【CHUWI】MiniBookにモニター、マウス、キーボードを接続!

MiniBookのような小さいPCでやってみたくなるのが、モニターの接続や、マウス、キーボードを接続して「デスクトップPCのように使う」ということ。可搬性の高いMiniBookを自宅に持ち帰ったら、外部モニターに接続して大きな画面を使い、キーボードやマウスで快適な操作ができるようにしたいし、あわよくばメインPCにしてしまいたい。

MiniBookが届く前に書いた記事では所有するアイテムを組み合わせて「こんなことをやってみたいな」という考えを記事にした。

この記事では私の入手したMiniBook N4100モデルに実際にモニターとマウス、キーボードを接続して使用感を確かめた所感を書いてみたいと思う。

⬇️MiniBookのレビューはこちら⬇️

国内通販でMiniBookをチェック!

海外通販でMiniBookをチェック!

MiniBookはBanggoodやGeekbuyingなど海外通販サイトなどでも購入可能。
MiniBookはBanggoodやGeekbuyingなど海外通販サイトなどでも購入可能。

MiniBookと同じボディの製品

モニターを接続

まずは持ち出しには便利だが、腰を据えて使うときには小さすぎるモニターを外部モニターで補助してみた。

接続するモニター

接続するモニターは15.6インチフルHDのモバイルモニター。デスクトップPCに接続したり、ノートPCのサブモニターにしたり、スマートフォンを接続したりといろんな用途で使える。

狭額縁でデザインもなかなか。ノングレアでタッチパネル式になっているのも特徴だ。

モニターを接続

裏側はヘアライン加工がされ、VESA規格のねじ穴が空いている。このスタンドも付属品。

モニターを接続

USB Type-C一本でOK

Type-Cケーブルだけでも駆動するのでMiniBookにぴったり。持ち出しして使う時も使いやすい。ケーブルは付属する充電用のものでは映像は出力されず、画像のような太めのものが必要だった。

MiniBookはType-Cポートがひとつなので、MiniBookを充電しながら使うときはHDMIで接続しなければいけない。そうなるとモニターの電源供給用のUSBケーブルも必要となってしまうので、MiniBookに2つのType-Cポートがあればよかった。

モニターを接続

同じようなケーブルで評価がよさそうなものは以下。

出力テスト

モニターとケーブルを接続したところ、すぐに映像が表示された。画像は表示モードを「拡張」で表示したところ。

ちゃんとケーブル一本でモニターの電源が入り、映像が表示されることを確認した。

モニターを接続

マウス・キーボードを接続

次はBluetoothにてマウスとキーボードを接続。MiniBookで即席の快適環境が出来上上がった。

この環境なら、いざとなれば持ち出すことも可能だ。

マウス・キーボードを接続

接続した入力デバイス

HHKB BT

とても感触の良い打鍵感のBluetooth接続ができるワイヤレスキーボード。高価ではあるが、PCの買い替えに関係なく長く使えることから打鍵感を重視して購入。

とてもいいという評判は半信半疑ではあったが、いまではHHKBなしというのは考えられない。これは、しばらく使ってみないとわからなかった。

快適な文字入力には欠かせないデバイス。

MX MASTER 3

MX MASTER 2Sに引き続き購入したマウス。MX MASTER 3はとてつもなくなめらかなホイールと多ボタンによる便利性が特徴的な入力デバイス。

MX MASTER 3の記事

画像に写っているマウスパッドとアームレストは以下。私はこれのおかげで手首の痛みがかなり軽減された。

作業もエンタメも快適

モニターが大きいので、YouTubeでの動画再生も快適。超小型マシンが一般的なPCと変わらない快適なマシンに変身した。MiniBookは単体だと持ち出しに特化したマシンとなってしまうが、ディスプレイ、マウス、キーボードを接続してやれば普通のPCと変わらない作業が快適にできるようになる

外出時は小さいバッグに入れて気軽に持ち出し、帰ってきたら外部機器接続で快適マシンに。出張がある人ならモニター、マウス、キーボードを持ち出してもいい。一台でいろいろこなせるロマンあるPCだ。

マウス・キーボードを接続

画像では画面は点けたままにしているが、電源設定を変更して「クラムシェル」でつかってみてもいいかもしれない。また、テントモードにすれば作業スペースも広げられそうだ。

これはYOGAモードに対応したMiniBookやOneMixシリーズの強みの部分。

充電しながら使うには

万能なようにも思えるが、弱点はMiniBookのType-Cポートがひとつであること。モニターに電源と映像を出力するとMiniBook本体は充電ができなくなってしまう

モニターに給電するとバッテリーの消耗も早くなってしまうので、モバイルモニターを接続して長時間の作業は厳しい。となると、HDMI出力を使うことになる。

充電、HDMI、USBの接続が必要

MiniBookにケーブルを接続すると下の画像のようになる。

上から順に、

  • Type-C 充電
  • miniHDMIから通常サイズに変換したHDMI
  • モニター給電用USB

と、なっている。

充電しながら使うには

モニター側もケーブルがHDMIと電源用の2本に増えてしまった。スマートではないが、充電しながら使うとこうなってしまう。

充電しながら使うには

外出先で使用するなら12Vで出力できるモバイルバッテリーがあれば心強い。

おわりに

今回はMiniBookにモニターとキーボード、マウスを接続して快適な環境を作ってみた。結果、一般的なPCと変わらない快適な環境を手に入れることができた。

これは一昔前のATOMを搭載したUMPCでは考えられなかったことだ。もちろん、動画編集や写真加工、3DゲームなどはMiniBookでこなすのは難しいが、ブラウザ、動画、文書作成程度なら快適にこなせるUMPCが安価に手に入る時代となった。

MiniBookは単体でも、拡張しても遊べる本当に楽しいPCだ。他にも機器を接続して遊んでみようと思う。

⬇️あわせて読みたい⬇️

国内通販でMiniBookをチェック!

海外通販でMiniBookをチェック!

MiniBookはBanggoodやGeekbuyingなど海外通販サイトなどでも購入可能。
MiniBookはBanggoodやGeekbuyingなど海外通販サイトなどでも購入可能。

MiniBookと同じボディの製品

コメントを残す