【Galaxy】Galaxy Note10, 10+のUnpackdであまり触れられなかった細部や新機能

2019年8月16日Android, Galaxy, Galaxy Note10, 新製品

8月23日の発売が楽しみなGalaxy Note10。様々なメディアで実機の記事や動画が公開されているが、XDAで細かいところが紹介されていた。

この中で個人的に気になったポイントをピックアップしてみた。

本体上部の穴とカメラ横のマイク

Note10上部の画像
Image : XDA

本体の上部にはいくつか穴が空いており、マイク、SIM、あと一つは何か?と議論されていた。当初は赤外線のポートが復活か?と言われたり、3つ目のマイクか?と考えられていた穴だが、これはスピーカーとのこと。

参考

下の画像で黄色い○印がついているところにはよくみるとスリットが入っている。これは3つ目のマイクとなっており、とても目立ちにくい設計となっている。

Note10カメラ部の画像
Image : XDA

標準機能で画面の録画に対応

Note10画面録画設定の画像
Image : XDA

Galaxy Note10シリーズでは標準機能で画面の録画に対応し、設定ではアプリの音声などを録音するかどうか、アプリの音声と同時にマイクから拾った音を同時に録音するかを設定できる。

また、自撮りの差し込みとサイズ調整ができるようなのでゲーム動画の配信などに活躍しそうだ。

電源とBixbyボタンについて

Note10サイドキー設定の画像
Image ; XDA

記者が親指を置いている上の小さいボタンが電源とBixbyを兼ねたボタンとなっている。丁度、Galaxy Note9では右側にあった電源ボタンがなくなってもともと左側にあったBixbyボタンが電源ボタンと統合されたようなイメージだ。

サイドキーの設定では2回押しと長押しの設定ができるようになっており

2回押しでは

  • カメラ起動
  • Bixby起動
  • 指定したアプリの起動

長押しでは

  • Bixby起動
  • 電源メニュー(電源オフや再起動など)

といった設定ができる。今までもbxAxtionsを使ってBixbyボタンは便利に使うことができたが、標準機能でもより便利なものとなった。

以前、Galaxy Note9 SM-N960F/DSでBixbyボタンカスタマイズしようとしたところ、Bixbyを有効にしないと標準機能のBixbyボタンカスタマイズはできなかった。日本ではBixbyを有効にできない問題があったのでカスタマイズできずbxAxtionsを使っていたがNote10ではどうなっているだろうか。

フロントカメラナイトモード対応

Galaxy Note9やS10, S10+でもアップデートによりメインカメラのナイトモードが使えるようになった。Galaxy Note10, 10+ではフロントカメラにおいてもナイトモードが使えるようになっている。

いずれはNote9やS10, S10+で使えるようになるかもしれないが、現時点ではNote10, 10+のみ。

ズームインマイク

動画撮影の設定の画像

動画撮影の注目機能であるズームインマイク。初期設定ではこの機能は有効になっておらず、設定で有効にすることで使用可能となる。同階層にはHEVCの設定もあり、有効にすることで撮影した動画のファイルサイズを綺麗なまま小さくすることができる。ただし、HEVC形式に対応していないデバイスや、動画を使ったサービスでは取り扱うことができないようだ。HEVCの設定はGalaxy Note9でも有効にすることができる。

ズームインマイクの効果

この機能を使って撮影をおこない、ズームした時の音の変化は以下の動画が参考になる。

Windows, macOSでDeXを使用する

当ブログでも紹介しているGalaxyをPCのようにしてしまう「DeX」を、PCの上で起動することができるようになった。以前はモニターが必要だったが、PCの上で使うことができるようになったことで使える場所が広がった。

ただ、PCで使用するにはDeX専用ソフトをPCにインストールする必要がある。

DeXについての記事

下記は私が執筆したDeXに関する記事。よければご覧いただきたい。

スポンサー

おわりに

以上がXDAの記事で私が気になったポイント。他にも情報があったので気になる方はぜひチェックしていただきたい。

電源ボタンのカスタマイズやフロントカメラのナイトモード、ズームインマイクにDeX。どれも早く試してみたい!

Galaxy Note10の他の記事


こちらもどうぞ!

私が現在使用中の機器やサービスを公開しています。よければお立ち寄りください。