1.5Mbps使い放題2ヶ月無料!mineoパケット放題Plus

【2021年】手放したガジェットと継続使用予定のガジェット

2021年はガジェット類が大きく入れ替わる年になった。

本年の後半では「デジタル・デトックス」をきっかけに、スマホへの考え方が大きく変わっていった。

スマホとの付き合いを見直すと、スマホを使うことによって得られる「報酬」の大きさが、時間や労力を掛けて得た「報酬」として見合っているのかと考えさせられた。

また、スマホと向き合ってみると、そこから派生して別のものにもどんどん思考が及んでいった。

スマホそのものについてや、自身の保有する「モノ」についても考えるようになり、多く持ち過ぎているが意識が向いていなかったモノや、自分を豊かにしてくれると考えて買ったモノについても考え直し、「より厳選したお気に入りのモノを持つ」意識が高まっていった。

その結果、手放していったモノや、熟考の末、使うことにしたモノを記したいと思う。

手放したApple製品

Apple製品は性能・品質に優れており、手放せない人も多いのではないだろうか。

私も長年に渡ってMacやiPadを使ってきて、これらの製品の利便性に浴してきた。

だが、2021年は大きくデジタル機器の見直しを図り、私のライフスタイルとややズレのある製品を取り除いていった。

小さくて手になじんだiPhone 12 mini

iPhone 12 miniは思い立ってもう一度購入したほど気に入った製品。

だが、ガジェットを整理する際、iOSとAndroidのどちらを残すかと考えた場合、自由度の低いiOSを手放すこととなった。

Appleのスマートウォッチである「Apple Watch」が使いやすさや決済アプリに強いことから手放すことが惜しまれた。

イオシスでチェック!
イオシスでチェック!

Apple Watch 6はスマートウォッチとしては最高峰

iPhone 12 miniとともにすごく気に入っており、特に「アラーム音の心地良さ」と「優しくノックしてくれるようなバイブの秀逸さ」に目覚めがよく、とてもいい製品だったと思う。

だが、iPhoneを手放すとApple Watchも使えないため手放すこととなった。

イオシスでチェック!

iPad Pro 12.9インチとMagic Keyboardは使用頻度が低下

画面が大きなiPad Pro 12.9インチは、Kindleアプリでの雑誌閲覧がしやすく楽しめた。

また、Magic Keyboardも打鍵感がよく、PCとまったくそん色ないものであった。

しかし、iPad Pro 12.9での雑誌閲覧は重さによって長時間はツライことや、高額であることから使用に気を遣うこと、PCとしては使いにくいことなどから手放すこととなった。

Magic Keyboardについても高額で道具として扱いにくさや、重量バランスを保つための構造や重さ、ブログ執筆では使えないショートカットキーがあるなどの使いにくさで手放した。

イオシスでチェック!
イオシスでチェック!

軽量な「PC」のように使えたiPad mini 5 & Brydge 7.9の組み合わせ

持ち出し用のブログ執筆マシンとして使っていたiPad mini 5と、iPad miniを「ノートPC化」できるキーボード「Brydge 7.9」。

こちらは「Surface Go 2」を購入したことによって家でも外でもSuraface Go 2の1台で済んでしまったので、お役御免となった。

小型で小さなバッグにも入り、持ち運びがかなりしやすいマシンであった。

イオシスでチェック!

凄まじいパワーと長時間バッテリーのMacBook Pro M1

凄まじいパワーを見せつけてくれたM1。

しかし、ブログ執筆がメインだとそこまでパワーは必要なわけもなく。。

AndroidのカスタマイズなどにWindowsが必要なシーンが出てくることや、SIMが使えること、タブレットにもなることから、Surface Go 2ばかり使うようになってしまったため、お別れすることにした。

バッテリーの持ちはとびきりよかった。

イオシスでチェック!

手放したスマホやSIM

スマホの新スタンダードを感じたGalaxy Z Flip3

折りたたみのコンパクトが最高によく「スマホのスタンダードになり得るのでは?」とすら感じた製品。

120HzディスプレイにSnapdragon 888の高性能SoCを搭載して性能には不満なしだが、まだ若干割高な印象だ。

とてもいい製品だったが、スマホを使いすぎた自分が嫌になり「スマホ離れ」をするために手放した。

イオシスでチェック!

