【Mac】US(UK)キーボードで「英かな」がめちゃくちゃ便利!

廃盤とともに入手したUKキーボードのMacBook Retina2017(ジャンク)。

このMacBookはUKキーボード仕様となっていてJISにある「かな」「英数」キーがない。標準状態での日本語、英語の切り替えは「contol + スペース(以前は⌘ + スペース)」となっており、なおかつトグルによる切り替えなのでJISキーボードより使い勝手が悪い。

しかし、USやUKキーボードはキートップにクソダサい日本語の表記がなくすっきりとしており、デザインで選ぶならUSかUKを選びたいところ。

このUS(UK)キーボードの見た目とJISキーボードの使い勝手の良さを両立する方法があった。

神ツール「英かな」

英かなのアイコン画像

US(UK)キーボードの使いにくさを解消するには、スペースキーの両サイドにある「⌘」キーの一回押しを「かな」や「英数」と認識させる方法がある。

それには「Karabiner」というソフトウェアを使うという情報が多い。「Karabiner」はとても高機能なキーマッピングができるが、設定が複雑で少々とっつきにくい。

やりたいことは⌘キー単体で押したときに、左側の⌘キーは「英数」右側の⌘キーは「かな」として認識させたいだけ。複雑な設定なしで使えるものはないかと探したら「英かな」を見つけた。

参考

インストールして権限を許可するだけでOK!

「英かな」はインストールして権限を許可すればすぐに使うことができる素晴らしいツール。まずは「英かな」をダウンロード。

ダウンロードした「英かな」を「アプリケーション」フォルダにドラッグかコピペ。

英かなをアプリケーションフォルダにドラッグする説明画像

これでインストール完了!

起動と設定

アプリケーションフォルダの「英かな」をダブルクリックして実行する。

アプリケーションフォルダにある英かなをダブルクリックで起動の説明画像

確認画面が現れたら「開く」をクリック。

警告画面。開くをクリックの説明

ゲートキーパーによりブロックされている場合はシステム環境設定を開き「セキュリティとプライバシー」を確認。今回は表示されなかったがブロックされる場合もあるようなので、起動しない場合は確認。

ブロックされている場合は「このまま開く」というボタンがあり、クリックすればOK。

「システム環境設定を開く」をクリック。

システム環境設定を開くの説明

システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」が呼び出される。

  1. 鍵のアイコンをクリック
  2. パスワードを入力
  3. ロックを解除をクリック

とすすむ。

パスワードを入力してロックを解除の説明画像

「英かな」のチェックボックスをオンにして入力を変換する制御の許可権限を与える。

英かなのチェックボックス有効の説明画像

以上で設定は完了。

動作確認

早速動作を確認する。動作を確認したところ

  • 左⌘キーは「英数」
  • 右⌘キーは「かな」
  • 左⌘キー2回押しで「英数に変換」

が機能することを確認できた。

「英数」キー2回押しで変換できない場合は以下の記事をご覧いただきたい。

おわりに

今までは「英数」と「かな」キーのためにJISキーボードを選択していた。

「英かな」を使うことで、簡単にUS(UK)キーボードをJISキーボードのように扱うことができるようになったため、今後はUS(UK)キーボードを選択しても入力言語の切り替えに困ることはなさそうだ。

素晴らしいツールを作ってくれた作者に感謝。

【MacBook】
コメントを閉じる

コメントを残す