【撮影照明】LEDリングライトを試してみた!

物撮りをよりきれいにするため、照明を導入することにした。Amazonで商品を検索すると「LEDリングライト」というものがあり、円形のライトの中心にカメラを置くことで被写体に自然な光を当てることができるようだ。

購入したLEDリングライト

Amazonで購入したLEDリングライトは以下のようにライトの中央部にスマホやカメラをセットできるようになっている。

製品内容

  • LEDライト本体
  • 三脚
  • MicroUSBケーブル
  • カメラアダプタ
  • スマホアダプタ
  • 説明書

組み立ててみた

組み立ててスマホを取り付けてみた。自撮りなどによさそう。

軸を伸ばすことによって高さもある程度かえることができ、三脚部を外せば手持ちも可能。手持ちしやすいよう、グリップも備わっている。

角度は被写体に合わせて変えることができる。付属の三脚だけでも物撮りできそうだ。

明るさと色合いの調整ができる

ライトの下部にはダイヤルがあり「brightness」で明るさ調整「3200~5600K」と書かれたダイヤルを回せば暖色~寒色の調整が無段階でおこなえる。

LEDリングライトを使って撮影

それではこのLEDリングライトを使って実際に写真を撮影したのでご覧いただこう。撮影に使用したカメラはSONY DSC-RX100M3、三脚は手持ちの物、被写体はiPhone SE。

LEDリングライトなし

LEDリングライトなしで、部屋の照明で撮影すると以下のようになった。部屋の照明では光の当たる角度や影を気にする必要がある。

被写体に当たる光の角度や影の影響を受ける

LEDリングライトあり

部屋の照明を落とし、LEDリングライトを使って撮影するとずいぶんときれいに撮影できた。被写体の影はうまく分散され、リンゴマークもはっきりと見えるようになっている。

LEDの色合いは暖色側に振って撮影

おわりに

3千円ほどの製品だったが、試してみるときれいに写真を撮れることができた。これで記事に掲載する写真の質を上げることができそうだ。

より読者に喜ばれる記事を製作するためにはいろいろと改善とチャレンジが必要だ。

コメントを残す