カメラが凄すぎだが、vivo X60Pro+は常用が困難

驚くほどの高性能カメラを搭載したスマホで、「カメラ」として置いとこうかなと思えた製品。

中国版は楽天モバイルのSIMが使えなかったり、VoLTEも使いにくかったりと日常利用にやや難があったりしたため活用頻度が少なくなり、手放すに至った。

室内の撮影にも強く、星を撮るなども楽しめた。

バランスよく高レベルのスマホだったGalaxy Note10

最後まで手放すのが惜しかったのがGalaxy Note10。

国内では販売されていない「+なし」の小型モデルだ。

カメラ機能はX60Pro+や2021年の最上位モデルS21Uには見劣りするが、コンパクトでカメラの出っ張りがほぼないデザイン、ペンによる手書きやDeX機能などを備えたすばらしいスマホだった。

しかしこちらも「スマホ離れ」をするため、名残惜しいが手放すことにした。

イオシスでチェック!

docomo 5Gギガホは快適だったが高すぎた

docomoの「5Gギガホ」プランは4G、5Gでのデータ通信が使い放題で、「テザリング」でも無制限という優れもの。

「データプラス」も契約し、プラス1,000円でもう一台のスマホも使い放題(親回線/子回線で計60GB超過後は3Mbpsにはなるが)。

この回線を使って多数あるPCやスマホのOSやアプリのアップデートや動画サービスの閲覧をおこなっていた。

しかし、機器を大幅に圧縮したことで端末の管理に要するデータ量も減り、「mineo」に「データプラス(1.5Mbps使い放題)」をつけて契約し、「ゆずるね」というmineo独自サービスで条件をクリアすれば、通信で困ることはほぼなくなった。

電話番号は「楽天モバイル」や「povo 2.0」円で無料で持てるので、私と妻の回線を用意してdocomoは解約となった。

我が家の通信費は10,000円弱であったが、1,300円程に圧縮された。

手放したもの:その他

KENWOOD 彩速ナビ

通信の補助としてデータが無制限で使える「サイバーナビ」を使うために入れ替えとなった。

操作性はやはりケンウッドのナビがよくレスポンスが段違い。

ナビ機能だけなら彩速ナビの方が使いやすい。

手放したデスク周辺機器

作業環境は大幅に変更となった。

日頃から自宅では「集中が続かない」と感じており、これは利便性を求めて購入したいった多数のモノや作業効率を考えた整えた「マルチタスク環境」を改善する必要があるのではと考えた。

そのため「作業部屋の最適化」をおこない、結果、多数のモノを処分するに至り、スッキリとした集中できる環境を得ることができた。

デスクとチェアを廃棄

やりたいことに集中し、ブログではもっと書きたいことを書こうと考え、取り掛かった作業部屋の最適化。

これまでは「加算式」により、やりたいことの願望をかなえてきたが、やりたいことをやり、集中するためには、部屋にある「気をそらす雑多なもの」を排除しする「減算式」の最適化が必要だということにたどり着いた。

部屋の中の大物ではデスクとチェアが目立ったので、まずはこのアイテムについてよく考えてみた。

これらは「自分にとって本当に必要か?」「自分の作業スタイルに合っているか?」「必要ないときに片づけたりできるか?」「重く大きい荷物が心の重荷になってないか?」などを考えた。

そして、デスクとチェアを使わずに、まずはキャンプ用の折りたたみテーブルと座布団だけでPC作業をすることをテストしてみた。

結果、「自分にデスクとチェアは不要」という結論に至り、大幅なシンプル化となった。

部屋から大きな荷物がなくなったことにより、当初予想していた「心の負担」もやはり取り除かれたことは、モノが占有していた空間を得るよりも大きな成果物であったかもしれない。

高級キーボード「HHKB」をやめた

2年位お世話になっていた高級キーボードの「HHKB BT」。

すばらしい打鍵感で「入力が楽しくなる」アイテムだった。

だが、モノによる幸福感は長くは続かず、次第に「当たり前」の感覚になっていったことから、「本当に必要か?」と考えるように。

ノートPCには既にキーボードが備わっており、執筆時点で愛用しているSurface Go 2の「タイプカバー」は打鍵感も悪くないし、へたったら交換することだってできる。

お気に入りのアイテムではあったが、作業部屋の最適化により、「不要なモノ」と判断した。

高級マウス「MX MASTER 3」もお別れ

多ボタンで多機能なマウス「ロジクール MX MASTER 3」も最適化の対象となった。

MX MASTER 3は多数備えたボタンによって「マルチタスキング」を大いにサポートしてくれた。

WindowsでもmacOSでも、複数の仮想デスクトップにそれぞれタブを複数開いたブラウザを並べて、ウインドウや仮想デスクトップ間を往来するのがとてもしやすかった。

これは「マルチタッチ」をサポートしているトラックパッドであれば利用できるのだが、「マウスで容易におこなえる」ということが秀逸なポイントであった。

しかし、後述する大型ディスプレイを手放しマルチタスキングをやめると、高機能マウスも必要なくなってしまったた。

Dell U2720QM 大画面はマルチタスクが捗ったが...

