1.5Mbps使い放題2ヶ月無料!mineoパケット放題Plus

【Try UQモバイル】SIMカードを15日無料お試し!

au傘下の「UQモバイル」では15日間SIMカードを「お試し」できる「TRY SIM」というサービスをおこなっている。「自分の機種で使えるのか」や「自分の地域で使えるのか」といった不安を、本契約前に試すことで取り除くことができる。

私も実際にUQモバイルを店舗で借りてみたのでご紹介する。

UQモバイルのSIMはどこで借りられる?

UQモバイル店舗

UQモバイルは「UQスポット」という専売ショップのほか、家電量販店などで取扱いされている。店舗での申し込みは18歳以上であれば可能。

▼UQのサイトでは「現在地」や「都道府県」などから店舗を検索できる。

UQモバイルウェブサイト

直接店舗に出向く必要がないウェブサイトなら24時間いつでも申し込み可能だ。14:30までに申し込めば、当日出荷してくれる。

さらに、店舗ではSIMカードのみ借りられるが、ウェブサイトではスマホ本体も借りることができる。ウェブサイトでの申し込みは20歳以上となる。

▼Try UQ mobile

GEOで申し込んでみた

UQモバイル取扱い店舗を調べてみると、レンタルビデオや中古スマホ / ゲームなどでおなじみの「GEO(ゲオ)」が最寄りの店舗であることがわかった。オンラインでもよかったのだが、すぐに試してみたかったので早速店舗に足を運んだ。

申込みはカウンターで、UQモバイルのSIMを借りたいと伝えれば受付してれた。

必要なもの

店舗にてTry SIMの申込みには本人確認書類が必要となる。私は運転免許証を持参。

手続きにかかる時間

店舗が混み合っていなければ小一時間ほどで済む。ドコモやauなどのキャリアショップほどではないが、受付時には細かな注意事項を説明された。

申込書に記入して提出後、SIMカードの発行手続きとなり、20分〜30分ほどで受け取り手続きとなった。

それなりに面倒なので、特別な理由がなければオンラインで申し込みをしたほうがいいだろう。

スマートフォンの設定

SIMカードの挿入

iPhoneやGalaxyなどではSIMピンを使ってSIMトレーを開け、SIMをセットする。Xperiaなど、SIMピンを使わずSIMトレーを開けられる便利な機種もある。

APNの設定

設定の「モバイルネットワーク」から「APN(アクセスポイントネーム)」を追加する。

▼追加する内容は以下。

ネットワーク名uqmobile.jp
APNuqmobile.jp
ユーザー名uq@uqmobile.jp
パスワードuq
認証タイプCHAP
APNプロトコルIPv4v6 もしくは IPv4/IPv6
APNタイプdefault,mms,supl,hipri,dun

動作確認

▼iPhone SE第1世代にてスピードテスト。

この他、GalaxyなどのAndroid端末でもテスト。UQモバイルの動作確認ページには載っていない機種だったが、通信できることを確認できた。

十分な速度だが、受付のお姉さんの話では、本契約SIMはTry SIMより速度が出るとのことだった。

Try SIMは通話テストができない

注意しないといけないのは、Try SIM では通話テストができず通信のみとなること。中には通信はうまくいくが、通話がうまくいかないケースも存在する。

おそらく悪用防止のためだとは思うが、通話テストができないのは惜しいところ。

おわりに:かんたんにSIMをテストできる!

UQモバイルのSIMは、ウェブサイトでかんたんに借りることができる。さらに、即日必要であれば、全国にあるUQモバイル取り扱い店舗で本人確認書類を提出すればすぐにSIMを借りられる。

UQモバイルの動作確認済み端末に載っていない端末を使っていたり、電波が入りにくい地域に住んでいるなど、乗り換え前は何かと不安材料がある。UQモバイルへの乗り換え前にどれくらいつかえるのか試してみたい場合は、SIMをレンタルしてテストしてみてはいかがだろうか。

UQモバイルをチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。