Google PixelでGoogleフォト 無料&無制限バックアップ!他社スマホとの同期方法などを紹介♪

ご案内:当ブログではアフィリエイトリンクにより維持運営のための収益を得ることがあります。

多くのユーザーに利用されている「Googleフォト」が2021年6月に有料化され、無料でのバックアップ容量が「15GB」となってしまった。

しかし、Googleのスマホ「Pixel」の「5(5aは対象外)」までは「容量無制限」で「節約画質」の写真と動画をバックアップできる。

そのため、バックアップ用に「Pixel 3~5」あたりを用意し、うまく使えば「Pixel以外のスマホやデジカメからもバックアップ可能」だ!

Pixelを購入する初期費用は必要だが、無限に続くランニングコストもなく、Googleフォトに思いっきりバックアップできる。

大容量の写真や動画を扱っているほど、高い費用対効果が見込めるだろう。

Googleフォト専用Pixelには「Pixel 3」が安い!

Google Pixel 3

あまり高額な端末だと「Googleドライブの容量を追加したほうがいい」となってしまうが、写真や動画をガンガン撮影する場合、低価格端末だと、割と早くペイできる。

ちなみにGoogleフォトに利用するドライブの料金は、

  • 100GB : 250円
  • 200GB : 380円
  • 2TB : 1,300円

となっている。

どのPixelにするべきか?

「Googleフォトでのバックアップ」のみが目的であれば、あまり高スペックな端末を用意するのはもったいないので価格と性能を考えて選びたい。

ちなみにGoogleフォトの無制限バックアップ対象機種は、下記Googleの公式ページで確認可能だ。

価格重視なら「Pixel 3」!

バックアップ用途で使うなら「Pixel 3」が最も安く、流通量が多いため入手しやすい。

また、できるだけ長く使いたいなら、バックアップができて最も新しい「Pixel 5」となるだろう。

ほかにも「完全無制限」の「初代Pixel」もバックアップ用途には最高だが、日本ではほぼ出回っていないので入手するのは難しい。

しかし「Pixel 3」や「Pixel 3a」などは1万円台から販売され手頃だ。かつ、中古の流通量もそこそこあり入手も比較的しやすい。

「Pixel 3」は「64GBモデル」と「128GBモデル」から選択できる

大量のデータを一気にバックアップするなら128GBモデルの使い勝手がいい。

こまめにバックアップを取って消去していくなら64GBモデルでも問題ないだろう。

Googleフォト専用Pixelには「Pixel 3」が最適だった
筆者のバックアップ用Pixel3 128GB

▼「Google Pixel 3」のリンク。手ごろなPixel 3が見つかるかもしれない。

▼予算があればPixel 4や5もGood。

▼Pixel 5については「5a」は対象外なので、気をつけて欲しい。

Pixel以外のデバイスからGoogleフォトにアップロードするには?

Pixel以外のデバイスからGoogleフォトにアップロードするには写真や動画のコピーや同期をおこなう

Pixe以外のデバイスからPixelを使ってGoogleフォトに写真を容量無制限でバックアップするには、Pixel 5までのPixelを経由して、Googleフォトに写真をアップロードする必要がある。

ここでは筆者が使っているPixelへの写真転送方法を3つほど紹介したい。

①USBメモリやSDカードを使って転送する

Pixel以外のデバイスからGoogleフォトにアップロードするには写真や動画のコピーや同期をおこなう

最も単純な方法はUSBメモリやSDカードなどを使って、別のスマホやカメラから写真を取り出しPixelに移すという方法。

カンタンであるが、カードのファイルシステムなどの理由で、認識しなかったりするのが難である。

②転送アプリやニアバイシェアを使う

スマホやPCなら「PhotoSync」といったアプリを使って転送したり、Android端末やWindows 11であれば「ニアバイシェア」による転送を使えばUSBメモリよりラクに写真を転送できる。

デジカメも専用アプリを使えば、ワイヤレスでかんたんに転送可能!

