Redmi Note 10 Pro セールは5月11日11時から!

Galaxy S21 Ultra Exynos版をETORENで予約しました!

2021年1月14日にGalaxyの新製品発表会があり、各種海外通販サイトにて、Galaxy S21シリーズの予約が始まった。

私は今回も、前回のS20シリーズと同じく「ETOREN(イートレン)」にて注文。

「Snapdragon 888」を搭載したモデルならETOREN以外でも取り扱いがあるのだが「Exynos 2100」を搭載したモデルはやや販売店が少ない。

ETORENならExynos 2100搭載モデルを予約受付しており、価格表記も輸入消費税込みで分かりやすく、慣れているのもあり今回も注文に至った。

https://i1.wp.com/mobile9.jp.net/wp-content/uploads/2020/10/wp-1601646556672.png?w=880&ssl=1かずのり

執筆者のかずのり(mobile9_jpnet)です!

またまたGalaxyで散財しました^^;

モデルはSM-G998B 12 / 256GBに決定

Galaxy S21 Ultraにはいくつかモデルがあり、SoCやメモリ、ストレージ容量が異なっている。

どうしてもExynos 2100がほしい!

日本モデルはSoCにSnapdragonを搭載したモデルが販売されるのがこれまでの流れで、S21でも同じになると思われる。

海外版では、ヨーロッパで販売されるモデルとアジアなどで販売されるモデルでは搭載されるSoCが異なっているのが海外版Galaxyの特徴。

ExynosとSnapdragonのモデルを比較すると、ここ最近はSnapdragonがハイパフォーマンスで省電力となっており、Exynos搭載のGalaxyは「ハズレモデル」との意見もある。

前回購入したS20 UltraはExynosモデルで、Snapdragon 865を搭載したモデルに性能が劣るのはもちろん、5G接続すらできないというおまけつき。

このことから、よほどの好条件で手に入ったり、なにか特別な理由がなければSnapdragon搭載モデルを選択すべきなのだが、Exynosのワクワクを味わえるのは先行して販売されるSシリーズのみ。

後から販売されるNoteシリーズなどでは、やや感動が薄れてしまうのだ。(なのでNoteなどは大体普通にSnapdragon版を購入)

Exynos 2100を体験したいというのもあるが、手元にあるSM-G988BのExynos 990と比較してみたいというのも大きな理由の一つだ。

Exynos 990のGalaxy S20 Ultra

というわけで、どうしても(ハズレの)Exynos体験すべく、SM-G9980ではなくSM-G998Bを予約した。

ストレージとメモリで少し迷った

ETORENでは、G998B、G9990共にメモリとストレージが以下のようになっているものがあった。

S21 Ultra メモリとストレージの組み合わせ
  • メモリ12GB、ストレージ256GB
  • メモリ16GB、ストレージ512GB

Galaxy S21 UltraにはmicroSDカードを挿入することはできないとのことなので、ストレージはできれば大きいほうがいい。

価格は154,700円と174,700円で、価格差は20,000円となっている。

個人的には256GBのストレージとメモリ4GBの増量に2万円というのがなかなか微妙なラインではあったが、容量は節約すれば何とかなるので12GB / 256GBに決定。

メモリは、私の使い方では16GBも必要ないので12GB十分だと判断した。

もちろん、後から変更することはできないので、自身の使い方を考えてよく検討する必要がある。

よく分からず購入して後悔するくらいなら、大きいほうを選んだほうがいいだろう。

予約完了!

SoCとストレージ、カラーはファントムブラック一択!てなわけで、Galaxy S21 Ultra SM-G988B 12 / 256GBを予約完了。

送料を合わせた購入金額は156,573円となった。

https://i2.wp.com/mobile9.jp.net/wp-content/uploads/2021/01/wp-1611303954576.png?w=880&ssl=1かずのり

Galaxy S21 Ultra高~い!

進化を感じられるか?

Galaxy S20 Ultraのカメラでは、限られたボディに高倍率の光学ズームを搭載する「ペリスコープ」を初体験。

ディスプレイは120Hzのリフレッシュレートに対応し、これまでの60Hzとは大きく異なる滑らかな動きも体験できた。

Galaxy S21 Ultraでの大きな変化はデザインとカメラ。

デザインの進化

▼S20 Ultraではかなり起伏の大きい形状だったが、S21ではかなり抑えられているように見える。

Image : Galaxy

▼側面と一体になったり、擦り付けによって軽減されているように見えるのかもしれないが...。

Image : Galaxy

既にYouTubeなどでは、実機レビューがあったりするが、実際に自分が触れて見ないことには感触が分からない部分。

S20 Ultraと比較して、実物のデザインや質感、感触がどのように違うのか体験するのか楽しみだ。

カメラの進化

▼望遠カメラは10MPのものが2つ。3右の小さいのが3倍、下がペリスコープの10倍。

Image : Galaxy

10倍の望遠カメラと広角と望遠の間に中望遠という構成は、S20 Ultraから進化しているのだが、Xiaomiの「Mi 10 Ultra」で体験したのでやや感動が薄いかもしれない。

しかし、S21 Ultraは「スーパーレゾリューションAI」によって画像処理が進化し、デジタルズームでも輪郭がハッキリとした望遠撮影がおこなえるとのことなので、このあたりは期待だ。

S20 UltraとS21 Ultraの100倍で撮ったときにどの程度画質の違いが出るだろうか。

https://i1.wp.com/mobile9.jp.net/wp-content/uploads/2020/10/wp-1601646556672.png?w=880&ssl=1かずのり

なんだかんだ言って、新しいモデルはやっぱり楽しみです!

Galaxy S21シリーズはどこで買うのがいい?

Expansysが安かった...

▼ETOREN1月22日時点価格

Image : ETOREN

▼Expansysの1月22日時点価格

Image : Expansys

Expansysでは、本体価格の60%と送料の合計に8%の輸入消費税がかかる。

しかし、Galaxy S21 Utraの12GB/256GBなら、輸入消費税や送料を合わせても約14万円と言ったところだろう。

16GB/512GBモデルであれば、およそ15万円だ。

https://i2.wp.com/mobile9.jp.net/wp-content/uploads/2021/01/wp-1611303954576.png?w=880&ssl=1かずのり

Snapdragon 888搭載モデルをExpansysで買うのがいいと思います...

前回はS20シリーズをすべて購入し試した。

今回は最もサイズの大きいUltraのみを購入したが、前回の例に倣うなら、最も万人におすすめなのは、価格とサイズ、性能のバランスが取れたS21+。

カメラとペンにこだわるならUltra、サイズ感重視ならS21だが、普通にS21+が間違いなさそうだ。

無難に行くならGalaxy S21+ SM-G9960を、Expansysで購入というコースだろう。

購入先リンク

Galaxy S21シリーズをチェック!
https://i1.wp.com/mobile9.jp.net/wp-content/uploads/2020/10/wp-1601646556672.png?w=880&ssl=1かずのり

届いたらレビューなど公開しようかと思います!

コメントを残す