【Apple】Macを使ってiPhoneやiPadのバッテリー残量を調べる

iPhone, iPadのバッテリー容量をPCで調べる

iPhone SEのバッテリーを怪しい大容量の新品に交換したが、iPhoneでは正確なバッテリー容量を知ることができなかった。

しかし、とあるPCのツールを使うことでバッテリー容量を調べることができるということで試したみた。

Amazonアカウントで買える「イオシス」で安いMacを探す!

MacとiPhone, iPadの環境

以下の環境でiPhoneとiPadのバッテリー容量を調べる。

Mac

  • MacBook Pro
  • Retina, 15-inch, Early 2013
  • macOS 10.15.1 (Beta)

iPhone

  • iPhone SE
  • iOS 13.1.1
  • 2800mAhと書かれた怪しいバッテリーを装着

iPad

  • iPad Pro 12.9
  • 第3世代
  • iPadOS 13.2

iBackupBotでiPhoneとiPadのバッテリー容量を調べる

iBackupBotでは、PCやMacに保存したiPhoneやiPadのバックアップデータから写真などを取り出したりすることができるツール。無料で7日間試せる。

ライセンスの価格は34.95ドルだった。

インストール

インストールはダウンロードしたdmgファイルを開き「iBackupBot」を「Applecations」フォルダにドラッグすれば完了。

iBackupBotでiPhoneとiPadのバッテリー容量を調べる

アプリケーションフォルダの「iBackupBot」を起動してみよう。

iBackupBotを起動してiPhoneやiPadを接続

iBackupBotを起動してiPhoneを接続すると以下のような画面になる。左上にはPC内にバックアップされているデータ、左下には接続されたデバイスが表示される。

接続されたデバイスを選択すると右側にデバイスの情報が表示されたが、ここにはバッテリーの情報は表示されていない。

iBackupBotでiPhoneとiPadのバッテリー容量を調べる

バッテリーの情報を表示するには「More Information」をクリックする。

iBackupBotでiPhoneとiPadのバッテリー容量を調べる

バッテリー容量がわかった

バッテリーについての情報が表示された。結果は「1624」となっている。最初から2800mAhではないだろうと思っていたが、やはり違い標準のバッテリーと変わらない容量であることがわかった。

iBackupBotでiPhoneとiPadのバッテリー容量を調べる

iPad Pro 12.9(第3世代)を接続してみたところ「9633」と出た。iPadOS 13.2のiPadでも情報を読み取れることがわかった。

iBackupBotでiPhoneとiPadのバッテリー容量を調べる

おわりに

iBackupBotはmacOS 10.15とiOS13, iPadOS 13に対応し、バッテリー情報が読み取れることがわかった。そしてiPhone SEに装着した怪しい大容量バッテリーは、やはり普通の容量と変わらないバッテリーであることがわかりすっきりした。

Apple製品リンク

コメントを閉じる

コメントを残す