》EXPANSYSで「Zenfone 9」販売開始!

【CHUWI】MiniBook 熱伝導シートでCPU温度が低下!

前回の記事では熱伝導シートにてCPU温度が下がるという情報をみて、シートを注文した。

注文した熱伝導シートが届き、貼ってみたところ効果があらわれた。この記事では以前試した「ファン停止」状態において、熱伝導シートのありとなしで温度がどれくらい下がるかを記した。

※シートの貼り付けやファン停止はメーカー想定外の使用方法。保障などは受けられなくなる可能性があるので注意。

FFF SMART LIFE CONNECTED
¥37,800 (2022/08/15 21:25:13時点 Amazon調べ-詳細)
MiniBookは販売終了。Amazonでほぼ同型の製品が販売中!

シートの取り付け

購入したシート

購入したシートは2mm × 100mm × 100mmのサイズだが、少々厚かった。Amazonで1500円ほどで販売されていたもので他にも1mmや0.5mmなどバリエーションがあった。

シートの取り付け

作業開始

まずはネジを外して裏蓋を取り外す。

シートの取り付け

大体パイプ部分と同じくらいの幅でカット。長さは100mm。

シートの取り付け

貼り付け。

長さは100mmでちょうど良い感じだった。情報元ではバッテリー部分にも貼り付けていたが、あまり良くないのではといった情報や、効果が薄そうな感じがしたので今回はヒートパイプのみに貼り付けすることにした。

シートの取り付け

1mmだと薄いかと思い2mmしたらどうやら厚すぎたようで、蓋が完全に閉まらない。1mmで良かったのかも。

シートの取り付け

計測結果

CPU温度を測定するソフトウェアは「HWMonitor」とし、負荷をかけるベンチマークソフトは「ドラゴンクエストベンチマーク」とした。

下部にまとめ表も作成。

条件 1

  • 室温21℃
  • TBオン
  • ファン停止
  • 電源駆動

熱伝導シートなし

計測結果
最高温度79℃
計測結果
スコア3298

熱伝導シートあり

計測結果
最高温度74℃
計測結果
スコア3333

条件 2

  • 室温21℃
  • TBオフ
  • ファン停止
  • 電源駆動

熱伝導シートなし

計測結果
最高温度は66℃
計測結果
スコア2450となった

熱伝導シートあり

最高温度58℃
スコア2441

まとめ

上記の結果を表にまとめた。

TBオン/温度TBオン/スコアTBオフ/温度TBオフ/スコア
熱伝導シートなし79℃329866℃2450
熱伝導シートあり74℃333358℃2441
差異-5℃+35-8℃-9

なんと最高で-8℃の結果が出た。本当に効果があるのかと思っていたが、確かに効果があった。

貼り方をさらに変更

Twitterでアドバイスをいただき、貼り方を変更。全体を覆うようにシートを貼り付けた。

より冷却効果が高まり、蓋もきっちりと閉めることができた。

おわりに

2mmのシートは少々厚すぎたようだが、効果はしっかりとあらわれた。別の部位にも貼るなど、貼り方を変えるとまた違った結果が得られるかもしれない。

5ch MiniBookスレッドPart4 756氏に感謝。

▼MiniBook関連記事一覧

FFF SMART LIFE CONNECTED
¥37,800 (2022/08/15 21:25:13時点 Amazon調べ-詳細)
MiniBookは販売終了。Amazonでほぼ同型の製品が販売中!

2 COMMENTS

いたちゃん

自分も8100Y版がようやく来て使っていますが、ファンノイズが気になるので調べていたところ、ここに辿り着きました。
N4100版に比べて8100Y版はファンがうるさいとのことでしたが、HWMonitorのPowersを見るとN4100版よりむしろ低い感じがしておりますので、自己責任で突撃してみようかと思います。

返信する
かずのり

いたちゃんさんコメントありがとうございます!

8100Y版も届き始めたようで、これから情報が活発になりそうですね。
8100Yに熱伝導シートを貼り付けると、どれくらい効果が得られるのか大変興味深いです。

8100Yだと改造版のBIOSでファンの制御ができるそうなのでこちらも面白そうですね。

MiniBook楽しんでください!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA