海外版Galaxy「Bixbyのおま国」回避を試す!

標準機能でbixbyボタンのカスタマイズができるようになったGalaxy。国内モデルでは問題ないがグローバル版では普通Bixbyの設定ができない。

ただ、簡単な方法で回避できるようなので試してみた。

VPNアプリで「おま国」問題を突破する

国内のモデルとは違い、グローバル版ではいわゆる「おま国」問題が発生する。Bixbyボタンを押すと「お住いの国ではご利用できません」と言われ、何も設定ができない。

Bixbyキーの設定画面
Bixbyの初期設定が済んでいないとボタンのカスタマイズはできない

これをVPNアプリを使用することで「日本からのアクセスではない」と勘違いさせ、Bixbyを有効に設定する。

用意するもの

VPNアプリ

設定

私はTunnelBear VPNというアプリで設定。

会員登録が必要なので多少面倒だが、無料で1ヶ月500MBのVPNにより海外を経由した通信が行える。今回はこのアプリでオーストラリアを経由してみた。

このアプリを使用するにはネットワークの設定でVPNを有効にする必要がある。

設定内の接続

「その他の接続設定」を開く。

接続内のその他の接続設定

「VPN」をタップ。

その他の接続設定内のVPN

「TunnelBear」の歯車アイコンをタップ。

TunnelBearのVPN

「VPN常時接続」のスイッチを有効にすれば設定完了。

TunnelBearのVPN常時接続を有効

TunnelBearに戻って接続を確認する。以下の画像のようになっていればOK。

TunnelBearでオーストラリアに接続

SIMカードを抜く

BixbyではSIMカードの国も見ているようで、日本のSIMカードが挿さった状態では有効にできない。SIMカードは抜いておく。

Bixbyを起動する

VPNを有効にし、SIMカードを抜いた状態でWi-Fiに接続すれば準備完了。Bixbyを起動する。

Bixbyボタンを押すと無事に起動した。

Bixbyの起動

言語は日本語が無いようなので英語のまま進む。

Bixbyの言語に日本語なし

プライバシーポリシーに同意して次に進む。

同意画面

スキップしないと「Hi,Bixby」となんども言わされるハメに。

Bixbyの発声

せっかくなのでやってみた。発音が悪いのか、なかなか聞き取ってもらえず苦戦した。

Bixbyの発声完了

Bixbyの初期設定は完了。Bixbyのホーム画面が起動した。

Bixbyのホーム画面

Bixbyボタンの設定

設定→「高度な機能」と進む。

高度な設定

「Bixbyキー」をタップ。

Bixbyキー

Bixbyの初期設定が済んでいるので、Bixbyボタンの設定が可能になっていることが確認できた。

設定前後の比較ボタンのカスタマイズができるようになっている
右はBixby設定前

下の画像のように設定すればボタンを一回押した時に指定したアプリが起動し、2回押しでBixbyが起動する。

2回押しにBixby1回押しにアプリの起動を割り当て

設定するには「1回押しを使用」をタップ。

1回押しを使用をタップ

「アプリを起動」の歯車アイコンをタップ。

アプリを起動の歯車アイコンをタップの説明画像

ここで好きなアプリを選択可能。

起動したいアプリを選ぶ

使えるのはアプリの起動のみで、クイックコマンドは動作せず

Bixbyボタン1回押し、もしくは、2回押しによって自分が選んだアプリの起動か「クイックコマンド」が選べるのだが、クイックコマンドは日本のネットワークでは動作しなかった。

クイックコマンドの設定画面
クイックコマンド

クイックコマンドは例えば「I'm driving」と発声するかBixbyボタンを押せば、

  • Bluetoothオン
  • Wi-Fiオフ
  • 通勤用プレイリストの再生

というのができるようだ。

クイックコマンドの設定にあるProductivityの中

自分でコマンドを組み合わせて作成することもできるのだが使用できずで残念。

クイックコマンドの作成画面

ネットワークの確認画面がしばらく出る

自分の環境ではご設定を有効にしてVPNをオフ、日本のSIMカードが挿入された状態でBixbyボタンを押すとしばらくの間以下のメッセージがあらわれるようになった。

icouldn't connect. Check yout network connection and try againと書かれた画面

何回か表示されてしばらくすると止まるが、かなりうっとおしい。

元に戻すには?

Bixby関連アプリのデータを削除することで元に戻った。

設定の「アプリ」からBixby関連のアプリを検索する。

設定からBixbyアプリの検索
bixと入れれば出てくる

「ストレージ」をタップ。

ストレージを選択する

「データを消去」をタップ。これを他のBixbyアプリにもおこなう。

データを消去する

これでBixbyは初期状態に戻り、ネットワークの確認画面は出てこなくなった。だが、割り当てたアプリの起動もできなくなってしまう。

おわりに

クイックコマンドが使用できればもっと面白そうだがTunnelBearを使うことでBixbyボタンをアプリの起動ボタンに割り当てすることができた。

だが、私の試した環境ではBixbyボタンを押すとしばらく接続確認の画面がでてくるようになり、データを消去して元に戻すと確認画面は出てこないがBixbyボタンに割り当てたアプリの起動も使えない。

設定してもアプリの起動しかできないので、やはり「bxActions」のようなアプリで好きな機能を割り当てする方が使いやすそうだ。

コメントを残す