【低予算】プロジェクターでお家を楽しく!

家で映画やアニメ、ゲームなどを大画面で楽しむ手段といえば「プロジェクター」だ。プロジェクターがあれば、映画館のような大画面で迫力のある映像を楽しむことができる。

プロジェクターはこれまで高価であり、おいそれと購入できるものではなかった。しかし、低価格化が進み、気軽に購入できるようになっている。

そこで、我が家でも迫力のある映像を楽しめるよう、プロジェクターを導入。そしてさらに、Amazonプライムビデオを楽しめるよう「Fire TV Stick 4K」を同時に購入した。

この記事では、購入したプロジェクターの金額や、設置と設定の記録を残そうと思う。

購入したプロジェクターとFire TV Stick 4K

プロジェクター

https://mobile9.jp.net/wp-content/uploads/2019/11/icon.pngかずのり

当初は小型のモバイルプロジェクターを検討していましたが、明るさや解像度、コストを考えて通常サイズのプロジェクターにしました。

▼1920×1080のフルHD解像度をもち、明るく安価なプロジェクター。

▼上記は売り切れだが、ほぼ同型と思われる製品もあった。

Fire TV Stick 4K

プロジェクターの中にはWi-Fiを使った「ミラーリング機能」を備えたものある。「Amazonプライムビデオ」を楽しむのであればスマホの映像を映せばいいかと考えたが、著作権保護のためミラーリングでは映すことができない。

Fire TV Stickなら、プロジェクターのHDMI端子に接続しておけばプライムビデオを思う存分楽しむことができ、もちろん、YouTubeやAbema TVなどの動画サービスも視聴可能だ。

なおかつ、Fire TV Stickにはミラーリング機能が備わっているので、スマホの画面を映すこともできる。

Fire TV Stickは2種類ある

Fire TV Stickには「4K」とついたモデルがあり、こちらは4Kの解像度に対応しているだけではない。4KモデルはCPUの処理性能が高く(1.3GHz→1.7GHz)再起動やアプリの起動が高速となっている。

▼処理性能の参考記事

価格差は2千円ほどなので、できれば「4K」モデルを入手したい。

Fire TV Stick (通常モデル)

Fire TV Stick (4Kモデル)

プライム会員

プライムビデオを楽しむには「プライム会員」になる必要がある。月額500円、または、年額4,900円でビデオ見放題、本の読み放題、音楽聴き放題、配送料無料(一部除く)などの特典が受けられる。

使用した吊り下げ金具など

https://mobile9.jp.net/wp-content/uploads/2019/11/icon.pngかずのり

プロジェクターはテーブルなどにおいても使えますが、赤ちゃんが触ってしまうので天井吊り下げで設置しました。電源は照明から分岐です。

吊り下げ金具

安いプロジェクターは台形補正をかけるとピントが合わない部分が出る。なるべく正面照射できるよう、天井から距離を稼げる製品で安いものをチョイス。

引掛シーリング増改アダプタ

照明用のコンセントから、一般的な形状の電源を取り出すためのアダプタ。

ボードアンカー

我が家の天井は薄いベニヤ板に壁紙が貼られていが、石膏ボード用と書かれた製品で問題なく使用できた。吊り下げ金具にもアンカーは付属していたが、ボードには使用できなかった。

予算があればスピーカーは効果絶大

プロジェクターにスピーカーは内蔵されており、そこそこの音質で楽しめる。しかし、もう少しいい音で楽しみたいと思い、スピーカーを接続。

Fire TV Stick 4KのBluetoothで無線接続可能だ。スピーカーがあれば迫力は大きく変化する。

プロジェクター設置にかかる費用

▼今回揃えた機材のAmazon価格は以下のようになった。

プロジェクター19,900円
Fire TV Stick 4K6,990円
吊り下げ金具1,599円
ボードアンカー775円
増改アダプタ711円
合計29,975円
その他
スピーカー34,655円

プロジェクター設置と設定

プロジェクター設置工程

設置位置決定とマーキング

プロジェクターを投影して距離と画面サイズを決定する。画面サイズは75%まで縮小することができたが、プロジェクターのメニュー画面や、設定画面のサイズは変わらないので注意。

