最新スマホが一括1万円代から!OCNモバイルONE

【メモ】Macに外付けNVMe M.2 SSDを取り付け、Win10インストール

Mac mini 2018にBootCampにてWin10をインストールしたが、内蔵SSDの容量が足りなくなった。Mac mini 2018は内蔵SSDを交換することはできず、容量を大きいものに増やす事ができないので外付けSSDを利用する。

また、BootCampは外付けSSDをサポートしておらず「Win To Go」を使うこととなる。

楽天モバイル0円終了。千円払うなら?

mineo 1.5Mbpsで使い放題(マイそく)

LINEMO (3GB 5分通話放題1年無料)

OCN モバイル ONE(3GB 端末激安)

外付けSSD

手持ちにM.2 NVMeのSSDがあったのでSSDエンクロージャーを用意したが、ポータブルタイプも良さそうだ。

ポータブルタイプ

AmazonなどにあるポータブルタイプのSSDで良さそうなもの。

RAVPower

細身のスティックタイプで最も魅力的な形状。

SanDisk

堅牢性を求めるならSanDisk。容量2TBまであり。

Samsung

SSDと言えばSamsung。こちらも小型。

外付けSSDケース(エンクロージャー)

NVMeのSSDと組み合わせることによって高速な動作が期待できる。

SSDケース

使用したケース。安価ながら良好な品質で、説明画像にはなかったC to Cケーブルも付属していた。

SSD

組み合わせたSSDはインテルのもの。512GB~2TBまで。

Win To Goのインストール

参考ページ

手順は以下のページ。

別途WindowsPCを用意するか、BootCampを使う。

BootCampと外付けのWin10は共存可能だった。

Win10の使用にはライセンスが必要。

Win10 Home

動作確認

BootCamp用のドライバをインストールし、正常動作を確認。

参考サイトによるとツールのWintoUSBの無料版ではWin10 Homeのインストールにしか対応していないとのことだったので、Win10 Homeをインストール後、Proにアップグレード。

SSDのベンチマーク

▲SSDケースの説明通り、リード / ライト共に1000MB/sほどの速度を確認できた。

ブートドライブの切り替え

Windowsの起動には、USBキーボードなどで起動時に「Optionキー」を押しっぱなしにして起動ドライブの選択画面からWinToUSBドライブを選択する。macOSのシステム環境設定にある「起動ドライブ」からは外部SSDを起動ドライブに指定する事ができない。

いったんWin To USBにてWindows10を起動後「Boot Camp コントロールパネル」から「WinToUSB Windows」を指定すれば次回から外付けSSDのWindowsが起動される。

まとめ

  • 通常は外付けSSDでBootCamp不可
  • ツールを使用すれば外付けでWin可
  • ツールは無料版だとWin10 Home迄
  • Proは後からアップグレードできる
  • ケース × NVMeならR / W 1000MB/s
  • macOSではUSBブートドライブ選択不可
  • WinのBootCampコントロールパネルなら選択可

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。