【Galaxy Note10+】楽天モバイル版SM-N975Cのスペック

12月3日に楽天モバイルから発売されるGalaxy Note10+ SM-N975Cのスペックが公式サイトで公開された。基本情報をサクッと読めるようにまとめた。

▼2020年6月30日 アップデート発表

⬇️楽天モバイルをチェック!⬇️

Galaxy Note10+ 楽天モバイル版のSM-N975Cのスペック

Galaxy Note10+ SM-N975Cの販売価格

音声SIMでの申し込みの場合、店頭での販売価格は割高となっておりWeb申込が安い。楽天カード以外で分割払いの場合、楽天カード以外は手数料がかかるので注意。

分割回数は24回払いとなる。

※発売時点価格

Web申込新規

通話SIM一括 117,800円(税込)
分割 4,908円/月(税込)
データSIM一括 126,800円(税込)
分割 5,283円/月(税込)

Web申込機種変更

通話SIM
データSIM
一括 120,459円(税込)
分割 5.019円/月(税込)

店頭申込

通話SIM
データSIM
一括 126,800円(税込)
分割 5,283円/月(税込)

手数料について

分割払いのお支払い総額は、税別においては一括払いと同額です。1回あたりのお支払い金額は、購入製品の税込価格から楽天スーパーポイントによるお支払い額を差し引いた金額を24回で分割した金額となります。また端数は切り捨てし初回のお支払い額に加算されます。分割払いは楽天カード、VISAカード、MASTERカードにてご利用いただけます。分割払い手数料はお客様のご負担となります。

ご利用いただくクレジットカードにより分割手数料がかわります。楽天カードの場合:分割払い手数料はかかりません。VISAカード、MASTERカードの場合:お手持ちのカードにより、それぞれ分割払い手数料が異なります。詳しくはクレジットカード会社にご確認ください。

楽天モバイル

Galaxy Note10+ SM-N975Cの基本情報

型番SM-N975C
OSAndroid9
SoCSnapdragon 855
RAM12GB
ストレージ容量256GB
重さ196g
高さ162.3mm
77.2mm
厚み7.9mm
画面サイズ6.39インチ
解像度1440x3040
画面密度498ppi
バッテリー容量4,300mAh
充電能力有線 45W
無線 15W
Wi-Fi802.11a, b, g, n, r, ac, ax
Bluetooth5.0
防水
デュアルSIM×
シムフリー
FeliCa
SDカードスロット
フルセグ/ワンセグ×/×
イヤホンジャック×
セキュリティ画面内指紋認証
顔認証
カラーオーラグロー
オーラブラック

カメラ

超広角16MP
ƒ2.2
広角12MP
ƒ1.5/2.4(自動切替)
望遠12MP
ƒ2.1
ズーム光学2倍
デジタル10倍
デプス(深度)カメラあり
フロントカメラ10MP
ƒ2.2

Galaxy Note10+ SM-N975Cの対応バンド

表記

  • D(docomo)
  • A(au)
  • S(SoftBank)
  • R(Rakuten)
Rakuten
SM-N975C
BAND 1
(2100)
(D・A・S)
対応
BAND 3
(1800)
(D・S・R)
対応
BAND 8
(900)
(S)
-
BAND 18/26
(800)
(A・R)
対応
BAND 19
(800)
(D)
対応
BAND 21
(1500)
(D)
対応
BAND 28
(700)
(D・A・S)
対応
BAND 41
(2500)
(A・S)
対応
BAND 42
(3500)
(D・A・S)
対応

各キャリアのLTEバンド重要度

バンド重要度
  • ◎ : 重要
  • ○ : できれば欲しい
  • △ : あればいいがなくてもOK
docomoauSoftBankRakuten
Band 1
(2.0GHz)
-
Band 3
(1800MHz)
-
Band 8
(900MHz)
---
Band 18/26
(800MHz)
--
Band 19
(800MHz)
---
Band 21
(1.5GHz)
---
Band 28
(700MHz)
-
Band 41
(2.5GHz)
--
Band 42
(3.5GHz)
-

Galaxy Note10+ その他モデルの対応バンドは下記

VoLTE対応キャリア

Rakuten
docomo
au
SoftBank×

参考サイト

おわりに

公開された情報ではdocomoやauと基本的なスペックは変わらないがAndroidのバージョンが10となっている。(公式でAndroid9の記載)また、docomo, auと違い最初からシムフリー版となるようだが、デュアルSIMには対応していないようだ。

FeliCaについてはNFC TypeFの記載がなく、執筆時点では不明。確認が取れれば追記しようと思う。 公式で対応の記載あり。

対応バンドに関しては、8番が使えないのでSoftBankの回線は少し苦手となる。グローバル版と違い、日本で発売されるモデルは他キャリアのバンドを使えないようにしている。

SIMフリーであっても、対応していないバンドの電波自体を拾わないので注意が必要だ。他のモデルのバンドも公開しているのでよければ参考にしていただきたい。

情報を掲載してくれた5ch Galaxy Note10スレッド Part10の893氏に感謝。

楽天モバイル版Galaxy S10については以下。

Galaxy関連記事

Galaxy実機レビュー

Galaxy Tips

カメラの使い方

Wi-Fi & Bluetoothの使い方

テザリングの使い方

データ移行 & 初期化の方法

設定関連

GalaxyをPCにする「DeX」

Galaxyに便利機能を追加する「Good Lock & Galaxy Labs」

手書きスマホ「Galaxy Note10」関連

Galaxy Note10のカメラ

Sペン

Galaxy Note9とNote10を比較

iPhone 11 ProとGalaxy Note10を比較

Xiaomi Mi 9T ProとGalaxy Note10を比較

Galaxy Note10の価格情報

モバイルバッテリー&充電器

Galaxy Note10ケース

Galaxy Note10フィルム

コメントを閉じる

2 COMMENTS

Shimo


auのバンドに対応しているということはuqモバイルでも問題なく使えるということでいいんでしょうか

返信する
かずのり


Shimoさんコメントありがとうございます。

UQモバイルSIMでの使用も問題ないと思いますが、実際のところは試してみないとわからないです。
UQモバイル対応機種一覧にはdocomoのGalaxy Note10+の情報しかないですね。

あと、SM-N975Cでは複数のバンドを束ねて高速通信をおこなうCA(キャリア・アグリゲーション)が無効化されているようです。
CAがなくても、普通の使い方なら困ることはないと思いますけどね。

CAを有効にするには「QPTS」というツールを使って内部のデータを書き換える必要がありますが、データ破損などのリスクもあります。

下記は5chからの引用です。

———————————————————————
楽天版のCA使用法
① Diagモード(*#0808# > RNDIS + DM + MODEM )にする。
② QPSTをつなぐ(PCへUSB接続してQPSTでDiagポートを開く)
③ [Start Clients]→[EFS Explorer]を開く
④ item_files/modem/lte/common/ca_disable を削除
QPSTの導入方法などはネットを調べれば出てくると思います。

ちなみに対応バンドも物理的に消してるわけじゃないのでDiagモードでグロ版と同じに全解放出来るからソフバン回線の人はそれでバンド8対応可能
———————————————————————

近くに楽天版を試せる場所があれば、試してから購入するのが間違いないです。
あるいは、au版を試してイオシスなどでSCV45を狙うのも。
将来docomo系格安SIMへのMNPを見越してBand19がほしいということであれば楽天版ですけどね。

Galaxy Note10を選ぶ際は下記問題のいずれかを我慢、もしくはクリアする必要があります。

・楽天版でデュアルSIM, バンド8, CAなし
・au版でデュアルSIM, バンド8, 19, 21なし
・docomo版でデュアルSIM, バンド8, 18なし
・グロ版でバンド21, 42, おサイフ, 技適なし
・国内版をカスタムしてバンド, CA開放(非推奨)

Galaxy Note10は本当にいい機種です。
Shimoさんにもぜひ楽しんでほしいと思います。

返信する

コメントを残す