【iPhoneSE】バッテリーを自分で交換!

先日AliExpressで注文した怪しい大容量バッテリーが届いたので純正から交換をおこなった。

現在のiOSではバッテリー容量の取得ができないので2000mAh以上の容量が本当にあるのかは確認することができないが、まずは交換作業をして電源を入れるところまでをおこなう。

交換用バッテリー

付属品

付属品が豊富で、ドライバーやピンセット、吸盤にSIMピンなど一通り必要なものは揃っていた。

バッテリーは日本製!?2800mAh!?

バッテリーのラベルには容量2800mAhと書かれている。純正は1600mAhほどしかないので倍近い容量となるが。。本当だろうか。

裏面にはなんと「Made in Japan」の文字。日本で作って中国から発送されているのか。なるほど。。

ラベルを剥がしてみた

もしかしてラベルの下に「Made in China」とか「1600mAh」とか書いてるんじゃないかと思い、ワクワクしながらラベルを剥がしてみた。

しかし、せっかく全部めくったのに残念ながら何も記載されていなかった。

iPhoneSEを分解してバッテリーを交換

ディスプレイ取り外し

まずは本体下部のネジ2本を取り外す。

吸盤でディスプレイを持ち上げるが、固くて開かないのでヘラも使ってこじ開けた。

中ではTouch IDのケーブルが繋がっていた。金属カバーをピンセットで外し、その下のコネクタを外す。

ディスプレイを開くとシールを貼り直したような雰囲気。SEとマジックで書かれていたり、なんとなく非正規の修理歴があるような感じがする。

4本のネジと金属カバーを取り外して3つのディスプレイコネクタの取り外しと、2本のネジと金属カバーを取り外し、その下にあるバッテリーのコネクタを外す。

バッテリー取り外し

バッテリーは両面テープで貼り付けられており、取り外すには画像にあるビラビラを引っ張ればいいようだ。

普通に千切れました。

仕方がないので強引に付属していた金属へらで剥がす。バッテリーを損傷すると発火の恐れがあるので慎重に。

どんどん剥がしていく。

取り外したバッテリー

外したバッテリーはいい感じに反り返っていた。

裏側に容量1,624mAhの記載。

バッテリー重量比較

バッテリーの重さはiPhoneSE純正が24g。

今回調達した2800mAh!?のバッテリーが26gだった。2gで1,200mAhも増えるのか...

バッテリー取り付け

新しい両面テープを貼り付け。

接続コネクタは純正と比較しながらフラットケーブルを折り曲げして装着。

装着完了。「2800mAh HIGH CAPACITY」の文字が眩しいwこの状態では絶対に正規店に修理に出せない。

あとはディスプレイを取り付けすれば完了。

動作確認

iPhoneSE 起動!

電源ボタンを長押しして起動・・・!無事に起動することを確認しまずは一安心。

設定の「バッテリーの状態」を確認

バッテリー交換前の状態は「最大容量」が87%まで低下していた。

交換後は・・・。「最大容量」が100%まで回復!

バッテリー交換は無事に完了し、最大容量を100%に回復することができた。

おわりに

iPhoneSEは防水には対応していないが、簡単に内部にアクセスできるのがありがたい。新しいスマートフォンはこのような修理やカスタマイズがほとんどできないが、数年前のスマホなら安く買え自分でいじくって楽しめるし、失敗しても金銭的に大きなダメージを受けないのが素晴らしい。

以前のバッテリーは1日に2回は充電が必要だったが、今回、新しいバッテリーとなったiPhoneSE。2800mAhが嘘か真かは定かでは無いが、87%から100%に回復したのもあり、バッテリーの充電頻度は下がったように感じる。交換の効果はあったようだ。

コメントを閉じる

コメントを残す