【名機】Xperia XZ1 compactは気軽に使えるタフネススマホだった。

8ヶ月使用のXperia XZ1 compactの海外版であるG8441。

過酷な工事現場での使用

過酷な現場仕事での使用にどれだけ耐えることができるか。タフネスモデルのスマートフォンは多数あるが、本機は一般モデルであり本来想定した使い方ではない。

普通なら、こういったスマートフォンを過酷な状況下において使用する場合はケースの使用及び液晶保護フィルムにて傷から守る対策を行うが、Xperia XZ1 compact本来のコンパクトさ、デザインが損なわれるのでカバーやフィルムはなしで使用した。

本体側部

上部の金属パーツはポケット内の摩擦により角が取れてきている。当初は気になったが、使っているうちにだんだん気にならなくなった。

下部も擦れて丸くなっている。塗装が剥げ、地金が見えているのは金属パーツならでは。モノとして手になじんだように感じる。

ディスプレイの状態

光を当てて撮影すると細かい傷がわかる。ゴリラガラスといえども流石に傷だらけだ。ポケット内に入り込んだ砂と共に激しくシェイクされてしまったのだろう。

別角度から。この状態でもディスプレイを点灯すると傷を意識することなく使用できる。ガラスフィルムを貼ればいいのだが、端まで美しく貼れるフィルムを探すのはとても困難であり、結局裸運用。

背面の状態

背面も角度を変えるとこんな感じだ。汚い傷というとらえ方もできるが「相棒として使い倒した感」があり、味だと感じる。

全体的に傷は目立つが、厳しい使用環境の中でなかなかの耐久性を見せてくれている。

価格、使いやすさ、耐久性に優れた機種

優れたボディ

GalaxyNote3、Xperia Z3、Xperia XZ は、過酷な状況下ではいずれも短期間で液晶割れとなったが、本機は数度の落下にも耐え活躍。小型ボディは耐久性が高く、また、取り回しがいいので通話機能がとても使いやすかった

安価で高性能

性能面では長いバッテリーライフ、SD835、高性能カメラなど申し分ない。あまり高価ではないのも気を使いすぎず、使いやすいという理由のひとつだ。

10万円を超えるような価格の機種ではこういった保護ケースとフィルムなしでポケットにポンといった使い方は難しく思う。小型で片手で高性能の機種を探しているなら、価格のこなれたXperia XZ1 compactはとても良い選択だと思う。

コメントを閉じる

コメントを残す