Pixelに送信したい写真を選択して、ワイヤレスで転送可能だ。

「PhotoSync」は同一のネットワークに接続された端末間で写真や動画ファイルの受け渡しができるアプリ。

Pixel以外のデバイスからGoogleフォトにアップロードするには写真や動画のコピーや同期をおこなう
PhotoSync

iOS, Android, PCに対応している。

お手軽に利用できるのは「ニアバイシェア」。

Pixel以外のデバイスからGoogleフォトにアップロードするには写真や動画のコピーや同期をおこなう
ニアバイシェア

ニアバイシェアはAndroid間や、Windows 11とのデータの受け渡しができる機能で、iOSのAirDropのようなものに当たる。

▼ソニー製のデジカメでは「Imaging Edge Mobile」というアプリを使うことでワイヤレス転送をおこなえる。

Pixel以外のデバイスからGoogleフォトにアップロードするには写真や動画のコピーや同期をおこなう
Imaging Edge Mobile

SDカードを使うと、うまく認識しなかったりするが、専用アプリを使えばめちゃくちゃかんたん。

あとはPixel経由でバックアップするだけ。

③同期アプリ「Resilio Sync」を使う

やや上級者向けになるが、設定さえ済ませてしまえばかんたんに同期可能なのが「Resilio Sync」。

スマホの場合は写真フォルダをまるっと同期させることができるiOS, Android, PC対応アプリ。

Pixel以外のデバイスからGoogleフォトにアップロードするには写真や動画のコピーや同期をおこなう
Resilio Sync

Resilio Syncは、p2pというネットワーク技術を用いてデバイス間のデータを同期してくれる。

データの同期はモバイルネットワークでも可能だ。

次の項で同期方法をチェックしてみよう!

