Galaxy Note9 × HP Note Dock(LapDock)のDeXモードを使いやすくする

以前Galaxy Note9でいろんな機器を試したときに記事にしたHP Note Dock(LapDock)。

使いやすく環境を整えるためにいろいろとやってみた。

DeXを知らない人向けに簡単に解説すると、DeXモードに対応したGalaxyとモニターを接続することでPCのようなマルチウインドウや、マウス、キーボードによる操作が快適におこなえるもの。

さらに、Linux on DeXを使えばUbuntuをつかうことでき、プログラミングなども可能だ。

マウスがあれば使いやすい

トラックパッドはきちんと動作するのだが、やはりマウスがほしいところ。マウスはマイクロソフトのDesigner Bluetooth Mouse。

Note Dockともお揃いのマットブラックなのと、シンプル、コンパクトなのがお気に入りだ。クリック音も小さいので静かな場所でも使える。

Amazonではモデルチェンジのためか、ホイールがシルバーのものが販売されていた。

長いケーブルとNote9本体が邪魔

ケーブル

まずはケーブルを変更した。もともとのケーブルはかなり長いものだったので短いものを用意した。これによりスマートな取り回しとなった。

本体

次に邪魔な本体をどうするか。

検討の末、サンワサプライのスマホホルダーで固定することにした。この他にも別のホルダーを試したがうまくいかず、このホルダーにたどり着いた。

重くてモニターが倒れてくるがかなり使いやすくなった

この商品は「ZCR-LASP1BK」という型番のものだが、既に廃盤となっているようだ。私が購入したアウトレット品も在庫がなくなっていた。

他に使えそうな商品はこのあたりだろうか。

ケーブル干渉回避

このホルダーをつけると問題なのがUSBの差込口で、まっすぐのままだとデスクに干渉し、取り付けることができない。

そこで、USBの向きを変えてくれるL型のアダプターを用意し、本体側の差込口に装着することで回避している。

Google日本語入力

標準のGalaxyキーボードだと日本語キーボードレイアウトが選択できず使いづらいので、Google日本語入力をインストールし、レイアウトを日本語に変更。これで全角/半角キーも使用できる。ただし、変換候補はGalaxy Note9本体側に表示されてしまう。

これもホルダーを使うことで変換候補を確認しやすくなった。

Note9側に変換候補が表示されるが日本語キーボードを選択できる

2画面

そして、ぜひやっておきたい設定が以下。有効にすることでDeXとNote9のモニターを行き来できるようになる。PCのデュアルモニターのような感じだ。

設定メニュー→Samusun DeX→マウス/トラックパッドにある「ポインターを端末の画面に移動」をクリック。

そして「モニターの左側から」を選択してチェックをONにする。

これで設定は完了。

Note9とNote Dockのモニターをマウスポインターが行き来できるようになり、両方が操作可能だ。

おわりに

少々癖のあるDeXだが、これで少しは使いやすくなった。これからもブログ執筆に活躍してもらいたいと思う。

【Galaxy Note9】SM-N960F/D(SIMフリー,Exynos,デュアルSIM) SM-N9600(SIMフリー,Snapdragon,デュアルSIM) Galaxy S10 Galaxy S10+
コメントを閉じる

コメントを残す