1.5Mbps使い放題2ヶ月無料!mineoパケット放題Plus

【セール】ゲオオンラインでセール!au Xperia 1 II SOG01を67,320円で購入

「ゲオオンラインストア」では定期的にセールがおこなわれており、スマホが安売りされている。

私がXperia 1 IIを購入した今回のセールでは2021年1月24日23:59までの開催だが、ゲオではときどきセールを実施しているので要チェック。

そんなゲオのセールで、たまたまXperia 1 IIか5 IIが欲しいな~なんて思っていたタイミングでau版Xperai 1 II 「SOG01」の中古が74,800円 → 67,320円の特売で販売されているのを発見!

新品価格なら余裕の10万円オーバーだが、ゲオなら安い!

私が今回購入したのはXperiaだが、もちろんiPhoneやGalaxyのほか、ゲームなどもお買い得価格になっているので要チェックだ。

au版Xperia 1 IIと5 IIがお買い得!

そろそろXperia 1 IIIも見えてくるころではあるが、Xperia 1 IIや5 IIはまだまだ最新機種。

1年を待たずして半額程度で購入できるようになってしまい、価値の下落が激しくなんとも複雑だ。

とはいえ、安く購入できるのは消費者にとってはありがたいが...。

Xperia 1 II SOG01

▼新品なら税込み価格133,600円のXperia 1 IIが、中古とはいえ驚きの価格に。

Image : ゲオモバイル

au製品ページ

Xperia 5 II SOG02

▼2020年10月発売のXperia 5 IIは新品価格109,425円。Xperia 1 IIの割引率で考えると少し割高だが、十分に安い。

Image : ゲオモバイル

au製品ページ

ドコモSIMで使える?

auモデルが割安だが、現在私はドコモSIMを使っているため、しっかりと使えるか確認しておく必要がある。

先代モデルである「Xperia 1」では、SIMロック解除にてドコモSIMを利用することができたので後継モデルであるSOG01も問題ないと思ったのだが、念のためTwitterをチェック。

Twitterでは5Gのテストをした人も

SOG01をドコモSIMで使っている人がいないか確認すると、以下のツイートを発見。

「はやぽん」氏のツイートによると、au版 Xperia 1 IIで5Gを掴むことができているようだ(しかもギガ越え)。

だたし、SOG01の対応バンドはn77とn78で、ドコモで使えるのはn78のみとなる。

5Gバンドを気にするならXperia 1 II SO-51AやXperia 5 II SO-52Aを選択しよう(ただしドコモ版は割高で、執筆時点の在庫なし)。

4Gも問題なさそう

4G SIMについても、問題なく使えたというツイートがあったので、ドコモSIMで使う分には問題なさそうだ(探したツイートは失念)。

auの対応バンド表にドコモSIMを使う時に無いと困るバンド19は非対応とあるが、バンドも26に対応していればバンド19を内包しているため、auスマホとドコモSIMとの相性はGood。

ただし、もちろん動作を保証するものでもないので、購入するのは自己責任でお願いしたい。

ゲオモバイルで買う前にチェックすること

ドコモSIMでも使えそうなことが分かり「ゲオで割安なau版Xperiaを購入するぞ!」と決めた。

しかし、ドコモSIMを利用するには、以下のことをしっかりとチェックしておかないといけない。

SIMロック解除をチェック

ドコモのSIMを使うには「SIMロック解除」が必須となる。

しかし「購入後101日目以降の端末」という条件と「ネットワーク利用制限中ではない」という条件を満たしている必要がある。

au端末は「SIMロック解除手続き」から、自身でSIMロックを解除することができる(有料で店舗でも可)。

※SIMロック解除は9:00~21:30しか受け付けしていないので注意。

▼SIMロック解除可能な端末であればIMEIという端末の固有番号を入力することでロック解除の申し込みができる。

上の画像にある画面に進めることができれば問題ないが、101日の条件をクリアしていなければロック解除の手続きに進むことはできず、いつ解除できるのか日付が表示される。

待機日数が残りがわずかなどで待てるならいいが、数か月ロック解除不能なものもあるので要チェック。

ロック解除できない場合は、いつからできるか教えてくれる

▼ゲオでは販売されていないが、ネットワーク利用制限中(判定×)の端末は「解除できない端末」と表示される。

赤ロムはロック解除できない

ネットワーク利用制限をチェック

中古端末には、分割支払金の残債がある状態(判定△)のものも多く流通しており、ゲオモバイルでも普通に販売されている。

前オーナーが支払いを滞らせると「ネットワーク利用制限(判定×)」となり、販売されたキャリアのネットワークでは使用できなくなる(auのスマホならauが使用不可になる)。

ゲオモバイルなら万が一、利用制限となった場合は返品することができるが、できれば利用制限のかかる恐れのあるものは避けたいもの。

auの照会ページでは、ゲオの販売ページにある「IMEI番号」で、現在の状態(〇, △, ×)をかんたんに調べられるのでチェックしておこう。

注文完了!遊ぶのが楽しみ。

SIMロック解除や判定をクリアする「au Xperia 1 II SOG01」を無事見つけることができ、注文完了!

また散財してしまった...

Xperia 1 IIは、独自のカメラアプリである「Photography Pro」で「リアルタイム瞳AF」や「秒間20コマの高速連写」、さまざまなマニュアル撮影など、本格的な撮影も可能で、カメラ機能が存分に楽しめそうだ。

また、SOG01は、1月19日にAndroid 11の配信も始まっており、アップデートによるHDMI入力などの機能追加も楽しめる。

このアップデートでは、Android 11への更新のほか、5G機能の強化も含まれているようだ(ドコモSIMに関係あるかはわからないが...)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。