Galaxy Note3 アルミバンパー G.Lider Razerを購入

2015年2月9日GalaxyGalaxy Note3, スマホケース

カドの塗装が剥げたGalaxy Note3

ご覧の通り、角部分の塗装が摩擦などで剥がれ落ちてしまった。しばらく裸運用しいたのだが、ポケット内の摩擦でいつの間にかこの様な状態となっていた。

Galaxy Note3のサイド部分はメッキ塗装になっているため、塗装の耐久性が低くケースなどで保護してやる必要がある。

Galaxy Note3の状態

左上部分。ボリュームボタンは塗装ではないため剥がれはないが、他はひどい状態だ。

本体右下。四隅共、削れて汚い。

Galaxy Note4では、サイドがアルミ製となりこのようなことは無いのだろうが、Galaxy Note3はサイドパーツが脆い。ケースで隠したいが出来るだけ裸運用に近い形で使いたいので、バンパータイプのケースを探すことにした。

バンパータイプなら本体の薄さはそのままに、サイドのハゲを隠すことができるだろう。

かっこいいケースがなかなかない!

Googleで「Note3 バンパー」などのキーワードで検索するも、なかなか目当ての物には出会えず。画像検索でもなかなか良いデザインのものがヒットしなかったり、値段が高すぎたりだ。

なかなかみつからず苦戦したが、ようやく楽天のとあるショップで販売しているのを発見することができた。

中国のAlixpressでは安く購入可能だが、チャイナポストでの発送だと時間が掛かる、EMSやDHLだと早いが、送料を含めた値段が楽天で買うのと変わらない。何かあった時の対応や、ポイントが使用できる点なども踏まえ、楽天で購入した方が良いと判断した。

※後の画像でもあるが、楽天で販売されていたものは日本仕様であるワンセグのポートも確認できた。海外サイトで同製品を購入した場合、ワンセグのポートは空いていないと思われる。

購入したバンパーケースが届いた!開封する。

商品はポスパケットで届いた。受け取りサインが必要なく、不在時でもポスト投函なので再配達の心配もない。早速開封、装着する。

何を買っても一番テンションが上がる瞬間。

パッケージ全面。「ドライバーが入ってます」のマークらしきものがある。

裏面。QRコードは読み取るとメーカーサイトが表示された。

取り出し。早く装着したい!

バンパーケースの外観

本体とドライバーのシンプルな構成。カッコイイ!

バンパー下部。

左からマイク、USB接続部、スピーカー、Sペンと開口部が並ぶ。Sペン部は取り出しやすいように切り欠いてある。

サイド部。ここのネジを外して取り付けする。

上部にワンセグアンテナのポートがしっかり空いていることを確認。

ボリュームボタン付近。美しいデザインに惚れ惚れする。イヤホンジャック、マイク、赤外線通信部のポートが確認できる。

ボリュームボタン近接。とてもきれいだ。

下部左側にはストラップホールも備えられる。

付属のドライバーまでアルミ削り出しで良い質感。

P1020937

蓋を外すとこのようになっている。蓋はネジ式。

P1020938

蓋部分には予備のネジがあった。細かい配慮に驚きだ。

取り付けする!

ねじを外して分離

バンパーを取り付けする。ネジを二つ取り外して分離する。

本体に取り付け

本体にスライドさせてはめ込む。

はめ込んだらネジを締める。

取り付け後の外観

完成!思惑どおり汚い傷もすっぽりと覆われ隠すことができた。とても美しいデザインで大満足。

Sペンの抜き差しやUSBの接続も問題なく行えることを確認。

ワンセグアンテナを引き出せるか確認してみよう。

問題なくアンテナを伸ばせることを確認。

いつまでも触っていたくなるような美しさ。

汚くなった角もきれいに隠れた。素晴らしい。

まとめ

  • スリムであり持った感触が良く、バンパータイプなので本体の薄さを損なわない。
  • 傷がすっぽりと覆われ外観がとても美しくなり保護もできる。
  • バンパー自体のデザインもとても良くアルミ製で耐久性も期待できそう。(今回はブラックを選択したが、シルバーなら塗装部分も含め長持ちしそうだ。)
  • ストラップホールがあるのでリングなどが取り付け可能。
  • ワンセグアンテナを取り出す為のホールがちゃんと空いている。
  • 安くはないが、質感を含め良い価格と言える。

以上、大変満足のいく買い物であった。

手帳タイプのカバーを検討している方は以前に書いたGalaxy Note3アクセサリの記事を参考にしてもらいたい。