Redmi Note 10 Pro セールは5月11日11時から!

【Windows】HHKBがPIN入力を求められ接続できない【解決】

前回に引き続きキーボードの記事。

MacBook ProのmacOSの具合が悪く復旧作業中。macOSの再インストールのためのOSダウンロードを繰り返して50GBほど通信を使用。

月100GBの契約をしているのに月初で計80GBほどの通信を使ってしまい、一旦自宅回線での復旧は休止。その間はBoot CampのWin10を使おうということで、前回記事でリセットしたHHKBをWindows10に再ペアリング。

しかし、なぜか接続時にPIN入力を求められ接続ができなくなってしまった。

MacBook Proには、もちろんキーボードが付いているので文字をタイプすることはできるのだが、完全なるHHKB信者となってしまった私にはHHKBなしでタイピングするのは苦行すぎる。

対策方法をさがす

普通なら6桁くらいの番号を入力してEnterキーでペアリングされるのに突然なぜPINの入力を求めるようになったのか?

とりあえずデフォルトっぽい「0000」や「1111」をMacBookの内蔵キーボードで入力してみるが一向に繋がらず、とてつもなくイライラさせられる。

ペアリングのPIN入力画面

しかし、検索してみるとすぐに情報が見つかった。

一発解決

見つけた情報

情報主もHHKBがないと生きていけない病気を患っているようだ。なかなか感染力が高い。

情報によると

  • PINを入力してくださいの画面でスクリーンキーボードで「0000」を入力して「接続」をクリック
  • HHKBで反応がないまま「0000」と入力し、Enter

で繋がるのだそう。

▼公式サイトでも案内があった。

自分でもやってみた

私はMacBook Proの内蔵キーボードで「0000」を入力して「接続」をクリックし、その後続けざまにHHKBで「0000」を入力してEnter

別のキーボードで「0000」入力してから「接続中」となっている間にHHKBでもう一度「0000」を入力するのがポイントだ。

▼すると、無事に接続された。

HHKBが接続済みの画像
HHKBが接続済みとなった!

念のため、ペアリングを削除してもう一度やってみても接続された。

ほかのキーボードや数字も試してみた

試しにUSB接続のキーボードで「0000」を入力して「接続」」をクリックし、HHKBで「0000」を入力してEnterをしてもつながった。

では番号が変わるとどうなるのかと思い「1111」や「1234」などを試すと接続可能だった。

USBキーボードで「1234」HHKBで「4321」のように違う番号では接続エラーとなった。

PINが正しくありませんでした。となって接続できなかった画像

どうやら同じ数字なら問題ないようだ。

一桁でも接続できるか?

一般的にはPINは4桁だと思うのだが、一桁でやるとどうなるだろうか。

PINを1桁だけ入力した画像


結果は無事接続済みとなった。桁が少なくても問題ないようだ。

HHKB接続済みの画像。1桁だけでも接続できる

おわりに

情報のおかげで無事にHHKBを接続することができた。情報主に感謝だ。

文字入力の要であるキーボードは記事作成をするのにモチベーションを上げてくれる大切な相棒。一度購入すると長く使え、PCの買い替えにも関係なくずっと使える。

初期投資は少々大きいが、文字をたくさん入力するような仕事をしている人ならすぐに元が取れるだろう。

コメントを残す