27インチ4K解像度の大型ディスプレイ「Dell U2720QM」は高解像度により、フォントなども美しく表示してくれた。

また、大型ディスプレイは、一画面に多数のウインドウを表示させることができ、マルチタスクが捗った。

しかし、この「一画面に複数のウインドウ」は私にとって弊害もあり、「となりに表示されたウインドウの内容が気になって集中が途切れやすい」という状態になってしまった。

逆に一画面で表示させると、大きすぎるディスプレイは空白部分の表示が気になったりして「私が物書きに集中するには向いていないかも?」と感じた。

そもそも、人の脳はマルチタスクには向いていないといわれている。

そこで、ノートPCのディスプレイのみで「シングルタスク」を意識しながらなるべく単体のウインドウで作業してみると、あくまで私の場合ではあるが、集中が長く続いた。

動画編集や写真編集では便利なディスプレイであったが、場所を圧迫しすぎることや、私の作業スタイルには不向きなシーンが多いということから手放すことにした。

友人には「絶対後悔する」と言われたが、スッキリした部屋と集中できる環境を手に入れて、手放したことに非常に満足する結果となった。

継続使用予定のApple製品

AirPods Proは、外部音取り込みが自然。操作性も高い

2021年で生き残ったApple製品は「AirPods Pro」のみとなった。

iPhoneやiPad、Macなどを手放したので正式に使える製品はなくなってしまったのだが、Androidスマホとペアリングしてウォーキング時に使っている。

AirPods Proは、外部音取り込みが自然な音であることや、出っ張った「ツル」部分のセンサーが操作しやすいことから、ほかに試したSONYやSamsungのイヤホンではなく、AirPods Proを残した。

もちろん、「ノイズキャンセリング」の機能も高レベル。

Androidとの接続ではバッテリー残量確認にサードパーティーのアプリが必要など一部機能が制限されるが、満足度は高い。

継続使用予定のPC

Surface Go 2は私の用途を満たしてくれた

これまではタブレットにはiPad Pro、ノートPCはMacBook Proという使い方をしていた。

両方をいっぺんに使うことはないし(使えるが無理して使うような作業もしない)、パワーは持て余すしで無駄を感じ、1つにまとめられないかと考え「Surface Go 2 (Core m3モデル)」にたどり着いた。

Surface Go 2はマグネットによりワンタッチで装着できる「タイプカバー」によってWindows PCとして使うことができるのはもちろん、取り外せばかんたんにタブレットとしても利用できる。

タブレットとしてはiPadOSのようにとはいかないもののWindows 11になって随分と使いやすくなり、PCとしてもタブレットとしても非常に満足している(マグネシウム合金の質感や各部デザイン、スタンドなども含め)。

今後、Windows 11ではAndroidアプリの利用もできるようになるとのことなので、タブレットとしての使い勝手はより改善されていきそうだ。

CPUは「 Core m3」で「8GB RAM」となるが、集中のためマルチタスクを極力使わずブログ記事執筆をメインに使用し、エンタメはときどき動画やWebマンガを楽しむというくらいの使い方なので処理能力・メモリ容量共に全く問題なし。

また、MacBookにはない「LTE接続ができる」ことも大きなメリットとなった。

場所を選ばず接続でき、Wi-Fiを探したりテザリングで接続したりといった手間なくいつでも単体でインターネット接続が可能なのは非常に便利だと感じた。

購入当初は思いもよらなかったが、Surface Go 2は複数あった機器や役割をまとめ、価格や性能でも私を満足させてくれる2021年で一番良かった買い物になった。

イオシスでチェック!

新たに購入するなら新型の「Surface Go 3」も良さそうだ。

Microsoft Storeでみる

継続使用予定のスマホやSIM

どうしてもスマホが必要なシーンやGoogleフォト用に「Pixel 3」は手放せない

基本的にスマホとは距離を置いているのだが、スマホが全くないとGoogle Mapで道やお店を調べたり、昨年購入したドローン(DJI Mini 2)の操縦ができない。

また、Pixel 3は散歩しながら「YouTubeの音声を聴く」のにもよく利用している。

「YouTube」は娯楽はもちろんのこと、今や誰もが様々なことを学べる「学習ツール」としても使えることは、このブログにたどり着くような読者であれば存じていることだろう。

