AmazonでiPad Pro 12.9用 Magic Keyboardを予約

Amazonにて5月30日発売「Magic Keyboard」の予約が始まった。発売当初は品薄になる可能性があるため、早速予約をおこなった。

iPadOS 13.4を体験し、マウスがPCライクに動作することを確認できた。iPad Proがいよいよ「モバイルPC」として活躍できそうに思えたため、12.9用は4万円越えと高額ではあるが試してみることにした。

※Appleでは前倒しで発売となり、Amazonより早く入手できた。レビュー記事もぜひご覧いただきたい。

iPad Proをチェック!

「イオシス」では、Amazonアカウントが使用可能で、Amazon利用者なら新規登録なしで購入できる。安く入手したいならチェック。
iPad Pro Wi-Fiモデル, セルラーモデル

iPadは記事作成マシンとして優秀に

この記事もiPad Pro 12.9を使って作成しているが、WordPressでのブログ執筆がかなり捗るようになった。iPadOSのマウス正式対応により、ブラウザでのスクロールなどもでき、執筆作業も「ライブ変換」ができるようになったことで、Macと同じく変換がかなり楽になった。

BTマウスとキーボードを接続し、モニターアームにSmart FolioでiPad Proを引っ掛けてみるとフルケーブルレスの「ミニマルデスクトップPC」が出来上がり。これまではタッチ操作が必要なシーンがそれなりにあったが、マウス正式対応となったのでこのような使い方もOK。

自宅ではこのスタイル楽なポジション、使い慣れた入力装置で執筆し、外出先ではMagic Keyboardを使って執筆ということができそうだ。

膝上での使用に期待

iPad Proを外出先のブログ執筆マシンとして使うにあたって、困るのが「膝上での使用」だ。一般的なキーボードとマウスや、iPadOSで対応になったMagic Trackpadも膝上で使うのは難しい。

Smart Keyboard Folioだと、キー入力操作は問題なさそうだが、マウスポインタが操作できない。iPad Pro用Magic Keyboardであれば、一般的なノートPCやMacBookのようにトラックパッドが一体となっているので、膝上で難なく操作をこなせるだろう。

リモートワークが普及し、どこでも好きな場所で仕事ができるようになってきている。気分を変えて仕事をすると作業効率を上げることができるが、どこでもデスクがあるわけではない。

いろんな場所で仕事をこなせるように「膝上で操作できる」ことは重要な要素であり、それには「キーボードと一体になったポインティングデバイス」があれば実現が容易いと考える。

iPad Pro用Magic Keyboardのリンク

iPad Pro 12.9インチ用

iPad Pro 12.9インチ用Magic Keyboardは2018年発売の第3世代と、2020年発売の第4世代に対応する。Smart Keyboard Folioも新型となり、第3世代と第4世代共用となった。

Magic Keyboard

Smart Keyboard Folio

iPad Pro 11インチ用

iPad Pro 11インチ用Magic Keyboardは2018年発売の第1世代と、2020年発売の第2世代に対応する。Smart Keyboard Folioも新型となり、第1世代と第2世代共用となった。

Magic Keyboard

Smart Keyboard Folio

マウス・トラックパッド

iPadOS 13.4では、Magic MouseやMagic Trackpadのジェスチャーにも対応。デスクのある場所での作業効率を高められる。

Magic Mouse 2

Magic Trackpad

Apple Online Storeで前倒し発売予定に

5月発売予定であったMagic KeyboardがApple Storeのウェブサイトでは前倒しして発売されることとなった。

検討している人はAppleのウェブサイトもあわせて確認しておきたい。

おわりに:高額だがiPadの活躍に期待

iPad Pro 12.9インチ用のMagic Keyboardは4万円を超える金額で、とてもコスパの良い製品とは言えない。HHKBやリアルフォースといったこだわり製品で、PCを買い換えしてもずっと使える製品ならまだしも、数世代で使えなくなるものに金額分の価値があるのかと考えてしまう。

しかしながら、タブレットとして最適なOSであり、かつ、ペンシルによる手書きや、タッチパネルを使ったメディア編集などの「iPad独自のクリエイティブ性」に加えてiPadOS 13.4ではPCライクな使い方も可能になった。さらにMagic Keyboardがあれば、もっとクリエイティブの幅が広がる。

今まで15インチMacBook Proのサブで使っていた、12インチMacBookをiPad Proに置き換えることもできそうだ。外出先に2kgほどある1MacBook Pro 15インチを持ち出すのは辛く、MacBook 12インチを持ち出していたが、iPad Proに置き換えて作業することができそうだ。

iPadにできることが増えたので、デバイスをまとめることができるかもしれない。実際の使用感はじっくり触ってみたいとわからないが、外部マウス、キーボードでもかなり実用度は高くなった。

このことから、Magic Keyboardを装着したiPad Proの活躍に期待できそうだ。

iPad Proをチェック!

「イオシス」では、Amazonアカウントが使用可能で、Amazon利用者なら新規登録なしで購入できる。安く入手したいならチェック。
iPad Pro Wi-Fiモデル, セルラーモデル
コメントを閉じる

コメントを残す