1.5Mbps使い放題2ヶ月無料!mineoパケット放題Plus

【7″防水Tab】AQUOS PAD SH-06Fレビュー!

小型、防水、安価な7インチタブレット

7インチと小型で防水も搭載したタブレット「SH-06F」を入手した。しばらく使ってみたのでいいところや、いまいちなところなどをレビューしようと思う。

AQUOS PAD SH-06Fはどんなタブレット?

AQUOS PAD SH-06Fはどんなタブレット?

iPad miniでは真似できないところもたくさんある、遊べる格安タブレット。iPad miniとの比較なども記事にした。

7インチ AQUOS PAD SH-06Fの外観

正面

フラットで発色の良いIGZOのディスプレイ。解像度はWUXGA(1920×1200)となっており、なかなかの高精細となっている。上部にはよく見ると小さなスピーカーホールが設けられており、通話が可能。SH-06Fは「大きなスマートフォン」としても使用できる。

フロントカメラは下部に搭載されているので、使用するときは上下逆に持つと使用しやすい。

AQUOS PAD SH-06Fはどんなタブレット?

背面

背面もフラットになっている。本体下部にはなんと「FeliCa」のマークがある。

AQUOS PAD SH-06Fはどんなタブレット?

上部

上部にはSIMとSDカードの挿入口、3.5mmイヤホンジャック、ワンセグ / フルセグアンテナを搭載。

AQUOS PAD SH-06Fはどんなタブレット?

右側

SH-06Fの弱点はボリュームキーと電源ボタンのパーツが弱いこと。この個体も電源ボタンのパーツが破損してしまったので、カスタマイズで画面のオンオフは「ジェスチャー」でおこなえるように設定。

この状態でも防水には影響なさそうだ。

AQUOS PAD SH-06Fはどんなタブレット?

左側

左側にはボリュームキーがある。本体は薄く軽いので、長時間持っていても疲れにくい。

AQUOS PAD SH-06Fはどんなタブレット?

下部

下部にはmicro USBポートと通話用のマイクがある。

AQUOS PAD SH-06Fはどんなタブレット?

ワンセグ / フルセグアンテナ

SH-06Fはワンセグ / フルセグチューナーを搭載している。電波状況がよければこのアンテナだけでフルセグの視聴も可能だ。

持ち運びができるTVとしてもかなり価値があり、防水なので風呂でも使える超優秀なタブレット。

AQUOS PAD SH-06Fはどんなタブレット?

SIM / SDカード挿入口

SIMを入れてやれば通信や通話ができ、やろうと思えばメイン運用もできる。キャップはしっかりと防水のパッキンが取り付けられている。

AQUOS PAD SH-06Fはどんなタブレット?

7インチ AQUOS PAD SH-06Fに向いた用途

AQUOS PAD SH-06Fはどんなタブレット?
  • Kindleで読書
  • ChromeでWeb Page閲覧
  • ChMateで5ch閲覧
  • YouTubeで動画視聴
  • フルセグ・ワンセグの視聴

などなど。ポケットに入るサイズなので、どこでも気軽に持ち出して楽しめる。

いいところ、いまいちなところ

以下は使ってみていいと思ったところと、ちょっと微妙だなと思ったところ。

いいところ

  • 3辺狭額縁の良好なデザイン
  • 小型、軽量、片手で楽に持てる7インチ
  • ポケットに入る
  • WUXGA、RAM 2GBとそこそこの性能
  • 通話機能、FeliCa、フルセグ/ワンセグ搭載
  • TVの感度が良い
  • 大型バッテリー搭載
  • 防水で風呂テレビ、読書などができる
  • 安く入手できる

う〜ん

  • 電源ボタン・ボリュームボタンのパーツが弱く折れる
  • ボタンの部品だけで交換できない
  • 修理受付終了(2019年9月末)
  • Android 4.4.2なので未対応アプリが多い
  • 使いたいアプリによっては古いAPKの入手が必要
  • SHARPのカスタマイズ情報が少なくroot権限取得も困難
  • 重いゲームは厳しい
  • カメラの画質が悪い

使いやすくするためにやったこと

設定

  • タッチ操作バイブ : 無効
  • タッチ操作音 : 有効
  • バックライト点灯時間 : 5分
  • 画面の明るさ 充電時は明るくする : 無効
  • モーションによる画面のON/OFF Sweep ON : 有効
  • 電池残量%表示 : 有効
  • ホーム切り替え : Feel UXホームを選択
  • 機内モードにしてからWi-FiをON

使いやすくするためにインストールしたアプリ

ホームアプリも純正以外を試したが、余計なメモリを消費したく無いのであえて純正に戻した。エッジジェスチャーは有料アプリだが、抜群に使い勝手が良くなった。ただし、要カスタマイズ。

エッジジェスチャー

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ss.edgegestures&hl=ja

GalaxyのOne Hand Operation+のようにエッジ操作ができるようになる。片手での操作が容易になるタブレット/大画面スマホととても相性の良い必須アプリ。以下は暫定的な設定。以下を左右ジェスチャーに割り当て。

  • タップ : 画面回転の転換
  • ダブルタップ : ステータスバー展開
  • トリプルタップ : 以前のアプリに切り替える
  • 長いプレス : ロック
  • 右(左)にスワイプ : 戻る
  • 下にスワイプ : 最近のアプリ
  • 上にスワイプ : ホーム
  • 下部ナビゲーション有効
  • 上にスワイプ : ホーム

他は標準で使用。長押しで画面ロックをするには別途以下のアプリをインストールして割り当て。

Android 4.4.2の制約か、電源オフや再起動メニューが使えないのが残念。現状、これらをおこなうときは電源ボタンに頼る必要がある。

スクリーンオフ

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.simi.screenlock&hl=ja

このアプリをエッジジェスチャーの「長いプレス」に割り当て、電源ボタンを押さなくても画面がロック可能。

ジェスチャーコントロール

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.conena.navigation.gesture.control&hl=ja

ナビゲーションバーを隠すために使用。ADBについては無効化項参照。

ADBコマンドは以下。

adb shell pm grant com.conena.navigation.gesture.control android.permission.WRITE_SECURE_SETTINGS

ジェスチャーバーは無効に設定。アンインストールするときはナビゲーションバーを有効にしてから。

アプリ無効化

設定メニューのアプリから必要ないアプリを無効化。

さらに通常は無効化できないアプリをADBで無効化。ドコモと名前のつくものは全て無効化。使わなければFeliCaやTVも無効化。

おわりに

Android4.4.2で対応アプリが少ないのが悔やまれるが、読書やTV、YouTube動画といった用途なら全く問題なく使える。そして「防水」に対応しているのが最大のメリット。

軽量で薄型の本体は長時間持っても疲れにい。狭額縁のディスプレイは見た目的な古さを感じさせないのもポイントが高い。

風呂用の端末としても気軽に持っていけるサイズ感や重量、そして1万円程度で購入可能という低価格も魅力。タブレットとしては小さなボディに、大きな魅力が詰まっている。

AQUOS PAD SH-06F

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。