私はよく、日課としている朝の散歩時に登録しておいたチャンネル(これも2つまでに絞った)の音声を聴きながら30分ほど歩いている。

散歩時には先述の「AirPods Pro」も利用し、クリアな外部音取り込みによって近づいてくる自動車などの音も確認しつつ、歩きながら学んでいる。

SIMには無料で低速通信が使える「donedone(ドネドネ)エントリープラン」を利用。

donedoneのエントリープランは128Kbpsという低速通信なので動画が始まるのにやや時間が掛かり、早送りなどは厳しいものの「そういうものだ」とわかっていれば、そうストレスなく動画を楽しめている。

Google MapやYouTubuなどを利用するだけならどんなスマホでもいいのだが「Pixel 3」が手放せない理由は「Googleフォトへの無制限アップロード」。

流通量が多く安価に入手可能であり、最新モデルでは利用できない写真や動画のアップロードが無制限でできるということから「Pixel 3」が手放せないのだ。

イオシスでチェック!

半スマホにした「カードケータイ KY-01L」の使いにくさがもたらす自由

「デジタル・デトックス」で身も心もスッキリした状態になり、この状態を維持したいが、「自制心」だけでスマホに潜む「魅力」に抗い続けるのは難しいかもと感じていた。

ポケットの中にスマホがあり、「いつでもすぐに」情報のシャワーを浴びられる状態であれば、SNSやニュース、ショッピング、ゲームアプリアンインストールなどの「小手先のハック」といったテクニック程度では、いずれ欲求に負けてしまうかもしれない。

かといって、完全にスマホを排除すると「LINE」をつかった家族や友人とのコミュニケーションができないといった実害も出てくる(LINEのメッセージはPCを使ってある程度回避できるが)。

そこで考えたのがAndorid OSを搭載しながらも、独自カスタマイズにより制約の多い「ガラホ」の利用。

最初にテストした「KYF39」は、見た目は完全に従来式の「ガラケー」でタッチパネルもなかったが、「LINE」や「ブラウザ」が利用でき、私にとってうまく「ギリギリの使いにくさ」という印象で、「利便性を享受しつつ、いつでも使いたいとまでは思わない」という絶妙な状態を作れると感じた。

そしてさらに「ガラホ」の絶妙な使いにくさを追求した結果、「カードケータイ KY-01L」にたどり着いた。

KY-01Lは、約50gの超軽量かつ「カードサイズ」であることから、「カード入れに収納して持ち歩けるケータイ」という、一般的な製品とは一線を画す代物。

そして、一般的な「ガラホ」同様に普通の方法でアプリをインストールすることはできないが、先人たちの情報によりアプリをインストール方法は確立されており、ある程度、任意のアプリを利用することもできる。

そこで私は「LINE Lite」、「PayPay」、「楽天Kobo」といったアプリをインストール。

「LINE Lite」は機能が少なめだがメッセージや無料通話などが利用でき、「PayPay」はバーコードやQRコードによる決済が可能。

KY-01Lに搭載された「E-Ink」ディスプレイを活かして「いつでも読書を楽しめる」という「隙あらば読書」が捗る端末になった。

また、文字は読めるが、マンガの吹き出しは厳しいというディスプレイサイズなので、マンガの誘惑がないというのも私には効果が大きいようだ。

とても一般の人にお勧めできるようなものではないが、試行錯誤ができるデジタルガジェットに強いタイプの人は遊んでみるのも悪くないかも。

私はこのケータイを使うようになり、雑多な情報に触れる時間は大幅に減少し、集中と自由を手に入れた。

この小さな端末から、得られたものはとても大きい。

イオシスでチェック!

mineo 1GB + パケット放題プラス

これまで使っていたdocomoのギガホは、モバイル回線がPCでも無制限で使える自由度の高いものであった。

しかし、先にも述べた通り料金の高さがネックで、自由度の高さと引き換えに毎月継続して高額な料金を支払う必要がある。

お金を稼ぐにはそれだけ働く必要があり、毎月固定された支出があるということは、それだけ自分の自由を「間違いなく」奪うものとなる。

そのため「大きな固定費の削減」は生き方の自由度を高める必須事項だ。

人は便利なものや贅沢を知れば知るほど満足できなくなり、これまでなら満足できていたものにも満足できなくなる。

ギガホの「いつでも高速で通信できるのが当たり前」な状態から「mineo パケット放題プラス」の1.5Mbpsで「満足だ」と思えるようになるのは少し矯正が必要だったが、問題ないと思えるようになった。

これはガラホにしたことで高速通信の重要度が下がったことや、Surface Go 2にLTEが備わっていることで常時接続ができること、iPad & PCではなくSurface Go 2一台に集約したことなどが要因として挙げられる。

