【分解あり】オーブントースターのヒーターが故障!修理代金や買い替え費用は?

オーブントースターのヒーターが故障したので、修理代金や自分で直せるのかといったことを調べてみた。また、カバーを外して内部をのぞいてみた。

コイズミ KOS-1011の中段ヒーターがつかない!

コイズミ KOS-1011の中段ヒーターがつかない!

執筆時点で3年ほど使用したコイズミの「KOS-1011」というオーブントースターが故障。上下2段式のトースターで、省スペースかつ、かわいらしいデザインが気に入っていた。

しかし、3本あるヒーターのうち、二段目のヒーターがつかなくなった。これではやはり火力不足で、おいしいトーストを焼いたり、餅を焼くのも困難。

オーブントースターのヒーター修理相場は?

モノを大事に長く使いたいのでできれば修理で済ませたいが、いったいどれくらい費用がかかるのだろうか。

ヒーターの交換はなかなか高額

調べてみるとメーカーは違うが、オーブントースターのヒーター交換費用が見つかった。「象印」のサイトでは以下のような修理料金となっており、高額であることがわかる。

ヒーター交換費用目安

・3,000円~7000円
・6,000円~11,000円(マイコンタイプ)

参考サイト

トースターはいくらくらい?

Amazonでオーブントースターの値段を調べてみると、同じ2段式のもので3,000円程度だった。

アイリスオーヤマ オーブントースター MOT-012

このくらいの金額で入手可能だとなると、修理するより同程度の機能のものに買い替えするか、買い替えするならいっそのこと、高機能な「BALMUDA The Toaster」のような製品を検討べきかと考える。

こだわるなら三菱のトースターも面白そうだ。

BALMUDA The Toaster K01E

インテリアとしても高性能な「バルミューダ」の製品。スチームによる温度制御で外はサクサク、中はふんわりとした食感のパンを焼きあげてくれる。

三菱電機 ブレッドオーブン TO-ST1-T

3万円という価格ながらトースト1枚焼きというこだわり仕様。多機能ではなく、究極の焼き上げ性能にこだわった製品

シロカ プレミアムオーブントースター すばやき ST-2A251

1万円台ながらデザインもよく、おいしくトーストが焼けるシロカの「すばやき」。価格と性能のバランスが取れた製品だ

コイズミ KOS-1011は自分で修理できる?

コイズミ KOS-1011は自分で修理できる?

往生際が悪い私は自分でどうにか修理できないかと考え、情報を調べてみた。

価格.comにて情報があり

部品さえ入手できれば修理できそうだが、入手が困難のようだ。価格情報サイト「価格.com」にて情報があった。

上下300Wと真ん中が400Wのヒーターとなっており、この方も二段目が故障。部品での入手はできなかったようだ。

そして、他の方も二段目のヒーターが故障したとのレビューが。

どうやら「KOS-1011」は二段目のヒーターが弱点のようだ。

コイズミ KOS-1011を分解してみた!

コイズミ KOS-1011を分解してみた!

修理は高額で部品の入手も困難。だが、内部構造くらいは見ておこう。

もしかすると断線程度のものかもしれないと淡い期待を胸にカバーを外してみることにした。

カバーを留めるねじが多すぎる

▼分解作業中。前、後、下のねじを外さないとカバーを外すことができない。

中からは大量のパンくずが...。

コイズミ KOS-1011を分解してみた!

▼取り外したねじ。これだけ多くのねじで留められている。

コイズミ KOS-1011を分解してみた!

▼カバーは背面部が別れていた。白いボディは汚れが目立つ。

次は黒にしよう。

コイズミ KOS-1011を分解してみた!

やはり二段目のヒーターが故障か

▼動作していた上部の配線を二段目のヒーターに接続してみたが、ヒーターは赤くならない。やはりヒーター自体が故障しているようだ。

コイズミ KOS-1011を分解してみた!

トースターは単純な機構なので、10年くらいは使えると思っていたが残念。

新しいトースターにコイズミ KOS-1027を購入!

ガスコンロの魚焼きグリルでも食パンを焼くことができるみたいなのだが、やはりトースターがないと不便なので新しいトースターを購入。

高機能なバルミューダが欲しかったが、なるべく場所にとらわれないというブログの趣旨から小型でシンプルな製品を選んだ。

小型でシンプルなコイズミ KOS-1027

選んだのはまたもやコイズミの製品で、KOS-1027というもの。

新しいトースターにコイズミ KOS-1027を購入!

この製品を選んだ理由は以下。

  • シンプルな機能とデザイン
  • 本体サイズが小さい
  • 網が細かい
  • 低価格

▼本体サイズはかなりコンパクト。

新しいトースターにコイズミ KOS-1027を購入!
本体サイズは幅約36cm×奥行き約23.6cm×高さ約19.4cm。

▼トーストは2枚焼き。網目が細かく餅などを焼きやすい。

新しいトースターにコイズミ KOS-1027を購入!
庫内サイズは幅約26.5cm×奥行き約17cm×高さ約16.2cm。

▼安価ながら温度調節も備わっているので、温めもできる。

新しいトースターにコイズミ KOS-1027を購入!
約80~230℃の範囲で温度調節できる

もちやパンがおいしくなった

以前使っていた製品より構造的にもパワーが出しやすいのか、もちやパンに火が通りやすくなった。

調理時間が5分程度から3分ほどに短くなり、焼き上がりも良い。

シンプルさを求めて購入した製品なので、焼き上がりにそこまで期待はしていなかったがなかなかの性能だった。

メーカーウェブサイト(取説あり)

スペック

電源AC100V 50/60Hz共用
消費電力1000W
温度調節約80~230℃
タイマー15分計タイマー(報知音つき)
トースト枚数1~2枚
コードの長さ約1.2m
本体サイズ約360(W)×236(D)×194(H)mm
庫内サイズ約265(W)×170(D)×162(H)mm
質量約2.5kg
付属品トレー、取扱説明書(保証書付)
JANコードK(ブラック)4981747069627
希望小売価格オープン

製品リンク

コイズミ KOS-1027

コイズミ KOS-0870/W Amazon限定

シロカ プレミアムオーブントースター すばやき ST-2A251

BALMUDA The Toaster K01E

三菱電機 ブレッドオーブン TO-ST1-T

おわりに : 残念だが低価格トースターの故障は買い替えが無難

新しいトースターにコイズミ KOS-1027を購入!

修理できないのは残念だが、1万円以下の低価格なトースターであれば修理代金や手間、待ち時間を考えるとヒーターが故障した場合は買い替えたほうがよさそうだ。

今回私は買い替えにシンプルな製品を選択したが、毎朝おいしいこだわりのトーストを食べる幸せを味わうのもとても良さそうだ。ライフスタイルに合わせてこだわりの製品を選びたい。

コメントを残す