iPad Pro 12.9 2018にSupCaseのスタンド付きケースを装着

iPad Pro 12.9 2018にケースを装着しようと、Amazonをみてまわった。

ケース選びの条件

今回のケース選びにおける条件は以下で、

  • フリップカバーなし
  • スタンドつき
  • なるべく薄型
  • 5,000円以下

という条件で、だいたい当てはまれば良いかな〜という感覚で探して回って、ほぼ条件に近いものを見つけた。

SUPCASEというメーカーのものをチョイス

今回選んだのはSUPCASEというメーカーのもの。

関連リンク

https://www.supcase.com/

結構分厚く、今回は防御力より薄さを求めていたのだが、スタンド付きで安くて品質が良さそうということで条件から少し外れたがこのケースを購入することにした。

このケースはペン収納つきとペン収納なしのモデルがあり、今回選んだのはペン収納なしのモデル。

ケースの外観

商品が届き早速チェック。

フロントは画面も保護されるようになっている。サイド部は画面が地面に接触しないよう盛り上がっている。サイド部の素材はゴムのような 柔らかいものになっており、衝撃を吸収する構造だ。

背面には5つの突起がありケースが地面に直接触れないような構造になっている。中央部にはスタンドが格納されており手軽に出し入れできる。

スタンドを出したところ。角度を調整することはできないようだ。

スピーカー部はくりぬかれているので防水仕様ではないようだ
Type-Cポート分もしっかり保護される
ボリュームボタンは+が少し出張っているので分かりやすい
下部はマイク穴があけられていた

取り付け

まずはフロントパネルを取り外し。フロントパネルは青い目印シールが貼ってある切り欠きのところから、外すが、結構しっかりハマっているので注意。中の保護材の取り出したらフロントパネルの製品保護フィルムをはがす。

フロントパネルをiPad本体に取付する。

背面カバーに取り付けする。サイド部分がしっかりと嵌っているかよく確認しながら作業する。

取り付け完了

取り付けが完了し各部の操作を確認した。ボタン類など、特に硬くて押しにくい場所もなくちゃんと操作できた。

推奨された使い方ではないかもしれないが横置きだけでなく縦置きでも使用できそうだ。

これから主に雑誌の読書と動画、音楽鑑賞に役立ってもらおうと思う。


こちらもどうぞ!