MateBook(旧)にガラスフィルム装着

お気に入りのHUAWEI MateBook HZ-W19。ブラウジング、メール、電子書籍の読書と、活躍中。PCとしてもタブレットとしても使え、性能と手軽さのバランスも良い優れたデバイスだ。

MateBookの液晶をガラスフィルムで強固に保護したい。

このHUAWEI MateBookなのだが、手頃でなおかつ、カメラ穴が空いていない保護フィルムとなかなか出会えず、液晶保護フィルムなしで使っていた。カメラ穴が空いている保護フィルムを使用すると、そこに汚れが溜まったり、見栄え的にも気に入らない。カメラへの映り込みなどは懸念されるが、カメラはほとんど使用しないので穴なしのフィルムを探していた。

そして、ようやくカメラ穴が空いていない安価なガラスフィルムをAmazonで見つけることができたので試してみることにした。

購入したフィルムはこちら

Huawei MateBook ガラスフィルム MateBook フィルム 専用 12インチ ファーウェイ メイトブック 液晶保護フィルム 国産強化ガラス素材 クリア

新品価格
¥1,250から
(2018/8/31 19:23時点)

1,000円で台購入することができ、これなら万が一、貼り付けに失敗してもダメージがすくなくて済む。消耗品なので、傷が入ったり、ひび割れたりして、買い替え時に負担が少ないのも◎だ。

開封!

開封すると中からフィルム、クリーナー、ほこり除去のシールが。クリーナーはドライとウェットの物が用意されている。

フィルムを確認。商品画像にあったように、カメラ部などに穴が開いていないタイプだ。商品画像で穴がなくても、商品が届いて現品を確認すると、穴が開いているなんてこともあるので一安心だ。

購入時期によっても商品の仕様が異なる場合があるので注意。

準備作業

眼鏡拭きできれいにしたら、付属のシールで細かいほこりを取っていく。しっかりとっておかないとフィルムを貼り付けしたときにほこりのまわりに気泡が入ったりして目立ったりするので、目を凝らして取りこぼしのないように作業を行う。

貼り付け

位置を決めて貼り付けたら、気泡をワイプで画面外に押し出していく。細かい気泡も少し強めにこすっていけば徐々になくなっていった。

若干小さめに作られているようで、全体的に0.5mmほど内側に入れるような感じでいけば違和感なく貼り付けできた。端に合わせてしまうと片側の余白が大きくなるので気持ち悪い仕上がりになるので、注意が必要だ。

こんな感じで貼れれば、まあ許容範囲だろう。

カメラ部。穴が開いていないので、すっきりとしている。

総評

良い点

  • 価格が安い
  • カメラ穴がなくすっきり

悪い点

  • 少し小さい
  • 2.5Dじゃないのでフィルムにカドがある

ほかにも探してみるとカメラ穴なしで2.5Dを謳う商品もみつかったので、こちらの商品も今のフィルムがだめになったら試してみようと思う。

ATiC Huawei MateBook 12インチ用強化ガラス液晶保護フィルム (一枚) 透明

新品価格
¥1,480から
(2018/8/31 19:46時点)

 

HZ-W19 グレー MateBook M5 8GBモデル(Win 10 Home 64bit)

中古価格
¥53,440から
(2018/8/31 20:51時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください