【ミニマル化】大型家具家電を一掃!

いままで大型のテレビやソファ、ダイニングテーブルなどがある暮らしは豊かなのだと考えており、自分はこれらのものを所有していた。

しかし、物の所有と満足度について学ぶ中で自分は多数の物を所有し、その場所に縛られていると考えるようになった。

そう考えた私はリビングから大型の物を処分したので、それらについて記事にしようと思う。

大型テレビ

一番処分して良かったと感じている物。

今まではリビングに55インチのテレビを置き、テレビを置くためのTV台、ブルーレイプレーヤー、録画用HDD、FireTV、これら多数の製品に電源を供給する電源アダプター、さらには客人が来た時に遊べるようにとゲーム機なども置き、TV台には多数のDVDとCDが並んでいた。

テレビは使っていると画面が汚れてくるのでマメに掃除する必要があり、TV台の周囲もすぐに埃がたまるので掃除が必要だ。

CDやDVD、などごちゃごちゃと置いているので掃除の都度取り出す必要があり、また、TVの裏側や、TV台の下を掃除したければ大掛かりな作業となる。

そしてこのTVから得られるものといえば、役に立たない情報や宣伝ばかりか、人を煽り消費を促すようなものが多い。

TVを処分すればどうなるか。

55インチのTVが占拠していた場所が解放され、TV台ももちろん必要ないのでそのスペースも必要ない。

TV、TV台の掃除も必要ないし、接続してあったブルーレイプレーヤー、録画用HDD、FireTVとゴチャついた電源も必要なくなり、これだけ配線をしていたのかと驚いた。普段あまり目の届かない場所にある配線類はホコリまみれの状態であった。

TVを設置してから、あれも、これもと徐々に追加していき、知らぬ間にTV関係だけで多数の機器が接続されていたが、すべて取り払われた。55インチのTVを運び出すのは大変な労力であったが、満足感は非常に高く、TVを購入したときより処分したときの満足感のほうが大きかった。TVを引き取ってくれた友人にも感謝したい。

これで家に帰ればとりあえずTVの電源を付け、バラエティ番組やCMに時間を費やし、考えることや、学ぶことを邪魔されることももうない。ついでに言うとN◯Kとも縁を切ることができる。

TVが必要な人ももちろんいると思うが、私はTVから離れることで物質的にも精神的にも開放された。

3人がけソファ

ソファも掃除が面倒だ。レザー張りのソファの隙間には髪の毛などのゴミやホコリがすぐにたまり、まめに掃除する必要があった。ソファの裏側や下は掃除するのが大変な手間で、時間と労力を必要とする。革がだめにならないようにメンテナンス、だめになったら張替え、デザインが部屋と合わなければ買い替えも必要だ。

処分して空間が広がった

TVに加えて3人がけの大きなソファを処分することでリビングはまた広がった。ソファの掃除もなくなり、ソファの下など、掃除しにくいところもなくなった。経年劣化によるメンテナンスや買い替えも必要ない。

ソファの代わりにラグと円座を置きくつろぐことにした。

ダイニングテーブル・チェア

ダイニングテーブルは購入から数年経ち、天板の塗装が剥げ落ち、また新しいものを買わなければならないかと思っていた。

チェアは新調したばかりだったが、専有スペースも大きく、心に大きな負担となっていたため処分することに決めた。

対面4人で使えるダイニングテーブルは重く、大きい。これも処分するのが困難であったが、ソファとともにリサイクルショップにトラックで持ち込み引き取ってもらった。

リサイクルショップが近所にあるとありがたい。引き取りの価格は数百円程度と、購入した金額よりはるかに小さな金額であった。オークションなどで処分すればもう少し値段は上がるだろうが、早く物から開放されたかったので、すぐにでも処分したかった。

換えのテーブルはキャンプ用の竹で作られたテーブルで、折りたたんでしまえるものを選択した。これなら引っ越ししても簡単に持っていける。

リビングの物から開放され楽になった

リビングからは大型の家具とTVが消えかなり開放された。非常に満足度は高く、自分は買うことで満たされると思っていたが、そうではないことに気付かされた。

言葉で説明するのは難しいが、これは本当に大変な労力で簡単に行えることではない。

しかし、行動することで大きな満足感を得られる。

不要な物を買えば、それを買う費用、物をしまう収納用品や場所の費用、買いに行くための時間と交通費がかかる。不要な物は買わないことで大切なお金を使うこともなく、空間、時間、などさまざまなものから開放される。

物を買う前に本当に必要かどうか、一時的に満たされたいだけではないかを考えること、今あるものは本当に必要なのか、ぜひ、考えてみてほしい。

コメントを残す