1.5Mbps使い放題2ヶ月無料!mineoパケット放題Plus

Xperia 1 III 発表!可変式望遠レンズを採用など

2021年4月14日16時30分よりSONYの新商品発表会「Join us for an exciting announcement from Xperia」がオンラインで開催された。

発表会では噂されていた新製品の「Xperia 1 III」や「Xperia 10 III」、そして「Xperia 5 III」も同時に発表された。

また、新機構である「Variable telephoto lens」では、70mmと105mmの焦点距離を可変できるとし、驚きの新製品となっている。

なお価格は未定で、6月中旬以降発売予定。auでは4月15日10時より予約開始となる。

▼公式動画

Xperia 1 III のスペック

基本スペック

Xperia 1 III の基本スペックは以下のとおり。

Xperia 1 III
OSAndroid 11
SoCSnapdragon 888
メモリ8GB / 12GB
ストレージ256GB / 512GB
ディスプレイ6.5インチ
1644 x 3840
4K 120Hz対応
重さ188 g
バッテリー4,500 mAh
無線充電対応
防水
イヤホンジャック
microSD
正確性は保証されないので、ご注意いただきたい。

Xperia 1 III では、ついにリフレッシュレートが120Hzに対応。

Xperia でもスムーズに動作するスクロールを楽しめるが、4Kディスプレイに120Hz駆動ともなると、バッテリー駆動時間が少し心配だ。

カメラスペック

カメラの仕様は以下のとおり。

超広角焦点距離:16mm
絞り:ƒ/2.2
解像度:12MP
センサーサイズ:1/2.6"
広角焦点距離:24mm
絞り:ƒ/1.7
解像度:12MP
センサーサイズ:1/1.7"
光学手ぶれ補正
望遠焦点距離:70mm, 105mm
絞り:ƒ/2.3, ƒ/2.8
解像度:12MP
センサーサイズ:1/2.9"
光学手ぶれ補正
デジタルズーム最大300mm
補助センサー3D iToF
※焦点距離は35mm換算

カメラハードウェアは焦点距離を70mmから105mmに変更できる望遠レンズが目玉機能となる。

▼ハードウェアも面白いが、Xperia のすごいところはソフトウェアにある。

Xperia 1 II から搭載された専用カメラアプリ「Photography Pro」では、デジタル一眼カメラ「α」とほぼ同様のマニュアル撮影がおこなえる。他メーカーの「プロモード」とは違い、ISO感度やシャッタースピードを設定し、連写することも可能だ。

最適な値に設定して連写すると、水の動きや人の動き、羽ばたく鳥の一瞬の動作なども捉えやすい。

また「MR (メモリーリコール)モード」では、記録した設定をすぐに呼び出すことができる。

カラー展開

可変式望遠レンズを採用!

▼望遠レンズには焦点距離を変更できる「Variable telephoto lens」を世界初採用。

内部でレンズが移動することで70mm(およそ3倍)、105mm(およそ4倍)の2つの焦点距離を使用することができる。

▼レンズは長さを稼ぐため光を屈折させる「ペリスコープ」式。

Xperia 1 II の望遠カメラは70mmのみであったが、可変式によって2つの焦点距離を使える。これにより、さらに自由度の高い撮影が可能となった。

Xperia 5 III, Xperia 10 III も同時発表!

Xperia 5 III

▼コンパクトな「Xperia 5 III」も発表。

Xperia 5 II 同様「3D iToFセンサー」は搭載しないが、70mm, 105mm を可変できるのはXperia 1 III と同じだ。

バッテリーも4,500mAhで、Xperia 1 III と同じ。

▼カラーはブラック、グリーン、ピンクの3色展開となる。

Xperia 10 III

▼更にXperia 10 III も発表となった。Xperia 10 III も5Gに対応する。

防水にも対応

▼ディスプレイは21:9。

バッテリーは上位機種と同じく4,500mAhの大容量で、1回の充電で1日中使えるとしている。

▼Xperia 10 III のカメラは16mm(超広角)、27mm(広角)、54mm(望遠)の構成。

▼カラー展開はブラック、ブルー、ホワイト、ピンクの4色となる。

すでに予約を受け付けているところも...

海外通販サイト「Expansys (エクスパンシス)」では、価格未定としながらも仮注文を受け付けていた。もちろん出荷前ならキャンセル可能だ。

Xperia 1 IIIをチェック!

海外版はこれまでと同じであれば「VoLTE」に非対応なので、ドコモ5G SIMやahamo、auや楽天モバイルを使っている人は気をつけたい。

Xperia 1 IIでは「ソニーストア」のSIMフリーモデルがROM、RAM増量やバンドが広くVoLTEにも対応などのメリットがあった。もしかすると、ソニーストアのSIMフリーを待つのがいいかもしれない。

ソニーストアでXperia 1 Ⅱをチェック!

▼国内事業者ではau と SoftBank が取扱予定。後にdocomoも取り扱いが発表された。

au

SoftBank

docomo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。