MacBook Air MC505J/A 液晶パネル交換

部屋の片付けをしていたら、棚の奥からMacBook Air 11.6インチ用のLCDが3枚も出てきた。

Macのモバイルノートが欲しい私は必然的?にMacBook Airを修理したくなる。

以前から12インチのMacBookが気になってはいたのだが、スペックの割に高額であり、妻の反対があったため割安なMateBookで我慢していた。

しかし、どうしてもMacOSのモバイルノートが欲しい私は妻に「この液晶パネルを無駄にできない。ジャンク品を修理したら安くMacが手に入る」と説明し、強引に液晶パネルが割れたMacBook Airを購入。

実際は修理部品のコストを考えると全然安くないのだが….

スペック確認

入手したMacBook Air 11.6インチのスペック

CPU 1.4→1.6GHz Intel Core 2 Duo
メモリ 2→4GB
SSD なし
USB 2.0 x 2

CPUとメモリはアップグレードされており、特にメモリは嬉しい。

SSDはなしで、これはけっこう痛い。MacBook AirのSSDは専用品で高額だ。

USBも3.0なら良かったが、フルサイズのUSBが変換なしで使えるのはありがたい。

このモデルは2010年に発売されたもので記事執筆時で8年前の機種だが、MacOSなら古いモデルでも割と普通に使える。

液晶パネル交換

MacBook Airの液晶パネル交換は何度かやっているのだが、何度やっても難しい。

※真似される方は自己責任でお願いします。

以前の交換作業記事

久しぶりの作業となったので以前の交換作業を確認し、必要な道具も揃え作業を開始した。

MC968J/A液晶交換

A1369液晶交換

これらを思い出しながら作業を進めていく。

液晶パネル取外し

①まずはヒートガンでベゼルを暖める。暖め過ぎないよう注意。カメラ周りも要注意。

②カッターナイフで両面テープを切り込む。手を切らないように注意。

元の液晶は割れているので傷などお構いなしで作業を進めるが、ベゼルは再利用するので曲げないように気をつけながら、少し冷めては暖めて剥がし、を繰り返す根気のいる作業だ。

 

③ベゼル取外し

④ネジの取外し

⑤照明と映像のフラットケーブルを取り外す

LED照明のフラットケーブルはテープでとめられているので剥がす。

⑥液晶パネルを取外す

液晶パネルを取付する

以前の記事で用意したような薄くて細い両面テープを貼り付け、フラットケーブルを取り付けたらまず動作確認。

問題がなければ貼り付けて固定する。

ベゼルにも両面テープを貼って貼り付けすれば完成だ。

復元作業

このMacBook AirにはSSDがなかったのでSSDも別途購入し、インターネットリカバリー(コマンド+Rを押しながら起動)を行った。

Time Machineで他のMacからデータを引き継ぎ復元した。

 

SMCリセットとPRAMクリア

念のためSMCリセットとPRAMをクリアする。

SMCには以下の情報が書き込まれている。

SMC の役割

SMC は、Intel 搭載の Mac で以下を含むローレベルの機能を制御します。

  • 電源ボタンを押したときの反応
  • Mac ノートブックのディスプレイの蓋を開いたり閉じたりしたときの反応
  • バッテリー管理
  • 熱管理
  • SMS (緊急モーションセンサー)
  • 環境光センサー機能
  • キーボードのバックライト機能
  • ステータスランプ (SIL) 管理
  • バッテリー残量のインジケータランプ
  • 特定の iMac のディスプレイに対して (内蔵ではなく) 外部のビデオソースを選択

Appleより引用

 

SMCのリセットは以下の手順で操作する。

 

  1. Apple メニュー >「システム終了」の順に選択します。
  2. Mac がシステム終了したら、内蔵キーボードの左側の「shift + control + option」キーを押しながら、電源ボタンを押します。これらのキーと電源ボタンを 10 秒間押し続けてください。Touch ID を搭載した MacBook Pro をお使いの場合は、Touch ID ボタンが電源ボタンも兼ねています。
  3. すべてのキーを放します。
  4. 電源ボタンをもう一度押して、Mac の電源を入れます。

Appleより引用

 

本機にて実施したところ、充電を示すオレンジ色のインジケーターは一旦グリーンになり再びオレンジ色となった。SMCの電源関連の記録がリセットされたと考えていいのだろう。

これでSMCのリセット作業は完了だ。

続いてPRAMクリア

PRAM(NVRAM)には以下のような情報が書き込まれている。

NVRAM に記憶される設定情報には、音量、画面解像度、選択されている起動ディスク、時間帯、最近起きたカーネルパニックの情報などが該当します。

 

NVRAM のリセット方法

option + command + P + R

Mac をシステム終了してから、電源を入れ、すぐに「option」「command」「P」「R」の 4 つのキーを同時に押し、20 秒ほど押し続けてからキーを放します。その間、Mac は再起動しているように見えます。

Appleより引用

 

PRAMのクリアができたら起動して動作確認。

無事に動作が確認できたので作業完了だ。

合計でいくら掛かったのか

MacBook Air MC505J/A ジャンク 約7,000円
液晶パネル 7,500円(執筆時のAmazon価格に換算)
MacBook Air 2010用SSD 256GB 11,000円
ACアダプタ 2,000円
合計 27,500円

もう少しうまくすれば安くなるだろうが、なかなかの高額になってしまった。

回収するためにこれからMacBook Air君には頑張ってもらおうと思う。

 

おすすめ記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください