MateBook(旧)に背面保護フィルムを装着

MateBookをタブレットとして活用することを考えると、気になるのが本体の傷。

カバー等がないと、どこかに置いたりするときにも気を遣うので保護ケースを使用したいところだ。

傷から保護したいが、分厚いのはNo! 純正キーボードも使いたい

だが、純正のキーボードも使用しているため、カバーとの相性問題の懸念や、持った時の薄さを損なうことから今回は背面保護フィルムを選択した。

上の画像は購入したフィルム。

購入はAmazonで、ダークグレーを選択、購入時の価格は1,599円であった。

HUAWEI MateBook 背面保護フィルム 本体保護フィルム 後のシェル保護フィルムファーウェイ メイトブック PCタブレットアクセサリー カバー ステッカーMB-FILM-X119-T60705 (シャンパンゴールド)

新品価格
¥1,140から
(2018/8/31 21:18時点)

いざ開封!内容確認

開封すると中からフィルム本体、クリーニングワイプ、クリーニングクロスが出てきた。

内箱の内面には取付要領が書かれているのが確認できる。

まずはクリーニングワイプで汚れや油分を拭き取る。

次に、クリーニングクロスで拭き取って準備完了。

フィルム貼り付け

台紙を剥がす前に本体に当てサイズを確認し、ほぼぴったりであったので角を合わせて貼り付けすることにした。

台紙を少し剥がし、MateBook本体に角を合わせ貼り付けする。

気泡を抜きながら順に貼り付けしていく。

角まで気泡を抜いたら完成。

背面のロゴもなくなり、きれいになった。

純正キーボードも問題なく使用可能。

この状態でも背面ロゴは見えなくなり、すっきりしていい感じになった。

手に持った感触もよく、そのままで持った時より少し滑りにくくなったのも良いポイント。

ハードカバーほどの防御力はないが、フィット感、見栄え、手触りは良好でとても良い物に出会えたと思う。

ただ、においがきついのでにおいが消えるまでしばらくは耐えなければいけないだろう。

総評

良い点

  • 純正キーボードとの相性よし
  • 背面ロゴが隠れる
  • 手触りが良い
  • 薄さを損なわずに防御力アップ
  • 値段がお手頃

悪い点

  • はじめのうちはとてもくさい(しばらくすれば消える)
  • 保護ケースに比べると防御力に不安あり

MateBookの薄さを損なわずに防御力をアップしたい方や、純正キーボードを使用している方におすすめだ。

HUAWEI MateBook 背面保護フィルム 本体保護フィルム 後のシェル保護フィルムファーウェイ メイトブック PCタブレットアクセサリー カバー ステッカーMB-FILM-X119-T60705 (シャンパンゴールド)

新品価格
¥1,140から
(2018/8/31 21:18時点)

HZ-W19 グレー MateBook M5 8GBモデル(Win 10 Home 64bit)

中古価格
¥53,440から
(2018/8/31 21:31時点)

HZ-W09 グレー MateBook M3 キーボードセットモデル(Win 10)

中古価格
¥52,250から
(2018/8/31 21:32時点)

Huawei 純正 Matebook用 Portfolio キーボード ブラウン 5点マルチタッチ対応トラックパッド 防滴 02452066 【日本正規代理店品】

新品価格
¥5,980から
(2018/8/31 21:32時点)

【在庫目安:あり】【送料無料】ファーウェイジャパン(PC) MatePen 2/ 02452415

価格:8,424円
(2018/9/1 17:16時点)
感想(0件)

Huawei 純正 Matebook用 MATEDOCK ブラック 有線LANポート VGA HDMI USB3.0 USBタイプC 02452053 【日本正規代理店品】

新品価格
¥9,480から
(2018/9/1 17:17時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください