【Galaxy Note10】sideActionsでボタンをカスタム!

以前のGalaxyでは「bxActions」を使ってBixbyキーをカスタマイズして便利に使っていたが、Galaxy Note10になり、Bixby専用ボタンは廃止され、電源ボタンと一つになった。

その結果、bxActionsは使用できなくなり、代わりに「Power Button Remapper for Note10 - sideActions」が登場。Galaxy Note10ではこちらのアプリで電源/Bixbyボタンのカスタマイズができるようなので試してみた。

sideActionsのダウンロードと初期設定

ダウンロード

アプリのダウンロードは以下から。

初期設定

アプリをダウロードしてインストールが済んだらアプリケーションを起動。NEXTをタップする。

×印の付いているところは設定未完了なのでそれぞれタップして指示通りに設定する。

タップして設定しようとすると、上2つはとてもわかりやすい動画で指示してくれる。指示の通りにやっていけば大丈夫。

3つ目の設定ではサイドキーの設定を2回押し、長押しどちらもBixbyを起動に設定する。Bixbyの起動に反応してsideActionsは動作しているのだろう。

4つめのSetup Bixbiという項目については「セットアップしておかないとうまく動作しない場合がある」とのことらしい。日本では「おま国」が発生してしまい、Bixbyの設定ができないのでDONE!をタップしてとりあえず先に進む。

sideActionsの設定

まずはパワーボタン、ボリュームボタンを使えるようにスイッチを有効にする。

パワーボタン

課金していない状態で使えるのは2回押しの動作のみ。340円の課金でコーヒーマークのついた機能が解放される。シングルプレスの書き換えはできないようだ。

設定可能な項目

設定できるのは以下で項目がとても多い。

個人的に使えそうだと思ったのは

  • ホーム
  • 戻る
  • スクリーンショット
  • Googleアシスタントの起動
  • マナーモードの切り替え
  • 通知パネル展開
  • 自動回転オン/オフ
  • フルスクリーンオン/オフ

などの機能。イナズマのマークはPCと接続して設定を済ませれば使用可能。

ボリュームボタン

ボリュームボタンのコントロールは課金していない状態だとシングルプレスのみで、ボリュームアップとダウンが画面オン時とオフ時で設定可能だった。

個人的にはシングルプレスを変更するのは使いにくいように思うので長押しや2回押しを使えるようにしたいところ。

設定できる項目は電源ボタンとほぼ一緒

ボリュームボタンと電源ボタンで設定できる項目の違いはBixbyの無効がないのと、最後に使ったアプリに戻る「Jump to last app」の違いだけだった。

動作させてみた

まずは2回押しでホームに割り当てたところきちんと動作することを確認。電源ボタンを2回連続で押すとホームに戻ることができた。戻るに割り当ても問題なく動作した。

2回押しに標準のサイドキー設定でも起動できる「カメラを起動」に設定すると、標準機能ではロック画面でもカメラが起動するが、sideActionsの機能ではロック画面では起動できないこともわかった。

また、動作時にBixbyが一瞬起動する。PCに接続しておこなう設定を済ませれば解消されるだろう。

下の画像、下部の説明に解消される項目が書いてあるので試してみたい。

おわりに

今回の記事ではインストールや初期設定、設定できる項目の確認や動作の確認をおこなった。

次回はPCへの接続や課金機能の解放などを試してみたいと思う。

Galaxy関連記事

Galaxy実機レビュー

Galaxy Tips

カメラの使い方

Wi-Fi & Bluetoothの使い方

テザリングの使い方

データ移行 & 初期化の方法

設定関連

GalaxyをPCにする「DeX」

Galaxyに便利機能を追加する「Good Lock & Galaxy Labs」

手書きスマホ「Galaxy Note10」関連

Galaxy Note10のカメラ

Sペン

Galaxy Note9とNote10を比較

iPhone 11 ProとGalaxy Note10を比較

Xiaomi Mi 9T ProとGalaxy Note10を比較

Galaxy Note10の価格情報

モバイルバッテリー&充電器

Galaxy Note10ケース

Galaxy Note10フィルム

コメントを閉じる

コメントを残す