【Galaxy】Galaxy Note10, 10+はどっちを選べばいい?何が違うのか?Note9との比較もしながら検討

2019年8月12日Android, Galaxy, Galaxy Note10, Galaxy Note9, 新製品

Note10, 10+とタイトルの画像

8月7日にUnpackdで発表されたGalaxy Note10, 10+。グローバル版は8月23日に発売予定。日本版は未定だが、Note8とNote9は10月に発売された。

Note10か10+を買おうとは決めたのだが、どちらにするかかなり迷った。2つのNote10とこれまで使っていたNote9を私なりに比較してみた。

Galaxy Note10, 10+、Note9との比較

基本性能

まずは数字的な違いからみていこうと思う。

Note9Note10Note10+
プロセッサSnapdoragon845
Exynos9810
Snapdoragon855
Exynos9825
Snapdoragon855
Exynos9825
RAM6GB
8GB
8GB
12GB(5Gモデル)
12GB
ストレージ容量128GB
512GB
256GB256GB
512GB
UFS2.13.03.0
重さ201g168g196g
高さ161.9mm151mm162.3mm
76.4mm71.8mm77.2mm
厚み8.8mm7.9mm7.9mm
画面サイズ6.4インチ6.3インチ6.8インチ
解像度2,960×1,4402,280×1,0803,040×1,440
画面密度516ppi401ppi498ppi
バッテリー容量4,000mAh3,500mAh4,300mAh

プロセッサとRAM

プロセッサはゲームなどをする人ならばこだわりたい部分。一般的にはSnapdoragonがゲームに向いていると言われている。ExynosよりSnapdragonの方がフレームレートがいいとか、ベンチが伸びる、バッテリーが長持ちすると言われているが、Exynosでも十分な高性能なのでゲーマーやSnapdragonじゃないと死ぬという人以外はExynosでOK。この部分はNote10, 10+共通だ。

Note10+のRAMの最大12GBは普段使いでも余裕が生まれそうだ。特にゲームなど、大量にRAMを消費するアプリを使用する場合は大容量のRAMを選択したい。大多数の人は8GBでも問題ないが、できればRAMは大きい方がいい。

ストレージはUFS3.0に対応

ストレージは256GBからなのはありがたい。ほとんどの場合、動画やアプリの保存も余裕だろう。私はGalaxy Note9で128GBストレージに128GBのmicroSDカードを入れていたので同容量で使用でき、また、現状でも余裕があるため256GBで全く問題ない。

UFSは2.1から3.0になったことでデータの読み書き速度が理論上、倍の速度となり、データを処理する際にかかる時間が減ることで省電力や低発熱が期待できる。

機種は違うが、OnePlus 7のUFS3.0におけるPCMark for Androidでのスコアは12,879だそうだ。

私が実際にUFS2.1のGalaxy Note9で計測した結果は5,732となった。スコアだけで見るとUFS2.1と3.0では倍以上の性能差がある。大きなファイルをストレージ内でやりとりするなどをしない限り普段の使用で体感するのは難しいかもしれないが、性能の向上は喜ばしいことだ。

ベンチマークスコア5732

追記 : Galaxy Note10でUFS3.0のベンチマークおよびアプリの起動比較をおこなった記事を書いたのであわせてご覧いただきたい。ストレージスコアは驚きの結果となっている。

また、Ice universe氏が先ほどのOnePlus 7 ProをNote10のUFS3.0が上回る性能だとツイートしていた。

寸法と重量

Note10の重さ168gはかなり軽量で、妻に持たせているXperia XZ2 Compactとちょうど同じ重量で驚いた。ちなみにGalaxy Note7はサイズが153.5mm×73.9mm×7.9mm、重さ169gだったので、Galaxy Note10はNote8以降で大きくなったボディを以前の寸法に戻したような感じだ。Note10+はNote9と比較して縦と横の寸法がわずかに増えたが、Note10と同じ7.9mmに収まっているのがすごいところ。Galaxy S10, S10+が7.8mmなのでほぼ同等の感触となりそうだ。

Note9からの変更となると重さやサイズ感はNote10+が近い感触となり、Note10にするとかなり軽量でコンパクトな感覚となりそうだ。

画面サイズと解像度

画面サイズが6.8インチになるとペンでメモを取るのもやりやすくなりそうだ。逆にNote10は画面サイズは小さいものの、Note9とほぼ変わらず、Note10のボディサイズならポケットからの出し入れが容易になり、メモとりや写真撮影が手軽にできるのではと考える。

