【Android】Googleアシスタントを無効に!

Androidスマートフォンは「Googleアシスタント」が有効になっていると、ホームボタンを長押しした時にアシスタントアプリが起動して音声やキーボード入力による検索や様々な操作のほか、Googleレンズも使うことができる。

Googleアシスタントのスクリーンショット

Googleアシスタントは予定やタスクの登録など使いようによっては便利な機能だが、ホームボタンの操作時に不意に現れることも多く操作の邪魔になるので停止させる方法を調べた。

設定方法

最初に見つけたのはSoftBankのWebサイト。

まずはこの手順で操作してGoogleアシスタントをオフにしてみた。

設定から「Google」をタップ。

Google設定にフォーカスしたスクリーンショット

「検索、アシスタントと音声」をタップ。

Google設定の検索、アシスタントと音声にフォーカスしたスクリーンショット

「Google アシスタント」をタップ。

Google アシスタントにフォーカスしたスクリーンショット

「アシスタント」タブの「スマートフォン」をタップ。

Googleアシスタント設定内のアシスタントタブ、アシスタントデバイスにあるスマートフォンの項目にフォーカスしたスクリーンショット

「Google アシスタント」のスイッチボタンをタップ。

このデバイスのアシスタントの設定を調整しますの下にあるGoogle アシスタントのスイッチボタンにフォーカスしたスクリーンショット

これでGoogle アシスタントが無効になったはず。

Google アシスタントのスイッチボタンをオフにしたスクリーンショット

確認してみた

確認のため、ホームボタンを長押しすると...

設定前後比較のスクリーンショット。アシスタントをオンにするという吹き出しが現れるようになった。
左が設定前、右が設定後

Googleアシスタントを無効にしたのにまだ現れる。なかなかしぶとい。この設定だけではどうやらホームボタン長押しによる起動は停止できないようだ。

標準のアプリを設定する

ホームボタン長押しでGoogleアシスタントを出てこないようにするにはGalaxyでは「端末アシスタンスアプリ」Xperiaでは「アシストと音声入力」の設定を変更する。

設定の「アプリ」を開く。

設定のアプリ項目にフォーカスしたスクリーンショット

さらに設定ボタンをタップする。

アプリ設定の中にある設定ボタンにフォーカスしたスクリーンショット

「標準のアプリ」をタップする。

設定ボタンを押し、出てきたメニューの標準のアプリにフォーカスしたスクリーンショット

Galaxyの場合は「端末アシスタンスアプリ」Xperiaは「アシストと音声入力」をタップ。

GalaxyとXperiaの設定のスクリーンショット
GalaxyとXperiaで名称が違うようだ

「端末アシスタンスアプリ」もしくは「アシストアプリ」をタップする。

GalaxyとXperiaの設定のスクリーンショット

「なし」のラジオボタンにチェックすれば設定は完了。

端末アシスタンスアプリの設定のなしのラジオボタンにフォーカスしたスクリーンショット

これでホームボタンを長押ししてもGoogleアシスタントが出てくることはなくなる。

おわりに

以上の設定をおこなってからはホームボタンからGoogleアシスタントが起動することもなくなり快適だ。Googleアシスタントはあれば便利な機能なのだが、私はそこまで頻繁に使用することもなく操作の邪魔になっていたので出てこなくてすっきりとした。

また使いたくなったらスイッチをオンにすることで元に戻せる。

コメントを閉じる

コメントを残す