また、上下補正はできるが、左右の補正ができない。投影したい場所のセンターにプロジェクターのレンズを持ってくる必要があった。

設置する距離と左右の位置が決まったら天井に吊り下げ金具を当て、ボードアンカーを取り付ける場所にマーキング。書き損ねた場合に消せるよう、シャープペンを用いた。

ボードアンカー設置

マーキングした場所にプラスドライバーを当て、プラスチックハンマーで叩く。プラスドライバーは「2番」を使用。

思い切り締め込むと破損するので注意。力加減に気をつけ、締まらなくなるまで締めたのち、ネジを取り外す。

吊り下げ金具取り付け

吊り下げ金具を組み立て、電源コードは内部に通した。そして、ボードアンカーに取り付け。

その際、ワッシャーがないとネジが抜けてしまうので、吊り下げ金具に付属のワッシャーを流用。

増改アダプターの取り付け

照明を取り外し、増改アダプターの取り付け。アダプターを取り付け、コンセントにプロジェクターの電源を差し込み、照明を再び取り付け。

▼照明が少し下に下がってしまうが、最短距離で電源を取ることができた。

プロジェクター取り付け

プロジェクター本体に金具を取り付ける。

▼ねじ穴はプロジェクター本体裏のゴム足を取り外したところにある。

▼スペーサーを噛まさないとネジが長く、取り付けできない。

Fire TV Stick 4Kを取り付け

プロジェクター背面のHDMI端子にFire TV Stick 4Kを差し込む。電源もプロジェクター背面のUSB端子から取れたが、うまく動作しないまたは、動作しなくなったら付属のACアダプターから電源を取得する。

プロジェクターの設定

上下を反転させる

初期状態では吊り下げして映像を照射すると、上下が逆さまになってしまう。「投影モード」を「き上げ前方投影」にすると、正しく表示された。

台形補正とピント合わせ

台形補正により形状を整えたら、ピント調整ではっきり見えるように調整する。

サイズを調整する

大きさを調整する必要がある場合は、設定の「画像を小する」というところを選ぶと小さくできる。75%まで小さくすることができるが、大きくすることはできない。

また、設定画面やメニュー画面の大きさは変わらないので、何か映した状態で大きさを調整する必要がある。Fire TV Stickを表示させる場合は、先にFire TV Stickの設定を完了させる。

Fire TV Stick 4Kの設定

Wi-Fi接続

設定→ネットワークよりSSIDを選択し、ルーターなどに書かれたパスワードを入力して接続する。

音声出力の設定

設定→ディスプレイとサウンド→オーディオ→サラウンド音響で「ステレオ」を選択。「自動選択」だと、本体スピーカーから音声が出力されなかった。

Bluetoothスピーカーの設定(スピーカーがある場合)

設定→コントローラーとBluetoothデバイス→その他のBluetooth端末で接続したい機器とペアリングする。

プロジェクター設置完了

▼うまく天井に取り付けすることができた。毎回セッティングしなくて良いのが嬉しい。

▲照明はIKEAのもの。このタイプだと、壁面だけを暗くすることもできるので食事をとりながら映像を楽しむことができる。

ただし、暗くした部屋で見る映像の方がもちろん鮮明。そのほか、照明をオフにするとプロジェクターもオフになってしまうのが難点。

▼照明の問題はリモコン操作できる電球で対処した。

▼Prime Videoはもちろん、YouTubeやAbemaTVなども視聴可能。

▼いつでも気軽に大画面で動画を楽しめるようになった。

おわりに:安価で効果大!

プロジェクターはとても安価で高性能になっており、少ない費用で大画面を楽しめる。これがあれば盆や正月、ゴールデンウィークに夏休みなど、大型連休は家でじっくりと動画サービスを満喫できる。

テレワークをする人が多くなった今、家での息抜きも求められている。プロジェクターはエンタメはもちろん、仕事のリフレッシュにも役立ってくれることだろう。

コメントを残す