解像度もスペックだけを見るNote10が低下しているように思うのだが、Note9のデフォルト解像度はFHD+の2,220×1080となっている。この解像度で使っていても私は不満に思うことはないので、Note10の2,280×1,080で画質が悪いと感じる可能性は低いのではないかと思う。

FHD+の解像度設定のスクリーンショット
Note9の解像度デフォルト設定

バッテリー容量

Note10と10+ではバッテリー容量の差が大きく、800mAhもの開きがある。これは本体サイズも大きく違うので仕方のないことだが、長時間充電をせず使用できるのはNote10+となる。Galaxy S10の3,300mAhとS10+の4,000mAhでも「バッテリーの持ちが結構違う」という意見をちらほら見かけるので、Note10と10+の800mAh差による影響は大きいだろう。

また、Note9とボディサイズが大きく変わらず、厚みが1mm近く薄くなり、重さが5g軽くなったNote10+ではバッテリー容量がNote9と比較して300mAhもの容量増加がなされていることに驚く。

カメラ

次に比較するのがカメラ。よく使う機能なのでしっかりと確認しておきたい箇所だ。

Note9Note10Note10+
超広角なし16MP
F2.2
16MP
F2.2
広角12MP
F1.4/2.4
12MP
F1.4/2.4
12MP
F1.4/2.4
望遠12MP
F2.4
12MP
F2.1
12MP
F2.1
デプス(深度)カメラなしなしあり
フロントカメラ8MP
F1.7
10MP
F2.2
10MP
F2.2

スマートフォンではスクロールできます

超広角レンズに対応

Note10, 10+ではS10, 10+でも搭載された超広角レンズを搭載し、より広範囲の撮影をできるようになった。私も実際にS10の超広角レンズによる撮影を確認したが、対象物と同じ距離でも、より広い範囲を写真に収めることが可能だった。

超広角レンズがあれば後ろに下がることなく広い範囲を写せるということなので、狭い空間で後ろに下がることができないが広く写したいなど、シーンによっては便利に使える。この超広角レンズがGalaxy Noteでも使えるようになることは喜ばしい。

望遠レンズ、フロントカメラの絞り値が変更に

望遠レンズはNote9と比較すると絞り値が小さくなっており、よりボケが強調され、明るい写真が取れるようになりそうだ。花や人物などの撮影ではボケを強調することが多く、これらの撮影に有利に働いでくれるだろう。

フロントカメラは10MPになり、F値は2.2となった。Note9よりF値が大きくなったことでフロントカメラではより背景が鮮明に映るようになると考えられる。

カメラの評価についてはDxOMarkで高い評価を受けている。

カメラの絞り値については以下の記事が参考になった。

Note10+の目玉機能、デプスビジョンカメラ

カメラ部分におけるNote10とNote10+の違いはデプス(深度)ビジョンカメラの有無。物体を3Dで取り込み大きさの計測をしたり、3Dスキャナーにより物体をアニメーションGIFに変換したりすることができる。

クイック測定の画面
公式サイトより
3Dスキャナの画面
公式サイトより

3Dスキャン機能により人形を取り込みしたところ。物体は3Dで取り込まれ、360°回転させることができる。

デプスビジョンカメラで人形の取り込みをした画像
Unpackdより

さらに、取り込みした人形をカメラ映った人間と同じ動作をさせて楽しむことができる。

取り込みした人形が人に合わせて踊る画像
Unpackdより

デプスビジョンカメラがあれば上記のようなことが可能で、これはGalaxy Note10+だけの機能となる。

インターフェースその他

Note9Note10Note10+
急速充電15W25W45W
ワイヤレス充電9W12W15W
microSDカード対応最大512GBなし最大1TB
3.5mmヘッドホンジャックありなしなし
顔認証ありありあり
虹彩認証ありなしなし
指紋認証ありありあり
Sペンモーションジェスチャーなしありあり

スマートフォンではスクロールできます

スポンサー

急速充電

まずは充電速度だが、これは圧倒的にNote10+が早い。PD対応充電器でも早い、ワイヤレスでもNote9と同程度のスピードで充電可能だ。Note10も25Wながら高速化されているのも見逃せない。充電速度もバッテリー容量もNote10+の圧勝だ。

ただ、ちょくちょくバッテリーを充電するような使い方だと急速充電の恩恵があるが、充電器に挿して寝るような使い方の場合はあまり気にしなくてもいい。

SDカード、イヤホンジャック

Note10+のmicroSD対応容量は1TBとなり、Note9の倍の容量となった。Note10に関してはmicroSDの対応自体がなくなってしまい残念ではあるが、ストレージ容量が256GBになったことで無いなら無いでなんとかなりそうかとも思う。私は今までSDカードを写真と動画の保存先としていたが、Google Photoを使うようになって全てクラウドにバックアップされている。

