MacBook Air 2011 MC968J/A液晶交換

液晶パネル交換に挑戦

以前、画面割れ水没ジャンクで入手したMacBook Air MC968J/Aの液晶ディスプレイ交換に挑戦した。

交換方法は2010年以降の11.6インチのMacBookAirであればどれも一緒だ。
A1370の11.6インチモデルは MC505J/A,MC506J/A,MC968J/A,MC969J/A など。

用意するもの

1.液晶パネル

2.ベゼルを剥がすために使う薄いへらとカッターナイフ

SK11 ミニプラスチックヘラ 20mm

新品価格
¥54から
(2018/9/14 15:02時点)


3.偏向板の指紋防止に薄手のゴム手袋

TRUSCO 使い捨て極薄手袋(天然ゴムパウダーフリー)100枚入 M 白

新品価格
¥700から
(2018/9/14 15:04時点)


4.ベゼル貼り直し用の薄い両面テープ

Shinymod 強力両面テープ 凸凹面用 防水用 超薄型 超強力 粘着 LED 液晶パネル用接着剤 多用途 屋内・屋外用 厚み0.15mm, 幅 5mm, 長さ50m (5mm)

新品価格
¥1,099から
(2018/9/14 15:07時点)


5.ヒートガン

(STRAIGHT/ストレート) ホットエアーガン 400℃ 17-491

新品価格
¥3,480から
(2018/9/14 15:08時点)

6.先の細いピンセットと精密ドライバー

 

E-Value 精密ドライバーセット ビット30種 ハンドル エクステンションバー入り 32点組 EPS-650

新品価格
¥990から
(2018/9/14 15:10時点)

液晶パネル取り外し手順

①ベゼルをヒートガンで熱し液晶との間にカッターナイフで切り込み、ヘラでを入れ取外す。

ベゼルをなるべく曲げない、カッターナイフやへらは水平に差し込むことを意識する。

冷めたらまたヒートガンで暖め、少し剥がし、暖めと少しずつ行う。

②ベゼルを剥がしたら液晶下部のねじ黒2本、シルバー5本を外す。プラスドライバーを使用。


③両面テープで貼り付けられた液晶パネルを剥がす。へらは1mm~1.5mm程差し込む感じで。ここが一番難しい。

液晶パネルの裏には薄い偏光板があるので、ヒートガンで暖め過ぎて変形させないよう注意する。


④液晶下部基盤のケーブルと小さなフラットケーブルを外す。すごく見えにくいが、画像の中心あたりに黒いシールが見えるだろうか。この黒いテープがLEDのフラットケーブルを固定している。

これを剥がす。先の細いピンセットがあれば作業が楽だ。

シールを剥がし、裏にあるフラットケーブルを外す。上から見た画像。

ピンセットで黒いレバーを起こす。

注意しながらケーブルを引き抜く。

次は右側にある映像用のケーブル。

ピンセットで金具を起こす。

奥へ押すような感じで外す。

⑤割れた破片をピンセットで除去。

※ベゼルを剥がすときはなるべく曲げないように心がける。曲がり具合によっては、貼り直したときに波打った模様が見えたり、ベゼルが剥がれてくる。ヒートガンを多用し少しずつ剥がすのがコツ。

※液晶パネルを剥がす時は液晶下部の金属フレームを、精密ドライバーのマイナスで少し持ち上げながら、サイドの両面テープ少しずつ剥がしていかないと、すぐに割れて破片が出る。

※液晶の裏にはLEDの光を拡散させる為のシートが三枚あり、これはものすごくデリケートで傷が入りやすく、傷が付くと表示部に傷や光点が見えてしまうのでここでも細心の注意が必要。液晶パネルを貼り付けていた両面テープにも触れないように注意。

※液晶下部の基盤に接続された映像用の太いケーブルとバックライト用のフラットケーブルを外したら液晶は取外しできるが、取り付け方法がややこしいので、どのように取り付けられているか確認してから外したほうが良いだろう。

液晶パネル取り付け

取り付けは逆の手順で行うのだが、ここからも神経を使うので要注意。

※液晶背面及びバックライト反射フィルムに指紋やほこりが付くと表示部に現れるのでちりの混入にも気を遣う必要がある。

※新しい液晶パネルには、液晶下部に付いている液晶パネル固定用の金属プレートが付いていないので、カッターなどで剥がして移植する。

※ベゼルの両面テープを新しいものに交換し、貼り付けなおせば完成。貼る前にカメラレンズ部に指紋が付いていないかも確認しておこう。

再び液晶パネルを発注し、無事に交換完了した。画像はBootCampにてWindows 7をインストールし、Chromeを表示させたところ。きれいに表示されている。

コメントを閉じる

11 COMMENTS

わん


はじめまして。
記事、とても参考になりました。
近々同機の液晶交換を計画しているのですが、ベゼルを剥がした後のネジは特殊なネジなのでしょうか?
普通の精密ドライバーセットで対応できるものでしょうか?
コメントいただければ幸いです。

返信する
mobile9


ご覧頂き有難う御座います。

液晶パネル下部のネジは通常の+ネジで一般的な精密ドライバーで外すことができます。

交換成功するといいですね。

返信する
わん


返信ありがとうございます。
交換用の液晶も発送されたようですので、頑張ります。

返信する
わん


バックライト用のフラットケーブルを引きちぎってしまい、敢え無く失敗しました。。。
やはり素人には難易度が高かったようです。

返信する
mobile9


最初は皆素人です。
私も液晶を割ってしまったり、部品の発注ミスなどいろいろ失敗しました。
でも試行錯誤するのは楽しいです。

LCDケーブルは部品で売っているところがあるのですが、フラットケーブルの切断となると難しいですね。
ジャンク品を入手→部品取り→ジャンクを売却で、部品を安価で入手できると思います。
もし入手するのであれば、2010年モデルと2011年モデルはWi-Fiのケーブル長が違うので注意です。

返信する
わん


度々の返信ありがとうございます。

今回のMacbook air は外部ディスプレイと繋いで、デスクトップとして余生を過ごしてもらうことにしました。

アドバイスありがとうございました。

mobile9


お力になれず申し訳ないです。

この記事も、もっとわかりやすくブラッシュアップしていきたいと思います。

おおき


私も修理してみましたそしたら起動音だけなって起動しなくなってしまいました。Appleロゴもなりません起動音がループします。。
何かわかりませんでしょうか?

返信する
tunayuki


このページのおかげで、交換できました。
ありがとうございました。
いまさらですが、2010の11インチを再生してみました。
ベゼル剥がしとの液晶剥がしは
名刺サイズのラミネートカードや
薄いポイントカードを使いました。
基板とケーブルの脱着は、
ピンセットの先の細いものを用意しました。
途中で間違って電源スイッチを押してしまったりしたのでバッテリーを途中から外しました。

返信する

コメントを残す