気になるスマホに急浮上。「SHARP AQUOS R6」のカメラが大進化!?

2021年5月10日に予定されていたシャープの新商品発表前に驚きの情報が飛び出した。情報元のツイートでは詳しいスペックなどはわからず、製品の外観程度しかわからないものの、その画像のインパクトがとても大きいものだった。

関連記事

AQUOS R6 に「LEICA」カメラ搭載か。

AQUOS R6 についてのTwieet

「軒下デジカメ情報局」は一眼カメラなどの情報をいち早く公開する著名なアカウント。そのアカウントより突如「AQUOS R6」についての情報がツイートされた。

CO-ENGINEERED WITH LEICAの文字!

掲載されていた画像には「CO-ENGINEERED WITH LEICA」の文字。「ライカ」と言えば中国の「HUAWEI(ファーウェイ)」が、同ブランドネームを冠したカメラ搭載のスマートフォンを発売している。

そして、シャープも一流カメラメーカー「ライカ」とタッグを組んだスマートフォンを発売しようとしているようだ。これまでのシャープのスマートフォンはカメラがイマイチ感が強いが、ライカのカメラでどう変わるのかとても楽しみだ。

カメラのインパクトが強烈!

ディスプレイはどうやら両サイドが湾曲した「エッジディスプレイ」となり、フロントカメラは水滴型ではなく「パンチホール型」となるようだ。また「AQUOS R5G」で搭載されていた「指紋認証センサー」が見当たらないので、ここにも変化がありそうだ。

背面や側面にセンサーらしきものがないことから「画面内指紋認証」となったのかもしれない。画面下部に備えられた指紋認証は「AQUOS sense4 lite」で使った感じかなり印象が良く、ホームボタンやジェスチャー操作もできることから個性として残しても良かったのでは...と思う(画像を見た感じ、下顎は結構あるようなので...)。

サイドにあるキーは3つ見える。ボリュームボタンと電源ボタン以外にあるのはアシスタントキーだろうか。

そしてインパクトのあるカメラ。画像を見る限り、搭載されているカメラの数は多くて2つに見える。巨大なカメラが一つ、もう一つは望遠?マクロ?それともToFカメラだろうか。

スマホのカメラといえば、広範囲の撮影に使う「広角レンズ」や遠くのものを撮影する「望遠」レンズなどを複数搭載し、被写体や構図によって切り替えして使う。しかしこの画像では、明らかにレンズの数が少ない。

先日発表された「Xperia 1 III」では、ひとつのレンズで焦点距離が2つ(70mmと105mm)切り替えできる仕組みが搭載された。このAQUOS R6 でも、そのような仕組みが搭載されるのだろうか?

それとも、パナソニックから発売されていたDMC-CM1 / 10 のような「単焦点」レンズとなるのだろうか。となると「絞りも使えたりしないかな〜」などと妄想が止まらない。

イメージセンサーにもかなり大型のものが搭載されると思われるので、AQUOS R5Gが苦手だった暗所撮影も克服できそうだ。

発表会は延期。

そんな気になって仕方がないスマホなのだが、5月10日に予定されていた発表会は残念ながら延期となってしまった。シャープの公式YouTubeチャンネルのバナー画像には発表予定日が掲載されていたが「Coming Soon」に変更されている。

とても面白そうで気になって仕方がない製品だが、今は待つしかない。情報が更新されることを楽しみに待ちたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。