【Karabiner】Macのキー入力をカスタマイズ!

2019年6月27日PC & MacMac

MacではWindowsで言うところの、

  • カーソルの先端移動「Home」は「⌘ + ←」もしくは「Ctrl + E」
  • カーソルの末端移動「End」は「⌘ + →」もしくは「Ctrl + A」

で行うことができる。

ただ、私の環境では「Magnet」というアプリケーションでWindowsと同じようなウインドウ操作をできるように設定してあり、

  • ⌘ + → で、ウインドウ右半分
  • ⌘ + ← で、ウインドウ左半分

としているため、「⌘ + 矢印キー」のショートカットは使用できない。

⌘ + ←でウインドウを左半分に寄せたところ

HHKBにはHomeキーとEndキーがあるが使えない

Macではうまく機能しない

また、HHKBにはせっかくHomeキーとEndキーがあるのにMacOSではPageUpとPageDownとして働いてしまうようで、Windowsと同じような動作をさせるべく解決策を探した。

Karabinerを使って役割を変える

「Karabiner」ではキーボードのキーの役割をカスタマイズすることができ、「Homeキー」と「Endキー」も「ルールの追加」で役割を変えることができるとの情報を見つけた。

Karabinerの入手

Karabinerの設定

Karabinerをインストールしたら参考サイトに従い「Complex Modifications」の「Add rule」をクリック。

画像ではすでに設定済み

次に「Import more rules from the Internet(open a web browser)」をクリック。

ブラウザが開いたら検索窓に「PC」と入力すればインポートしたいルールはすぐにあらわれる。「Import」をクリック。

開くかどうか聞かれたら「Karabiner-Elementsを開く」をクリック。

Karabinerが開くので「Import」をクリック。

PC-Style Home/Endの「Enable」をクリック。

ルールが追加された。

以上で設定は完了。

おわりに

上記の設定で一般的なキーボードをMacでWindowsのようなHomeキー、Endキーの動作をさせることができる。おかげで快適に文章を書けるようになり大変助かった。

参考サイトのショートカットも参考になり、MacBook Pro本体のキーボードでは「Ctrl + 矢印」でカーソルを移動させることができることもわかり勉強になった。