1.5Mbps使い放題2ヶ月無料!mineoパケット放題Plus

【楽天モバイル】エリアマップに 5G が追加。早速チェックしに行ってみた!

2021年4月21日、楽天モバイルの「エリアマップ」に5G が追加となった。これまでエリアマップでは4G のエリアのみ確認可能であり、5Gは場所を示したテキスト表示であったが、遂に詳しい位置がわかるようになった。

これまで私の住む大阪エリアでは5Gエリアは二箇所のみとなっており「なかなか増えないな〜」と思っていた。しかし、公開されたエリアでは、少ないものの各地に5G エリアがしっかりと増えていた。

楽天エリアマップを確認!

2020年9月末に5Gサービスを開始した楽天モバイル。免許付与の条件に「2021年3月末までに47都道府県に5Gエリアを作る」というものがあり、それを確認できるようになったということのようだ。

▼エリアマップのページに行くと「4G LTE」の横に「5G」のタブがある。

タブをクリックすると、地図上に5G エリアが表示される。黄色が高速通信がおこなえる「sub6エリア」、水色はさらに高速な「ミリ波」に対応したエリア。地図を見てみると、5G エリア自体は少ないものの、高速な「ミリ波」エリアはそれなりに分布されているように思えた。

近畿圏では、兵庫県の一部や京都、和歌山県などに5Gエリアが確認できた。

神戸の5Gエリア
姫路周辺の5Gエリア
京都や滋賀の5Gエリア
奈良県の5Gエリア
和歌山県の5Gエリア

楽天モバイル5G エリアに行ってみた!

エリアが公開されたとあれば、早速チェックしに行かねば!ということで、エリアマップを元に早速5G を「浴びに」行ってきた。

▼私が住む南大阪エリアでも、既にいくつか5G エリアが点在。ミリ波が使える場所もあった。

エリアマップを頼りにアンテナを探してみると....

▼それらしいアンテナを発見!

楽天モバイルの5G に接続するには5Gバンドの「n77」に対応していることが必要となる。また、高速なミリ波に接続するには「n257」の対応が必要だ。

今回は「n77」に対応した端末でテスト!

▼すると、アンテナピクトはしっかりと「5G」となり、5Gでの通信を確認できた。

超高速...とはいかないものの、普段の3~40Mbpsよりかなり高速。アップロードも普段と比べものにならないくらいのスピードを確認!

しっかりと5G 接続できて、大変満足のいく結果となった。また、割と近くに楽天モバイル5Gエリアができたので、接続テストが捗りそうだ。

楽天モバイルは 5G も使えて無料で維持できる

5G がしっかりと使えることがわかった楽天モバイル。そんな楽天モバイルは 1GB の通信容量までなら月額料金無料で維持でき、50GBや100GBなど、思い切り使っても最大3,278円(税込)以上にならない。

また、専用の通話アプリ「楽天LINK」を使えば、通話料は無料(ナビダイヤルなどを除く)。通話用に一枚持っていても損はないSIMカードだ。

端末購入で最大2.5万ポイント!

楽天モバイル(3ヶ月0円)

5G ミリ波対応端末をチェック!

楽天モバイルが取り扱う「Rakuten BIG」や、新製品の「Rakuten BIG s」は5G ミリ波やFeliCaもばっちり対応!

5G対応端末がない場合は「Rakuten BIG」や「Rakuten BIG s」をチェックしてみよう。

端末購入で最大2.5万ポイント!

楽天モバイル(3ヶ月0円)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。