Xperia 5 II から Xperia 5 IV にして、よかった・イマイチだったところ。

ご案内:当ブログではアフィリエイトリンクにより維持運営のための収益を得ることがあります。

2022年10月21日に発売し、発売後すぐに「24円レンタル」のセール対象となった「Xperia 5 IV」。

筆者もこの「祭り」ともいえるセールにて、うっかりXperia 5 IVを入手してしまった。

ということで、これまで使っていた神機と言われる「Xperia 5 II」と比べてみてどんなところがよくなっているのか、また、イマイチなところをチェックしてみた!

Xperia 5 IV にして良かったところ

Xperia 5 IV にして良かったところ

サイドがフラットになりデザインが良くなった

最も大きな変化を感じたのがサイドフレームが丸みを帯びたデザインからフラットなデザインに変更になったこと。

上:Xperia 5 II 下:Xperia 5 IV

これまで「どうして1と違って5は丸いんだ!」と思っていたが、ついにフラットなデザインにしてくれた。

丸くても悪くはなかったが、個人的にこのデザインはかなり好み。

また、カラーもツヤツヤの鏡面仕上げからつや消しのマット仕上げに変更となった。

以前使っていてかなりお気に入りだったXperia XZ1 Contactやその後継機のXZ2Cなんかもマット仕上げで良かった。

XZ1Cは特にお気に入りで、ボロボロになるまで使い倒した良機種だった。

Xperia 5 IVは、どことなく角ばったデザインにマット仕上げで、過去の名機を思い出させてくれる。

ただ、マット & フラットで、お気に入りの質感と形状であるが、もちろん保護ケース & フィルム着用にて使っている。

フィルムは反射しにくく屋外でも使いやすい「反射防止」タイプのものをチョイス。

ケースはXperia 5 IVの薄さを損なわない、薄くて硬質な「アラミド繊維のケース」をチョイス!

誤作動が少ない「押し込み式指紋認証」が利用可能に!

Xperia 5 IIでは「指紋認証センサーに触れただけでロック解除する方式」だった。

Xperia 5 IVは、設定で「押し込み式指紋認証」が選べるように!

5 IIでは指紋センサーに触れるだけでロック解除となり、意図しないタイミングでのロック解除が頻繁に起こってしまった。

そのため、他の指が触れないよう、右手の親指の指紋のみ登録するなどして対処していた。

だが、5 IVでは、押し込み式指紋認証の設定ができるようになったことで電源ボタンを押した後しかセンサーが反応しなくできる。

時々使う左手の指や右手中指、人差し指なども登録しておきやすくなり、かなり使いやすくなった。

スピーカーの音質向上・本体の共振がなくなった!

Xperia 5 IIでも音質はよかったが、5IVで更に良くなったように思う。

Xperia 5 IVのスピーカーは、高音域はクリアになり、低音もより豊かになって、音楽や動画を一層楽しめるようになった。

また、「本体が共振してしまうことがなくなった」のはかなり大きい!

Image : SONY

これはスピーカーが専用の「エンクロージャー(箱)」に入れられたことで、音質の向上と共振の防止となっているようだ。

そのため、本体スピーカーを使い、手に持った状態で動画の視聴やゲームをプレイするようなシーンにおいては、共振による不快感が一切なくなった。

スピーカー部分は「かなり大きく改善」したと言えるかと思う!

eSIMによるデュアルSIMに対応!

これまで使っていた「キャリア版 Xperia 5 II」は「シングルSIM」仕様であった。

しかし、「Xperia 5 IV」は「キャリア版もeSIMに対応」となった!

そのためnano SIMとの「デュアルSIM運用」が可能に!

例えば、mineoの「990円で昼以外1.5Mbps使い放題」である「マイそく」を通信用SIMとして使い、昼の間はメインSIMやpovo 2.0といった「eSIMで回避」するなどといった使い方ができる。

デュアルSIMに対応したことによって、「激安で快適な通信環境を作る」なんてことができてしまうのだ。

ほかにも、回線のキャリアを分けて通信障害対策なんかも可能に!

そのため「ドコモ回線が混んでるからサブのpovo 2.0に逃がす」といった使い方もできるようになった。

>>990円で使い放題「mineo」の「マイそく(スタンダード)」

>>基本料「0円」で持てる回線「povo 2.0」

触覚フィードバックが向上!

触覚フィードバックについてもXperia 5 IIからパワーアップしていた。

文字入力などをおこなうと「コッ!コッ!」と「叩く」ような心地よい反応が得られる。

バイブレーションのモーターが強化され、フィードバックもしっかり「ハイエンドスマホらしく」なっていた。

Xperia 5 IV のイマイチだったところ

Xperia 5 IV のイマイチだったところ

カメラのUIはよくなったが…

カメラの考え方が大きくほかメーカーと異なるXperia。

今回のモデルもイメージセンサーの強化やコンピュテーショナルフォトグラフィーの強化はとくにされていないようで、夜間撮影などは、これまでと特に代わり映えしない印象を受けた。

iPhone、Pixel、Galaxyなど、他社製品ではサクッと明るく撮れるようなシーンもXperiaはやや苦手な印象。

暗い場所では画質低下&ブレブレに…

同条件で動画にすると更に暗くなってほぼ認識できなくなってしまい、これまで同様、やっぱり夜間撮影は厳しい感じであった。

また、やっぱり5 IIIには搭載されていた「ペリスコープ」は残してほしかった…!