Noto10のSDカードと、もう一つなくなってしまったのがヘッドホンジャック。これはNote10+も廃止になり、直接イヤホンを挿すことはできなくなってしまった。これからは他機種やiPhoneのように端子部を変換するアダプタやBluetoothを利用する必要がある。有線派には少々面倒だが時代の流れと受け止めるしかなさそうだ。

Type-C to 3.5mm
公式サイトより

顔、虹彩、指紋認証

セキュリティに関しては虹彩認証がなくなってしまったことでS10, S10+同様、Note10,10+は顔認証と画面内指紋認証のみとなる。顔認証だと顔写真で認証を突破できるケースがあるなど、簡易的なロックとしてしか機能しない点には注意が必要だ。指紋認証は、これもS10, 10+同様、画面内指紋認証になっており、S10, 10+ユーザーは読み取り精度が悪いととのことで少々心配。アップデートや設定で改善されたという意見もあったので実際のところは使って見ないとわからない。

顔認証を突破できるか

Sペン モーションジェスチャー

SペンモーションジェスチャーはNote10, 10+両方で使用可能。以下はUnpackdで紹介されたモーションジェスチャーによるカメラの切り替え機能の様子で、最初はフロントカメラが動作しているがSペンを上に振ると…

Sペンでジェスチャーする画像
Unpackdより

リアカメラに切り替わった。Note9ではSペンのボタンを2回押しで切り替えたが、Note10, 10+ではこのようなことができるようになり、Sペンの可能性がまた広がっている。

Sペンでジェスチャーごカメラが切り替わった画像
Unpackdより

価格

Note10とNote10+の価格の画像
Note9Note10Note10+
通常版$999.99~$949~$1,099~
5G$1,049~$1,299~

スマートフォンではスクロールできます

発表時の価格はNote10が$949、Note10+が$1,099となっており価格差は$150(約15,800円、執筆時点)となる。価格は年々上がっており、Note8は$929.99、Note9の$999.99、そしてNote10+の$1,099となった。

動画でも観てみよう

Galaxy Note10, 10+、そしてGalaxy Note9を比較。新機能も紹介されている。それぞれの大きさの違いがよくわかるだろう。

Note10と10+どちらを買うべきか?

Note10とNote10+の価格と考える人の画像画像

ここまでで私の思う両者のいいところをあげてみよう。両端末のいいところを比較して自分に合っている方を選べばいい。

Galaxy Note10のいいところ

  • Note9と比較してかなり軽量、コンパクトになった
  • 軽量、コンパクトなのにSペンが使える
  • 本体サイズが小さいので操作がラク
  • 基本的な処理能力とカメラ(デプス以外)はNote10+と変わらず使える
  • Note10+より安い($150)

Galaxy Note10+のいいところ

  • Note9と変わらないサイズで6.8インチの大画面
  • 4300mAh大容量バッテリーと45W高速充電
  • 標準モデルでも12GB RAMを搭載
  • デプスビジョンカメラで遊べる
  • SDカード対応

Note10+が優勢か?しかし…

$150という価格差でこの機能差ならNote10+を選ぶ人が多そうだ。逆にNote10+のいいところは別に必要なく、小型で軽量な方を優先するならばNote10となる。

どこで買える?

cloveのnote10価格
Emage : Clove

価格情報は以下の記事にまとめてある。輸入消費税や外貨取扱手数料も合わせて計算した。

おわりに

Galaxy Note9からGalaxy Note10, 10+への買い替えでかなり迷ったので頭の中を整理するために比較検討をおこなった。

私が検討した結果は、Galaxy Note10。理由は以下で、

  • 大容量バッテリーと高速充電は魅力的だが、25Wでもそこそこ高速充電可能
  • デプスビジョンカメラは自分は使うことはないと判断(悲)
  • RAM 8GBでもNote9の6GBからパワーアップ
  • 解像度は現状のHD+でも問題なさそう
  • 今より軽量コンパクトでSペンが使える
  • SDはなくてもなんとかなる
  • Note10+より安い

と、いったことから軽量重視な私はNote10が候補になった。

でもNote10+もすごく魅力的だ…

Galaxy Note10の他の記事


こちらもどうぞ!

私が現在使用中の機器やサービスを公開しています。よければお立ち寄りください。