1.5Mbps使い放題2ヶ月無料!mineoパケット放題Plus

楽天モバイル新プラン発表!1GBまで無料の「UN-LIMIT VI」

2021年1月29日14:30よりおこなわれた楽天モバイルの発表会。

そこでは、他社プラン(20GBで2980円など)に対抗する新プラン「UN-LIMIT VI」が発表された。

後発の楽天モバイルは、先発の他社と比較して面白いプランとなっているのでご紹介したい。

楽天モバイルの新プラン「UN-LIMIT VI」の内容

0円スタート!段階制料金プランを採用

これまでの料金プランは使っても使わなくても一律2980円のものであったが、新プランではなんと驚きの「0円」からのスタートとなった。

段階制のプラン内訳は以下のとおりで、データ使用量に応じて請求額が変わっていく。

通信量と料金
  • 1GBまで:0円
  • 3GBまで:1,078円
  • 20GBまで:2,178円
  • 20GB以上:3,278円

※価格は全て税込。

Rakuten Linkアプリを使えば通話料も無料。

月間通信料は20GB以上になると上限の3,278円となり、100GBでも、200GBでも3,278円。

使わなければ最低金額は無料、通話料無料、思いっきり使っても3,278円が上限という魅力的なものとなっている。

他社へ徹底対抗

上の表は、ドコモ、au、SoftBankが発表済みの新プランと楽天モバイルの新プランを比較したもの。

ポイントは他社がデータ量に関係なく、税込2,728円〜2,970円という一律の価格に対して、楽天モバイルはデータ使用量に応じて金額が変動し、最低は0円からというところだろう。

そして「Rakuten Linkアプリ」を使って通話すれば、通話料も無料(一部除く)だ。

注意すべきポイント

低速モードでも0円維持はできない

「my 楽天モバイル」アプリを使うと「データ高速モード」をオフにし、高速通信を使わなくすることができる。

これを使えば0円を維持できそうなのだが、残念ながら低速モードでもデータ利用量としてカウントされ、1GBを超えると料金が発生する。

最低金額0円は1回線目のみ

0円で回線が持てるのは1回線目のみ。

2回線目からは980円からスタートとなる。

一度解約すると2回線目以降の扱い

一度解約して再度契約した場合は0円での維持ができなくなってしまう。

下記は「たっく@takku593」氏のツイートで、サポートへの問い合わせ内容を掲載している。

解約を検討している場合は注意しないといけない。

データ使い放題の楽天エリアが狭い

楽天モバイルの料金プランはとても魅力的なのだが、これから新たにメインで使用を検討している人は気をつけたい。

楽天モバイルの自社回線エリアでは高速通信が使い放題であるが、パートナーエリアと呼ばれるau回線網では5GBの高速通信となっている。

また、楽天モバイルの使用する電波の割り当ては狭く(Band 3のみ)、直進性の高い電波を使っていることも気をつけたい。

楽天モバイルの使用する電波の周波数はやや高めとなり、障害物に弱め。

そのため、楽天エリア内であっても繋がらない場合などがある。

使い放題は1日10GB

自宅など、スマホをよく使う場所が楽天エリア内で使い放題となれば嬉しいのだが、使い放題は1日10GBという制約がある。

0時を過ぎるとカウントがリセットされる仕組みとなっている。

使い方いろいろ

メイン使用として

楽天回線は自社回線エリアがまだまだで、パートナーエリアの場所も多い。

しかし、自宅や会社などが楽天モバイル自社回線が使えるエリアでメイン回線としても良さそうだ。

1日10GBの上限はあるが、安価でデータ通信を存分に使うことができる。

使用量に応じた料金体系となったため、使ってもよし、控えて節約してもよしで、柔軟な使い方ができるようになったのが嬉しい。

サブスマホ、タブレットのSIMとして

SIMが入るタブレットを所有していても、時々しか使わないといった場合に有効活用できそうだ。

普段は0円で運用して、必要な時は必要なだけ使って、使用量に応じた金額を支払うことができ、容量単価も安いので使いやすい。

時々使う端末で使用するためのSIMカードとして用いるのも便利だろう。

他社との組み合わせ

これは楽天モバイルにメリットがないのでおすすめできないが、自宅や会社などで楽天モバイルのネットワークに接続できず、パートナーエリアになる場合はこのような使い方もできそうだ。

スマホにはSIMカードが2枚入る「デュアルSIMスマホ」があり、SIMカードを組み合わせて使うことができる。

例えば格安SIMを取り扱う「mineo」ではドコモ、au、SoftBank 3つの回線から安価な通信のみのプラン「マイピタ」というプランを選択可能だ。

Image : mineo 右側がデータ通信のみ

通話は楽天モバイルのSIMを使ってRakuten Linkでかけ放題、データ通信はドコモやau、ソフトバンクの安定した回線を使うというのもありかも。

おわりに:アップグレードで継続決定

これまで無料期間で使用し、そろそろお別れかな...と思っていた楽天モバイル。

しかし、新プランにより、とても面白く、柔軟な使い方ができるものに生まれ変わった。

非常用のデータ通信や無料通話の為に保有しておいても損はなく、私にとって解約する理由はなくなった。

4月で無料期間が終了するが、それ以降は1GBまでなら0円。

また、新プランへは自動でアップグレードされるとのことで、面倒な手続きも必要なさそうだ。

本当にこの料金で大丈夫なのか...と心配してしまうようなプランだが、ありがたく使わせてもらおうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。