「このサイズで望遠もしっかり使える」というのはカメラ専用機では難しく、また大型スマホばかりの現在では、5 IVのサイズは価値が高いと思うのだが…。

さて、夜間の画質や望遠カメラに関してはイマイチだが、カメラアプリ「Photography Pro」と「標準カメラアプリ」が統合されているのは使い勝手が良く感じた。

5 IIでは個別のカメラアプリとなってしまっていたが、一つのアプリで切り替えられるため、アプリ選択時に迷わなくて良い。

サイドセンスに「片手モード」を割り当てできない

まぁまぁショックだったのが、なぜかXperiaの独自機能「サイドセンス」に「片手モード」を割り当てできなくなっていたこと。

5 IIでは、サイドセンスに片手モードを割り当てすることで、画面の端をスッとなぞれば一発で片手モードを呼び出せた。

そのため画面上部を操作したいときに重宝していたのだけど、できなくなって「イーッ!」となった。。

5 IVでは、「画面最下部を下にスワイプ」しないと片手モードを呼び出せない。

筆者の場合、「画面最下部まで指を持っていく」のはやや操作がやりづらく、落としそうになることもある。

これはどうにか元に戻してほしいと願う部分だ。

Googleアシスタントボタンの廃止

Xperia 5 IIにはGoogleアシスタントを起動するための物理ボタンが備わっていた。

もちろんそのままでは使い道がないのだが「XPERI+」というアプリを入れてADBで設定してしまえば、とても便利なボタンになる

自分で選んだ好きなアプリを起動するボタンにしてしまうことなんかもでき、非常に重宝していたのだが、残念ながらXperia 5 IVではこのボタンは廃止されてしまった。

謎の壁紙が出現するバグ?

私の環境では特定のアプリを使用したときにホームアプリが落ちるのか、ホームに戻れなくなるときがある。

再起動すればなおるのだが、再起動後は勝手に壁紙が置き換わり、謎の壁紙が出現する。

Xperiaにはこんな細かいバグ?があるのはご愛嬌という感じだろうか。

エミュレータが不安定になった

Xperia 5 IIでは安定していたエミュレータが、Xperia 5 IVではすぐにクラッシュして終了してしまう。

Egg NSはXperia 5 IIでは安定動作するが5IVではダメだった

ゲームも快適になるかと思ったが、これは残念。。

「ゲームエンハンサー」の設定を見直したり、一部ゲームの動作に影響があるといわれる「Dolby Atoms」も設定してみたが、変わらず。

ただこれはXperia 5 IVのせいではなくて、アプリの方に原因があるのかもしれないし、見つけられていない設定もあるかもしれない。

だが、ひょっとするとやっぱりTSMC製のSnapdragon 865を積んだXperia 5 IIの方が安定するということなのかも。。

まとめ!

まとめ

いいところ

  • フラットデザイン
  • 押し込み式指紋認証
  • スピーカーの性能向上
  • eSIMによるデュアルSIM対応
  • 触覚フィードバックの性能向上

イマイチなところ

  • 細かいバグがある
  • 一部ゲームで不安定かも?
  • カメラは性能向上を感じない
  • サイドセンスに片手モードがない

正直なところ、機能的にはこれまで使っていた「Xperia 5 II」と大きく変わらない部分が多く、「eSIM」や「押し込み式指紋認証」、が必須でなければ買う必要はないかも?

OSの安定度についても、ここ最近のXperiaの例に漏れず、「出始めの不安定さ」があるので、個人的には急いで購入せず、口コミなどもチェックしよう。

だが、Xperia 5 IIは、すでにOSアップデートも終了、Xperia 5 IVは、当然、先の世代までアップデートができる。

遅かれ早かれ、いずれは機種変更となるだろう。

また、「Xperia 5 IIのバッテリーがそろそろヤバい!」という状況の場合は、機種変更を検討することをオススメする。

Xperia 5 IVは、バッテリー持ちがかなり優秀なので、きっと満足できるはずだ。

Xperia 5 IVと関連製品をチェックしてみよう!

新品ならソニーストアでキャリアモデルの倍のストレージである、256GB SIMフリーモデルが買える。

また、中古なら「イオシス」や「ゲオオンラインストア」で、リーズナルブにゲット可能だ!

下の保護フィルムは筆者愛用の「反射防止」フィルム。

反射が少なく使いやすい。

ケースは薄くて軽量・硬質な「アラミド繊維のケース」がイイ感じ♪

microSDは信頼度の高い「Samsung」や「Sandisk」が定番!

容量は512GBくらいが安心で、価格も高すぎない。

Xperia 5 IVの最大30W充電に対応するAnkerの小型充電器。

PCなどにも使うなら、「高出力で複数ポート」があるタイプが使いやすい。

外出先で充電するなら、「30W充電できる大容量モバイルバッテリー」を携帯したい。

以下は「ディスプレイ付き」でバッテリー残量が把握しやすいモデル。

「置くだけ充電」をする場合は「最大15W」に対応したワイヤレス充電器をチョイスしよう。

コメントを残す