「Resilio Sync」で写真と動画を同期する方法

メイン使用するスマホの写真バックアップには「Resilio Sync」がとても便利。

なんと「個人利用なら無料で利用可能」な太っ腹なアプリとなっている。

ここではスマホ版アプリのPixelへの同期方法について記している。

Resilio Syncのダウンロードリンク

下記よりAndroid、iOS & iPadOS、PC, Mac版アプリをダウンロード可能。

それぞれの端末にインストールしておこう。

アプリのダウンロード

バックアップされる側のスマホの設定

まずはバックアップしたいスマホの設定。

写真や動画が入ったフォルダを検出して同期するフォルダに指定するという流れになる。

アプリを起動して「+」をタップ

▼バックアップされる側の端末でResilio Syncを起動し、右下にある「+」をタップする(iPhoneでは右上の方に「+」がある)。

Resilio Syncで写真と動画を同期する方法

ちなみに上の画像はすでに設定済みなのでフォルダがいくつかあるが、初期状態では何も表示されない。

バックアップを追加をタップ

▼続いてバックアップを追加へ進む。

Resilio Syncで写真と動画を同期する方法
カメラのバックアップを追加をタップ

▼下の方に並ぶフォルダではなく、青い文字の「カメラのバックアップを追加」を選択。

Resilio Syncで写真と動画を同期する方法
QRコードを表示させる

バックアップフォルダをバックアップ先の端末(Pixel)で読み込む方法はいくつかあるが、QRコードを使った方法がかんたん。

▼先の手順で出来上がったフォルダの横にある「i」をタップ。

Resilio Syncで写真と動画を同期する方法

▼共有の項目にあるQRコードのアイコンをタップするとQRコードが表示できる。

Resilio Syncで写真と動画を同期する方法

バックアップする側(Pixel)の設定

バックアップしたいスマホの設定が済んだら次はPixel側の設定。

先ほどの手順で表示されたQRコードを読み込めば難しい設定もなく同期するフォルダを設定することができる。

QRコードを読み取りしてフォルダを追加

▼「+」をタップしてメニューを呼び出し。

Resilio Syncで写真と動画を同期する方法

▼「QRコードを読み取る」をタップするとカメラが起動し、コードを読み取ることができる。

Resilio Syncで写真と動画を同期する方法

QRコードを読み取ればバックアップ対象のフォルダは自動的に追加される。

「選択型同期」を解除

▼追加したフォルダの横にある「i」をタップしすると「選択型同期」という機能が有効になっている。

筆者が試した限りこのままだとうまく同期させることができなかった。

Resilio Syncで写真と動画を同期する方法

▼「選択型同期」のスイッチをオフに。

Resilio Syncで写真と動画を同期する方法

この状態で前の画面に戻ってみよう。

同期が開始された

▼すると、接続が確認できた。下記では「DCIM」というフォルダが接続中となっており、バックアップ元は「カメラバックアップ」のフォルダが接続中となっているはずだ。

Resilio Syncで写真と動画を同期する方法

画面下部には速度も表示され、ネットワークの状態を確認することができる。

あまり速度が遅い時はネットワーク環境を確認しよう。

ちなみに上記は、iPhoneのテザリングにてPixel 3とAndroidスマホを接続した状態の接続スピードとなっている。

ワンポイント

新しい写真や動画を撮影しファイルを追加する場合は、バックアップする側とされる側のResilio Syncを起動する。

同期した写真や動画をPixelでGoogleフォトにアップロード

Resillio Syncでの同期が完了したらPixelのGoogleフォトでアップロードをおこなう。

また、他の機器ではバックアップを無効にしておき、容量を使わないようにしておく。

Googleフォトのバックアップフォルダを有効に

▼設定→バックアップと同期→デバイスフォルダのバックアップにて写真や動画が保存されたフォルダを設定する。

同期した写真や動画をPixelでGoogleフォトにアップロード

ここでスイッチを有効にしていけば、その中に入っている写真や動画のアップロードをおこなってくれる。

同期されたフォルダの場所

「Resilio Sync」のデフォルトの設定では「Download」フォルダ配下に写真が保存されている。フォルダはしばらく待つと自動で検出されるが、なかなか検出されない場合は再起動なども試してみよう。

バックアップを無効に設定

バックアップ元の端末はGoogleフォトの「バックアップと同期」を無効にしておく。

同期した写真や動画をPixelでGoogleフォトにアップロード

これで15GBの容量を食わずにGoogleフォトを使える。

Googleフォトへのアップロード後元データを削除

Googleフォトへの写真や動画のアップロードが済んだら、端末のストレージを開放できる。

▼Googleフォトでは「空き容量を○○GB増やす」という項目がある。

同期した写真や動画をPixelでGoogleフォトにアップロード

ここをタップすると、Pixelの容量を開放可能だ。

発熱対策はしたほうがいいかも

大量の写真や動画を一気にGoogleフォトにアップロードするには時間が掛かり、長時間稼働していると端末に大きな負荷が掛かる。

そして端末は発熱し、発熱が大きくなるとGoogleフォトアプリで「デバイスが過熱しています」と表示され、温度が低下するまでアップロードは停止する。

▼発熱すると以下のように表示される。

発熱はバッテリーにも負担があると言われている。

充電中などにバックアップすると、とても負担が大きくなってしまうので、発熱対策はした方がよさそうだ。

▼挟み込むタイプの冷却アイテム。

▼当ブログではゲーム用グリップがついた冷却アイテムも紹介した。

GameSir「F8 Pro SNOWGON」レビュー:スマホが冷え冷え♪ゲームも快適維持。

めちゃくちゃよく冷えてスタンド付きで便利♪

おわりに:Pixelがあれば乗り切れる!!

Pixelがあれば乗り切れる。
Pixel 3 Clearly White

無料で使える容量が15GBとなってしまった「Googleフォト」。

しかし、「Pixel」があれば有料でストレージを追加することなく乗り切れる。

ただ、今後またGoogleフォトの仕様変更が無いとは言い切れない。

いつまでこの方法が使えるかはわからないため、バックアップしたい写真や動画がたくさんあって困っている人は、早めにバックアップしておこう。

▼「Google Pixel 3」のリンク。手ごろなPixel 3が見つかるかもしれない。

▼予算があればPixel 4や5もGood。

▼Pixel 5については「5a」は対象外なので、気をつけて欲しい。

2 COMMENTS

やす

参考にさせて頂きたく、読ませていただきました。ピクセル側のGoogleアカウントは画像、動画のバックアップ用で新規で作成されているのでしょうか?ご教授お願い致します。

返信する
かずのり

コメントありがとうございます。
アカウントはこれまでと同じものになります!

返信する

コメントを残す