【バックグラウンド再生】YouTube Vancedをインストール!

今まではroot権限を取得してMagiskよりYouTube Vancedをインストールしていたが、今回はroot権限無しでYouTube Vancedをインストールしてみてた。

▼参考にしたサイト

このアプリを使用すれば、ダークテーマの使用やバックグラウンドでの再生などなどPremium相当の機能を使うことができる。

ちなみに、iPhoneやiPadではYouTube Vancedを使うことができないが類似アプリである「YouTube++」というものがある。

YouTube VancedとMicroGの入手

非root版YouTube Vancedでは「YouTube Vanced」アプリのほか「MicroG」というGoogleアカウントのログイン用アプリをインストールする必要がある。そのほか、YouTube Vancedアプリをインストールするための「インストーラー」が必要。

▼アプリの入手は公式サイトから。

YouTube Vancedのダウンロード

▼サイトにアクセスしたらスクロールして「Vancedをダウンロード」をタップ。

▼各種チェックの意味は「?」をタップすると説明を読める。

一般的なスマホであればチェックはそのままで大丈夫。テーマは好みで変更すればよい。

MicroGのダウンロード

▼続いて「MicroG」をダウンロード。

Split APKs Installer (SAI)のダウンロード

YouTube Vancedアプリは一般的な「APK」ではなく「APKs」という形式のファイルとなっている。インストールするには専用のインストーラーアプリを使うとうまくいった。

▼Google Playからダウンロードとインストール。

これで必要なものは揃ったので、アプリをインストールしていく。

YouTube VancedとMicroGのインストール

YouTube Vancedアプリのインストール

Google Playからインストールした「SAI」を起動
「アプリをインストール」をタップ
ファイルへのアクセスを許可する
ダウンロードフォルダから「YouTube Vanced」を選択
提供元不明アプリのインストール許可
一つ戻ってインストールをタップ

以上でYouTube Vancedのインストールは完了となる。

MicroGのインストール

続いてMicroGのインストール。MicroGは「ファイルマネージャー」アプリなどからダウンロードしたアプリをインストールする。

ファイルマネージャーなどでMicroGを選択

▼Galaxyなどでは「マイファイル」を開く。

提供元不明アプリのインストール許可
一つ戻ってインストールをタップ

以上でインストールは完了。このアプリインストールしてもドロワーやホーム画面にアイコンは出ない。

YouTube Vancedの動作を確認

YouTube Vancedをタップしてアプリを起動できるか確認。

YouTube Vancedの起動画面

無事起動確認ができた。

小窓やバックグラウンド再生などもOK。

YouTube Vancedの小窓(PIP)表示
PIPも動作した

おわりに

ブラックテーマにするには設定が必要!そのままでは本家YouTubeアプリと同じ白テーマとなる。次の記事で設定項目をみていこうと思う。

実際にやってみて非rootでも簡単にインストールできることを確認したYouTube Vanced。root権限が必要ないので、あまりスマートフォンに詳しくない人でも導入ができる。

YouTube Vancedの設定については以下の記事をご覧いただきたい。

👇あわせて読みたい👇

コメントを閉じる

2 COMMENTS

あじぽん


Youtube Vancedのインストールまではうまくいったのですがログインができません。メルアド、パスワードを入力。利用規制の画面から次に進みません。

返信する
かずのり


こんにちは。

数度インストールしましたが、私の環境ではログインできないということはありませんでした。
MicroGは適切なバージョンのものをインストールされていますか?
YouTube Vancedのバージョンが14.21.54以前か以降でインストールするMicroGのバージョンが変わります。

返信する

コメントを残す