【メモ】HUAWEI MediaPad M6 8.4 PlusにGMS (Google Play)導入

MediaPad M6 8.4 Plus (Turbo)にあれこれGMS導入を試したが、どれも使えない方法ばかりで「既に対策されてしまったか」とあきらめていた。しかし、TwitterのとあるアカウントのおかげでGMS導入に成功する方法がみつかった。

この記事は導入成功記録用メモとなる。この導入方法もいずれ使えなくなると思われるので、導入は早めにしておきたい。

GMS導入の参考動画, ツール, 必要なもの

参考動画

▼GMS導入の参考にして成功した方法は、以下の動画の通り。

この動画を見ながら作業を進める。なんども一時停止と見返しをしながら進んでいく。

ツール

動画の概要欄にあったダウンロードリンク。2つとも同じものなので、ダウンロードできればどちらでもOK。

▼ダウンロードリンク①

▼ダウンロードリンク②

必要なもの

  1. Android 10
  2. インターネット接続
  3. USBメモリかSDカード

初期状態のAndroid 9ではツールをインストールすることができない。そのため、Android 10へアップデートしておく必要がある。

Googleアカウントのログインやツールのダウンロードにはインターネット接続が必要。ツールの一部は導入に「復元機能」を用いるため、内蔵ストレージは使えず、USBメモリやmicroSDなどの外部ストレージが必要となる。

USBメモリはType-C接続できるものか、変換アダプタを用いる。

USBメモリ

microSDカード

GMS動作OK

▼Google Playの動作OK。バージョンは10.1.0.163。

▼ChromeとGoogle Mapももちろん動作OK。

完璧ではない

ほぼほぼ問題なく動作するが、一部動作しないアプリや機能も存在するようだ。私が確認できた中では、Gmailのダークモードが動作せず、GooglePayアプリにクレジットカードを登録できないという問題があった。

ほかにも使えないアプリはあると思われる。また、一度使えてもアップデートで使えなくなるケースもあるようだ。

もちろん、初期化した場合も、もう一度導入作業をおこなう必要があるので注意したい。

参考になったツイート

▼多数のスマホ販売を手掛ける「まめこ」氏のツイート。

こちらのツイートを参考に作業し、無事成功した。

「まめこ」氏のアカウントでは、海外スマホのお得情報などが多数ツイートされる。ガジェットファンはフォローしておこう。

HUAWEI製品リンク

※GMS導入を保証するものではないのでご注意いただきたい。特にP40 LiteはGMS導入が難しいとのこと。

P40 Pro

▼最大50倍ズームのAIカメラを搭載したファーウェイのフラグシップスマートフォン。更に上位のP40 Pro+も存在する。

P40 Lite

▼コストパフォーマンスに優れたモデル。低価格ながらクアッドカメラ搭載に加え、5G対応となっている。

MatePad 10.4

▼約3万円の高コスパAndroidタブレット。iPad Proのような狭額縁ディスプレイが魅力。

MatePad Pro 10.8

▼フラッグシップAndroidタブレットながら低価格なのが魅力。ワイヤレス充電にも対応する。

▼MatePad Pro 10.8には専用のキーボードも用意されている。「デスクトップモード」と一緒にPCライクに使える。

▼Apple Pencilと同じく手書き用のペンもある。MatePadとMatePad Pro両方に対応。

MateBook 13 / 15

Windows PCもMatePad同様、狭額縁の高画面占有率となっている。さらに、高コストパフォーマンスで価格面でも魅力的だ。

4 COMMENTS

通りすがり


私もM6 turboを持っていますが、GooglePlayでクレジットカード登録可能でした。
ちなみに最初からGMS入りをアリエクスプレスのショップから買ったものです。
情報までに。

返信する
かずのり


通りすがりさん、情報ありがとうございます!
AliExpressのGMS入りは手間がなくて良いですね。

返信する
h041030b


はじめまして
こちらを参考にMEDIAPAD M6 turboのGMS導入成功しました。
なお、アンドロイド10だと他サイト参考ではできないとの情報でしたが
10アップデート後で導入可能でした。
ありがとうございました。

返信する
かずのり


h041030bさん、コメントありがとうございます!

お役に立てて嬉しいです!

返信する

コメントを残す