1.5Mbps使い放題2ヶ月無料!mineoパケット放題Plus

【Apple】iPad Pro 12.9(第3世代)をiPadOS 13.2にアップデート

iPad Pro 12.9(第3世代)をiPadOS 13.2にアップデート

iPadOS 13.2の配信からしばらく経ち、iPad Pro 12.9(第3世代)にインストールしてみた。このアップデートでは多数の不具合修正が含まれているが、iPadOS 13.2で新たに発生している不具合もあるようだ。

iPadOS 13.2の改善内容

不具合の修正がなかなか多い。最近はiOSが不安定な印象がある。

iPadOS 13.2では、絵文字のアップデートと追加、AirPodsでの着信メッセージ読み上げ機能の導入に加え、AirPods Pro、HomeKitセキュアビデオ、HomeKit対応ルーター、および新しい“Siriのプライバシー”設定に対応しました。このアップデートにはバグ修正と改善も含まれます。

絵文字
動物、食べ物、アクティビティ、新しいアクセシビリティの絵文字、性別のない絵文字、カップルの絵文字で肌色の選択など、70種類以上の絵文字を追加またはアップデート

AirPodsのサポート
“Siriで着信メッセージを読み上げ”により、受け取ったメッセージを読み上げてAirPodsで聞くことが可能
AirPods Proに対応

“ホーム” App
HomeKitセキュアビデオを使用して、防犯カメラからのビデオを暗号化して非公開で収録、保存、および表示が可能。人、動物、車両を検知する機能を搭載
HomeKit対応ルーターを利用して、お使いのHomeKitアクセサリのインターネット上または自宅での通信相手をユーザが制御可能

Siri
“プライバシー”設定で、Siriおよび音声入力に対する操作の音声をAppleが保存することを許可することにより、Siriおよび音声入力の改善に協力するかどうかを選択することが可能
“Siri”設定からSiriおよび音声入力の履歴の削除が可能

このアップデートにはバグ修正とその他の改善も含まれています。このアップデートには以下が含まれます:
他社製Appでパスワードを自動入力できない場合がある問題を修正
“検索”を使用するときにキーボードが表示されない場合がある問題を解決
“メッセージ”で、通知を繰り返すオプションがオンになっているときに通知が1回しか送信されない問題を修正
“メッセージ”に連絡先の名前ではなく電話番号が表示される場合がある問題に対処
“連絡先”で連絡先のリストではなく前回開いた連絡先が表示される問題を解決
マークアップした注釈が保存されない場合がある問題を修正
保存したメモが一時的に消えてしまうことがある問題を解決
“設定”の“今すぐバックアップを作成”をタップした後で、iCloudバックアップが正常に完了しない場合がある問題を修正
AssistiveTouchを使ってAppスイッチャーを有効にするときのパフォーマンスを改善

アップデートのインストール方法

ソフトウェア・アップデートは「設定」から

設定→一般→ソフトウェア・アップデートをタップ。

アップデートのインストール方法

ダウンロードとインストール

iPadOS 13.2のダウンロード容量は564.7MB。「ダウンロードしてインストール」をタップするとパスコードの入力を求められるので入力して進む。

アップデートのインストール方法

ダウンロードが完了したら「今すぐインストール」をタップするとすぐにインストールが開始される。都合が悪ければ止めることもできる。

アップデートのインストール方法

再起動され、更新プログラムがインストールされる。

アップデートのインストール方法

インストール完了

インストールが完了し、起動した。上にスワイプして開く。

アップデートのインストール方法

iPadOS 13.2にアップデート完了と表示される。「続ける」をタップすればホーム画面になる。

アップデートのインストール方法

iPadOS 13.2ではバックグラウンドアプリ終了の不具合が?

iPadOS 13.2とiOS 13.2ではバックグラウンドのアプリがすぐに終了してしまうという報告が多数あるようだ。

YouTubeやSafariなどを起動して試してみた

上記によると、YouTubeが他のアプリを1分程度使ってから戻るだけで終了してしまったり、Safariをいったんバックグラウンドにしてフォアグラウンドになると、開いていたタブが再読み込みされるというもの。

実際に試してみると、私の環境ではYouTubeはバックグラウンドから戻っても大丈夫だった。しかし、Safariはいくつかタブを開いた状態でバックグラウンドにして、バックグラウンドから戻してみると開いていたタブが再読み込みされるときが多かった。

また、GoogleのChromeでも同じような感じで、開いていたタブはあまり保持されない。

おわりに

iPadOS 13.2に更新して複数のアプリを起動しながら様子をみてみた。大きなトラブルはないものの、確かにSafariなどのブラウザは再読み込みが発生しやすいような印象だ。

Twitterをみても不具合を報告する人がちらほら。この動作をあえてやっているのか不具合なのかは分からない。だが、ユーザビリティは低下している。

Apple製品リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。