余談だが、もっとライトにスマホ使いすぎと通信費圧縮をするなら「楽天モバイル」や「povo2.0」のSIMを入れたスマホで「0円維持」しながらLTEが使える「iPad」に「mineo 1GB + パケット放題プラス」という組み合わせがいいと思う。

また、完全な「使い放題」ではなく「3日で10GB制限」がある点や「ゆずるね(12時~13時の使用を数メガに抑える)」を10回達成で翌月23時~7時は使い放題となるということを知っていると、扱いやすくなる。

Image : mineo公式サイト

この仕組みならば完全移行できそうだなとは感じていたが、やはり、急に以降となると不安があったため、1か月はdocomoと併用しながらmineoの使い方を学習し、後述の「サイバーナビ」による「docomo In Car Connect」で「保険」をかけながら移行していった。

スマホは0円で維持することができ、ネットも1,300円程度で満足できるこの環境と時代は幸せだといえるかもしれない。

楽天モバイルをチェックする

mineoをみてみる

継続使用予定のリビング用品

popin Aladdin 2

我が家にはTVがなくアンテナすら設置されていない。

以前は55インチのTVやTV台、ブルーレイディスクプレーヤーなどを備えていたが、これらのために部屋のスペースが占有され、こまめな清掃が必要で時間を奪われ、「とりあえずTVをつける」ことからTVに時間を奪われ、ついでにタコ足配線で見栄えも悪いという状態だった。

この状況を打破するには「プロジェクターだ!」と思い、この時点でpopin Aladdin 2の存在は知っていたものの高額であったことから、一般的なプロジェクターにFire TV Stickを組み合わせ天井から吊り下げて設置した。

プロジェクターにすることで部屋は大幅にスッキリして大画面も楽しめるように。

また、家族でエンタメを楽しむときだけ点けるようになったので「とりあえずTV」という状況もなくなった。

しかし、当初購入したプロジェクターは突然電源が入らない状態となってしまい、当初ためらっていた「popin Aladdin 2」を再検討。

popin Aladdin 2はこれまでの「照明」、「プロジェクター」、「Fire TV Stick」、「Bluetoothスピーカー」の組み合わせを一台で担ってくれる。

各機器の操作はバラバラにする必要があったが、リモコン一台ですべて操作でき、機器の管理が楽になることや、見た目がさらにスッキリとすることから購入に至った。

ちなみにpopin Aladdin 2を使うときはSurface Go 2からテザリング(流石にmineo 1.5Mbpsだと厳しめ)か、嫁さんの楽天モバイルからテザリング、もしくはサイバーナビと接続して使用している。

popin Aladdin 2は家の中をスッキリさせ、エンタメも満足させてくれる非常にお気に入りのアイテムとなっている。

継続使用予定:その他

無制限でネット利用ができる「carrozzeria:サイバーナビ」

最後は「保険」として購入した「サイバーナビ」。

先述の通り、mineoだけでやっていけるかどうか?という不安があったため「docomo In Car Connnect」による無制限のインターネット接続を利用するために購入したものだ。

というのも、我が家は屋内に駐車場があるためバッテリー上がりの対策さえどうにかすれば宅内でも利用できる(規約的にはダメだと思うが)。

しかしながらそのような心配は杞憂となり、私の使い方であればmineoオンリーで事足りることが分かった。

「docomo In Car Connect」を利用するには「ネットワークスティック」なるものが必要となり、サイバーナビとネットワークスティックの購入費はなかなかのものであったため、高い保険料となってしまった。

Google Mapがある今では、カーナビの存在意義は薄く、地図更新が有料であったり(一定期間は無料)、目的地の検索などもスマホのほうが圧倒的に使いやすい。

docomo In Car Connectも、「車をオフィス的に使う」なんてことをするときに便利かなとは思ったのだが、これもmineoのSIMが入ったSurface Go 2を車にもっていくだけで済んでしまう。

そのため、費用対効果としてはかなりイマイチな買い物となってしまった...が、以前のナビは既に手放してしまったので、これからもしばらくは使用することになりそうだ。

おわりに

私にとって大きな変革が訪れた2021年。

「モノ」に対する考え方を改め、ここに挙げたモノのほかにも衣類や食器、家具、家電などのモノを手放し、「モノの管理コスト」から解放されて生活にゆとりを得ることに成功した。

スマホとの付き合い方が変わり、スマホをメインに記事を書いていたことから、これからの「MOBILE9.JP.NET」はこれまでとやや異なった記事になっていきそうだ(ガジェット好きは変わらないのでガジェットメインは変わらないと思うが)。

来年は人や暮らしを豊かにするガジェットの記事などを書いていければなと考えながら、この記事を締めくくりたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。