【未解決】DELL製モニタU3415Wのファームウェア更新ができない

 数年前にソフマップで購入したU3415W。

特段不満に思うこともなく使用していたのだが、MacBookをmDPで接続したときにスリープ復帰後、映像が映らないといった症状があり、調べてみた。

DELLウェブサイトでファームウェアを発見

早速DELLのサポートページを見たところ、2017年10月にファームウェアが提供されているのを発見。

この更新でmDP接続時のちらつきが改善されるされるとのことで、直接的な関連はないかもしれないが、もしかしたら改善されるかもしれないし、最新のファームウェアは当てておきたい。

ダウンロードしてインストールする。

ただ、インストールするには準備が必要だった。

モニタにUSBケーブルを接続

今まで必要なかったので接続していなかったのだが、ファームウェアをアップデートするにはモニタのアップストリームポートとPCをUSBケーブルで直接接続することが必要だ。

U3415Wには接続用ケーブルがあらかじめ同梱されていたためこれを使用する。

ない場合は汎用品でも問題ないだろう。

ケーブルはをモニタ背面下部にある接続ポートに接続する。

デバイスマネージャーでエラー

USBケーブルとPCを接続すると、「TUSB3410」というデバイスのドライバがエラー。

検索するとLGのドライバを当てればよいとの情報があり、ダウンロードおよびインストールを行う。

いざ更新ユーティリティ実行

モニタファームウェア更新ユーティリティを実行する。

しかし…

モデル番号及び現在のファームウェアが検出されない。

何度やってもモニタが検出されない。

ファームウェア同梱のヘルプを参照して

  • モニタの電源を接続
  • モニタは一台だけ接続
  • USBケーブルを接続
  • モニタとPCの間にほかのデバイスをはさまない

と、あり、その通り実行するもだめ。

そのほか、

  • USBの接続先を変更モニタ側、PC側
  • OSDでUSB選択の切り替え
  • 違うPCで試す
  • HDMI、mDPで試す
  • モニタ、PCの再起動

とやったがやはり「検出されません」となってしまう。

DELLのサポートに電話してみる

サポートダイヤルはどこも待ち時間が長く疲れる。

正直気が乗らないが藁にも縋る思いで電話してみることにした。

ベーシックサポート 0120-198-226に電話。

音声ガイダンスでエクスプレスサービスコードとやらを聞かれるが、わからないのでしばらく待っているとオペレーターへの接続に切り替わった。

待つこと10分、オペレーターとつながった。

最初の対応は外国の方

応対してくれたのは日本語対応可能な外国人の男性であった。

不安を感じつつ、会話を進める。

まずはシリアルナンバーかサービスタグを教えてほしいとのことで、番号が短いサービスタグの番号を伝えた。

サービスタグを伝えると「少々お待ちください」と言われ、何やらカタカタキーボードの音が聞こえ何か調べ始める担当者。

そして「お客様のモニタは法人名義で登録されています。法人担当におつなぎします」と、伝えられ、別の担当者に交代するべく、通話保留で待たされることとなった。

法人担当に交代

モニタは個人でしかも中古で購入したものであるが、大丈夫なのか心配だ。

また一から状況説明するのか…と不安の中、保留が終わりオペレーターとつながった。

「法人担当の○○です!」と挨拶してくれたのは日本人の男性で、とりあえず普通に会話ができそうで一安心だが、まともにとりあってもらえるだろうか。この段階で30分程費やしたのでここで対応外なら今までの苦労は水の泡だ。

再びサービスタグを聞かれ、登録された情報を確認する担当者。当然中古で購入しているので登録された情報と私の名前は一致しない。しかも保証もとっくに切れている。

しかし、症状を伝えると「ご案内いたします!」との返事をもらうことができた。

サポートと共にファームウェア更新に挑戦

再びファームウェア更新に挑む。

今度はサポート担当者がいるので心強い。

先ほども行ったが確認のため

  • モニタの電源を接続
  • モニタは一台だけ接続
  • USBケーブルを接続
  • モニタとPCの間にほかのデバイスをはさまない

などを行い、そしてもう一度

  • USBの接続先を変更モニタ側、PC側
  • 違うPCで試す
  • HDMI、mDPで試す
  • モニタ、PCの再起動
  • オーストラリア、ニュージーランド版のファームウェアを実行してみる

を、行ったがやはり「検出されません」となった。

40分ほど付き合ってもらったがやはり改善せず、一旦情報を集めてくれることになり電話を切った。

法人担当リベンジ

30分ほどして担当者から電話が掛かってきた。

そして、

「モニタ側USBポートにファームウェアを入れたUSBメモリを挿し、そこから実行し、さらに管理者として実行してみてください」

とのことだった。

これには私も気づかず「これならいけるかも!」と期待が高まる。

そして、プログラムを実行する。

すると…

 

…だめであった。

担当者もネタ切れ状態でギブアップ。

DELLのサポート

DELLのサポートはよく対応してくれた。

長時間の電話にもかかわらず、愛想よく対応してもらえた。

結果として問題は解決しなかったが、できる限りの対応はしてくれたように思う。

人にもよるのかもしれないが、DELLのサポートは昔よりかなり良くなっていると感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください