Android9 Pieでも使える指紋認証ジェスチャーアプリ「Fingerprint Gestures」を使ってみた

Fingerprint Getsturesは、指紋認識部をタッチしたりスワイプする動作に様々な機能を割り当てできるアプリ。機種によっては標準で搭載されているものもあるが、ジェスチャーで通知パネルが展開したり、アプリの切り替えなどが行えるのはなかなか便利だ。

このようなアプリは他にも見つかるのだが、私がいくつか試した中でうまく動作したのはFingerprint Getsturesだけだった。早速インストールして、色々と動作を確認した。

割り当てできる機能

Fingerprint Getsturesのジェスチャーに割り当てられる機能は、

  • Navigate home action
  • Navigate back action
  • Navigate recent action
  • Increase volume
  • Decrease volume
  • Perform next media action
  • Perform previous media action
  • Switch top using application
  • Open power menu
  • Toggle flashlight
  • Open Notification
  • Open Quick settings
  • Capture screen
  • Open Google Now
  • Open Google Now
  • Open Google Assistant
  • Open an application

と、なっている。

初期設定

インストールが完了したら、動作させるために必要な設定がある。

  • Fingerprint scanner
  • Accessibility service
  • Display on top

の三つを設定から有効にする。

今回は指紋認証が有効になっているので残り二つを設定。

Accessibility serviceをタップすると設定が開くので「インストール済みのサービス」をタップする。

インストール済みのサービスをタップ

次にFingerprint Gesturesを有効にする。

OKをタップすれば有効になる。

同様にDisplay on topも有効にする。権限の許可がOFFになっているのでONに設定。

全ての設定が有効になった。「Get started」タップして先に進む。

Enableをタップして有効に。

以上で初期設定は完了。

ジェスチャーの設定

初期設定が完了したら、好みの動作に設定する。

ジェスチャーをタップ。

以下の二つの動作に機能を割り当て可能。左右のスワイプに割り当てができないようで残念。

タッチか上下のスワイプに動作を割り当てできる。

ひとまずタッチにRecent(履歴)、スワイプに通知パネル展開を割り当てた。

その他の設定

Change API

NexusやPixelでは別の設定が使えるようで、APIを変更すれば上下左右のスワイプに機能の割り当てができるようだ。GalaxyとXperiaでは動作しなかった。

Behavior

  • Blacklistでは選択したアプリの動作時にジェスチャーを無効化できる。
  • Vibrationはジェスチャー動作時のバイブ強度、有効/無効を設定。
  • Lock screen type ではジェスチャーにLock screen(スリープ)を割り当てした時の動きを指定。
  • Lock nowはすぐにロックされるが、指紋認証によるロック解除ができない。
  • Reduce timeoutは画面が暗くなり、しばらくするとロックされる。指紋認証によるロック解除可能。
  • Rooted lock screenだと、root権限は必要だがすぐにロックされ、指紋認証によるロック解除も可能。

使用感

大きいデバイスと小さいデバイスでは特に大きなデバイスで便利で、操作が楽になったように感じる。

"touch"を履歴機能である"Navigate recent action"や前に使用したアプリに切り替えする”Switch top using application”に割り当てると大画面で操作しにくいGalaxy Note9では便利に使えた。ただし、標準搭載されている通知バーを引き出すジェスチャーは使用できないため、”Fast swipe"に”Open Notification”を設定し通知バーを引き出すようにした。 ”Fast swipe"による”Open Notification” は標準機能と比べると若干反応が悪く、2回引き出してクイックセッティングの展開ができないのも不満だ。

小型機であるXperia XZ2 Compactでも試したが、こちらは本体が小さくナビゲーションバーに指が届きやすいので恩恵を受けにくい印象だった。持ち比べると小型機は操作や文字入力がとてもしやすく、余計なカスタマイズもあまり必要なく使えるのだと感じる。XZ2 Compactは以前のCompact機よりも画面サイズが縦に延び、小型で縦長のスタイルは、より、"スマートフォンとして"扱いやすくなっている。

他にもXZ2 Compactでは問題なかったが、Galaxy Note9では、履歴にアプリが何も無いとすべてのジェスチャーがなぜか動作しない症状があり、ここも気をつけないといけない部分だ。

おわりに

Android9では指紋認証のジェスチャーアプリが動作するものが少ないようだが、動くものを見つけることができた。

動作や設定を工夫しこれから実用できるかじっくりと検討していこうと思う。

【Galaxy Note9】SM-N960F/D(SIMフリー,Exynos,デュアルSIM)

SM-N9600(SIMフリー,Snapdragon,デュアルSIM)

docomo SC-01L(おサイフケータイ可)

au SCV40 (おサイフケータイ可)

【Xperia XZ2 Compact SO-05K】Xperia唯一の小型ハイエンド機

コメントを閉じる

コメントを残す