【7型UMPC】NANOTEのキートップ入れ替え

一般的なノートPCや他のUMPCと比較して「、」や「。」が打ちにくいと感じていたNANOTEのキーボード。それをキートップの入れ替えで解決できるということを知り、実際に試してみた。

NANOTEのキー配列確認

NANOTEのキー配列

▼NANOTEのキーボードでは「スペースキー」の右側に「、」や「。」「/」を入力するキーがある。

NANOTEのキー配列確認

NANOTEと他のキーボードを比較

▼MacBook Proとの比較。一般的な配列では「M」キーの隣に「、」「。」「/」がある。

NANOTEのキー配列確認

▼同じUMPC「CHUWI MiniBook」でも同様に「M」キーの隣に「、」「。」「/」が並ぶのが一般的。

NANOTEのキー配列確認

なんとなく句点や読点が打ちにくいのはこの配列が原因のようだ。

NANOTEのキートップを入れ替え

打ちにくさを改善すべく、キートップを入れ替え、その後、キーマップを変更する。まずはキートップを入れ替え。

キートップ取り外し

使用したツール

私が愛用しているのは以下のセットにあるピンセット。このセットで多様な機器の分解ができる。

▼この細い先まがりのピンセットでキートップを取り外す。

NANOTEのキートップを入れ替え

▼キーの横からピンセットを差し込み、キーを外していった。

NANOTEのキートップを入れ替え

▼キーの裏側。上部を取り外すよう意識してピンセットを差し込む。下部は引っ掛かりなので、無理に外そうとすると破損させる恐れがある。

NANOTEのキートップを入れ替え

▼内部構造は以下のようになっている。

NANOTEのキートップを入れ替え

キートップ取り付け

▼キートップ下部側を先に差し込む。

NANOTEのキートップを入れ替え

▼上部側を押さえ込んで「パチン」と鳴るまで押し込めば完了。

NANOTEのキートップを入れ替え

キートップ入れ替え完了

無事に破損なくキートップの入れ替えは完了した。次はこの通りに動作するよう、キーマップを変更する。

NANOTEのキートップを入れ替え
入れ替え前
NANOTEのキートップを入れ替え
入れ替え後

NANOTEのキーマップ変更

UMPCは特殊なキー配列になっているので自分の使いたいキーがなかったり、位置が好みでない場合が多い。UMPCの使い勝手をよくするにはキーマップの変更はぜひやっておきたい。

私はNANOTEでは特に「Tab」が使いにくく「Caps」との入れ替えを「Change Key」というソフトを使っておこなっている。今回も同ソフトを用いてキーマップを変更する。

ChangeKeyの入手

キーマップの変更にはレジストリの変更を要するが「ChangeKey」のようなソフトがあればGUIで簡単に変更することができる。

キーマップ変更

▼ChengeKeyによる変更はとても簡単。まずは変更したいキーをクリック。

NANOTEのキーマップ変更

▼次に割り当てたいキーをクリック。

NANOTEのキーマップ変更

▼入れ替えしたいキーの設定が完了したら「登録」から「現在の設定内容で登録します」をクリック。

NANOTEのキーマップ変更

再起動を促すダイアログがあらわれ、再起動後、設定は反映される。

おわりに:カスタマイズで快適に

このカスタマイズで「、」「。」「/」の入力がしやすくなり、文字入力の快適性が上がった。なんとなく不満に思っていた部分が解消され、さらに愛着がわきそうだ。

このようなカスタマイズを躊躇なくおこなえるのもNANOTEの魅力なのだろう。

コメントを閉じる

コメントを残す