【メモ】Macに外付けNVMe M.2 SSDを取り付け、Win10インストール

Mac mini 2018にBootCampにてWin10をインストールしたが、内蔵SSDの容量が足りなくなった。Mac mini 2018は内蔵SSDを交換することはできず、容量を大きいものに増やす事ができないので外付けSSDを利用する。

また、BootCampは外付けSSDをサポートしておらず「Win To Go」を使うこととなる。

外付けSSD

手持ちにM.2 NVMeのSSDがあったのでSSDエンクロージャーを用意したが、ポータブルタイプも良さそうだ。

ポータブルタイプ

AmazonなどにあるポータブルタイプのSSDで良さそうなもの。

RAVPower

細身のスティックタイプで最も魅力的な形状。

SanDisk

堅牢性を求めるならSanDisk。容量2TBまであり。

Samsung

SSDと言えばSamsung。こちらも小型。

外付けSSDケース(エンクロージャー)

NVMeのSSDと組み合わせることによって高速な動作が期待できる。

SSDケース

使用したケース。安価ながら良好な品質で、説明画像にはなかったC to Cケーブルも付属していた。

SSD

組み合わせたSSDはインテルのもの。512GB~2TBまで。

Win To Goのインストール

参考ページ

手順は以下のページ。

別途WindowsPCを用意するか、BootCampを使う。

BootCampと外付けのWin10は共存可能だった。

Win10の使用にはライセンスが必要。

Win10 Home

動作確認

BootCamp用のドライバをインストールし、正常動作を確認。

参考サイトによるとツールのWintoUSBの無料版ではWin10 Homeのインストールにしか対応していないとのことだったので、Win10 Homeをインストール後、Proにアップグレード。

SSDのベンチマーク

▲SSDケースの説明通り、リード / ライト共に1000MB/sほどの速度を確認できた。

ブートドライブの切り替え

Windowsの起動には、USBキーボードなどで起動時に「Optionキー」を押しっぱなしにして起動ドライブの選択画面からWinToUSBドライブを選択する。macOSのシステム環境設定にある「起動ドライブ」からは外部SSDを起動ドライブに指定する事ができない。

いったんWin To USBにてWindows10を起動後「Boot Camp コントロールパネル」から「WinToUSB Windows」を指定すれば次回から外付けSSDのWindowsが起動される。

まとめ

  • 通常は外付けSSDでBootCamp不可
  • ツールを使用すれば外付けでWin可
  • ツールは無料版だとWin10 Home迄
  • Proは後からアップグレードできる
  • ケース × NVMeならR / W 1000MB/s
  • macOSではUSBブートドライブ選択不可
  • WinのBootCampコントロールパネルなら選択可
コメントを閉じる

コメントを残す