iPadOS,iOS 13.2.2 更新で不具合解消!

iPadOS 13.2とiOS 13.2ではバックグラウンドに回ったアプリケーションを再び使うためフォアグラウンドにすると、リロードされてしまう問題が報告されている。私のiPad 12.9 (第3世代)もiPadOS 13.2にアップデートしたところ、SafariやChromeで開いていたページが保持されずリロードしやすいといったことが確認できた。

iPadOS 13.2.2ではこのような問題が解消されているとのことなので、私のiPadにiPadOS 13.2.2をインストールして試してみた。

iPadOS 13.2.2へアップデート

アップデート内容

アップデートの内容は以下となっており「Appがバックグラウンドで実行中に予期せずに終了する場合がある問題を修正」というものが含まれているので、不具合の解消が期待できそうだ。

iPadOS 13.2.2には、iPadのバグ修正と改善が含まれています。このアップデートには以下が含まれます:

Appがバックグラウンドで実行中に予期せずに終了する場合がある問題を修正
Exchangeアカウント間でS/MIME暗号化メールメッセージへの返信内容が読めなくなる問題を修正
SafariでKerberosシングルサインオンサービスを使用すると認証要求が表示される場合がある問題に対処
YubiKeyのLightning給電アクセサリで充電が中断される場合がある問題を解決

iPadOS 13.2.2アップデート方法

⬇️まずは「設定App」を起動し「一般」の「ソフトウェア・アップデート」を実行。

⬇️「iPadOS 13.2.2」のアップデートがあらわれたら「ダウンロードしてインストール」をタップ。パスコードを求められるので入力するとダウンロードが始まる。

⬇️iPadOS 13.2.2のダウンロードが完了した。「今すぐインストール」をタップするとiPadOS 13.2.2のインストールが始まる。

⬇️iPadOS 13.2.2のインストール完了までしばらく待とう。

⬇️再起動すればiPadOS 13.2.2へのアップデートは完了。システムバージョンが「13.2.2」になっていることが確認できるはずだ。

iPadOS 13.2の不具合「リロード問題」が解消

iPadOS 13.2.2にアップデート後、iPadOS 13.2で起こっていた不具合がどうなるか確認した。

複数アプリを起動

iPadOS 13.2.2で不具合があると言われていたアプリはYouTubeとSafariなど。私がiPadOS 13.2で確認したところChromeでもタブが再読み込みされる現象を確認。

iPadOS 13.2.2へアップデート後、YouTubeやSafari、Chromeに加えて他のアプリを複数起動してメモリを消費した状態に。そして、タブの再読み込みが発生するかを確認してみた。

Safari : iPadOS 13.2.2で不具合が解消

Safariで複数のタブを読み込ませた後、他のアプリを順番に起動して再びSafariに戻る。そして開いていたタブを順番にタップしていったがリロードは発生しなかった。

Chrome : iPadOS 13.2.2で不具合が解消

ChoromeでもSafari同様、複数のタブを開いてから他のアプリを多数起動し、再びChromeに戻って開いていたタブをみていった。Chromeでも再読み込みされることはなく、すぐにページが表示された。

おわりに

iPadOS 13.2の不具合は、iPadOS 13.2.2へのアップデートで修正されていることが確認できた。まだ、iPadOS 13.2の人はiPadOS 13.2.2へアップデートすることで、バックグラウンドの問題が解消される。

iOS13.2.2でも同様の不具合修正アップデートが配信されているので、アップデートをおこなった方がいいだろう。

Apple製品リンク

コメントを閉じる

コメントを残す