真となる。

真っ暗だが普通のカメラだとこうなる。

しかし「ナイトモード」で撮影すると…。

レビュー Galaxy S20
超広角・ナイトモードオン

ご覧のようにハッキリと公園の遊具が映し出された。

これだけでもすごいことなのだがこれが「手持ち」でできるというのがすごいところ。

続いて広角カメラ。

レビュー Galaxy S20
広角

広角カメラでもナイトモードなら暗所撮影もバッチリ。

望遠カメラでも試してみた。

レビュー Galaxy S20
望遠(3倍)

望遠カメラの夜間撮影はやや画質が落ちてしまうかなという感じ。

夜間撮影は超広角と広角をメインで使うのがオススメ。

上位モデルGalaxy S20 Ultraとズーム比較

カメラテストの最後に最上位モデル「Galaxy S20 Ultra」との比較をしてみた。

上位モデルのGalaxy S20 Ultraはさすが光学式ズームレンズの「ペリスコープレンズ」搭載スマホ。

高倍率のズームでディティールを損なわず遠くにあるものを引き寄せることができた。

しかしながらGalaxy S20も十分に高い能力を有していると感じる。

10倍ズーム

レビュー Galaxy S20
S20
レビュー Galaxy S20
S20 Ultra

30倍ズーム

レビュー Galaxy S20
S20
レビュー Galaxy S20
S20 Ultra

Galaxy S20 のいいところ・いまいちなところ

レビュー Galaxy S20

いいところ

  • eSIMに対応
  • DeXが使える
  • 120Hz表示に対応
  • 小型で扱いやすい
  • パンチホールが小さい
  • 操作ボタンが右側にある
  • エッジディスプレイがほぼ平面に
  • ナイトモード使用有無を聞いてくれる

eSIMに対応

▼今回レビューした海外版の「SM-G986F」はデュアルSIMに加えてeSIMに対応。

レビュー Galaxy S20

日本ではまだまだ利用できる通信業者が少ないeSIM。海外へよく渡航する人にとってはSIM入れ替えの手間が省けてよさそうだ。

DeXが使える

レビュー Galaxy S20

GalaxyをモニターやPCに接続することでPCのように使える機能「DeX」に対応。

PCがなくてもExcelやWordなどのOfficeソフトを使ったり、大画面で動画やゲームを楽しめる。

【Galaxy】スマホを PC 化!DeX の使い方 「PC on DeX」で Galaxy の DeX モードを PC で使おう!

120Hz表示に対応

Galaxy S20シリーズは全て120Hzの表示に対応している。

通常のディスプレイでは1秒間に60回の画面書き換えがおこなわれるが、S20では120Hzに変更することができる。

デフォルトの60Hzから120Hzに変更して設定画面などでスクロールしてみると、違いをすぐに体感することができた。

ただし、消費電力が多くなってしまうのがネック。

スムーズなスクロールはとても気持ちいいが、動きの激しいゲームや動画などを楽しむとき以外は60Hzにしておいた方がいいかもしれない。

小型で扱いやすい

レビュー Galaxy S20
端のキーも入力しやすい

S20シリーズ3台を手にしてみて、1番扱いやすいと感じたのはS20。

小型なボディが手にフィットし、文字入力やアプリの操作も片手でできる範囲が多い。

標準搭載の文字入力アプリ「Samsungキーボード」はキーボードサイズを変更することができるが、サイズを変更しなくても端のほうにあるキーをラクに操作することができた。

小さいボディといっても6.2インチのディスプレイでは画面上部に指が届きにくい。

しかし上部の操作は「片手モード」を併用すればラクに操作できる。

【Galaxy】片手モードのジェスチャーと設定方法

パンチホールが小さい

Galaxy Note10と比較して、パンチホールが小さいのは表示の邪魔にならずGood。

小さいパンチホールカメラのおかげで、ステータスバーの幅も少し小さいのがさらにGood。

▼左がGalaxy Note10, 右がS20+。

操作ボタンが右側にある

レビュー Galaxy S20

S10やNote10では左側になった操作ボタンが右側に帰ってきた。

左側でも操作には慣れたが、やはり右側の操作ボタンのほうがありがたい。

エッジディスプレイがほぼ平面に

Galaxy S20シリーズ全般の大きな特徴ともいえるのがほぼ平面となったディスプレイ。

両端は相変わらずラウンドしてはいるが、かなり緩和された。

デザイン、見やすさともに好感触。

ナイトモード使用有無を聞いてくれる

カメラアプリが改善され、暗い場所での撮影時にナイトモードの使用を勧めてくれるようになった。

さらに、露光時間のカウントとメーターが表示され、どのくらい端末を保持すれば撮影終了となるのかが明確になった。

▼ナイトモード使用を勧めてくれる。

レビュー Galaxy S20

▼ナイトモードでは撮影の完了がわかりやすくなった。

レビュー Galaxy S20

シャッターボタン内に月が満月になっていくようなアニメーションが表示されるとともに、カウントダウンが追加されている。

この機能は「シーン別に最適化」においても動作し、ナイトモード以外での暗所撮影もわかりやすくなった。

iPhone 11 Proでは自動でナイトモードによる撮影ができたので、Galaxyも追いついた格好だ。

いまいちなところ

  • S10より重くなった
  • スピーカーの低音が弱い
  • 海外版の5Gバンドが残念

S10より重くなった

先代モデルであるGalaxy S10と比較して、S20は重さ5g、高さ1.8mm、厚みが0.1mmアップした。

しかし、バッテリー容量は600mAh大きく、幅は1.3mm小さく、画面サイズや画面解像度も上がっている。

5gの増量でディスプレイサイズアップやこれだけのバッテリー増量は逆に喜ばしいことだろう。

ただ、海外のレビューなどによるとS10と比較してそれほどS20のバッテリー駆動時間は伸びないとのこと。

スピーカーの低音が弱い

Galaxy Note10と音楽を聴き比べしてみると、低音が若干弱いように感じる。よく言えば高音が聞き取りやすいといえる。

S20+, S20 Ultraとも比較してみたが、やはり同じような音質であった。

内蔵スピーカーはGalaxy Note10のほうが迫力がある。

さらに、Galaxy Note10とiPhone 11 Proを比較した時は、iPhone 11 Proのほうがしっかりと低音が出力されていた。

海外版は5Gバンドが残念

日本でも始まった5Gだが、G981Fなどのバンドは日本の5Gに対応しない。

4Gのように普及していき、私が住むエリアで5Gが使えるようになるのはまだ時間がかかりそうなので現段階では5G非対応でも問題ない。

普及が広がり、広域で5Gが使えるころには、日本の5Gが使える海外モデルを発売してほしいところだ。

Galaxy S20 のレビューまとめ

レビュー Galaxy S20
  • 120Hzでスムーズ動作
  • カメラ性能も十分に高い
  • 軽量・コンパクトなハイエンド

シリーズ中最もコンパクトで扱いやすい「Galaxy S20」。

ハイエンドSoC「Snapdragon 865(Exynos 990)」により処理能力も非常に高い。

そして「120Hz」の高リフレッシュレートにより、スムーズなスクロールがとても快適だ。

「コンパクトで高性能な端末が欲しい!」という人は「Galaxy S20」をぜひチェックしてみてほしい!

Galaxy S20 5Gはahamoで購入可能で、中古ならゲオやイオシスなどで手に入る。

Galaxy関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA