【格安SIM】Biglobe mobileの保証サービスが結構良さそう!

大手3キャリアから格安SIMであるMVNOに移るとき、一番懸念する材料は「保証サービス」ではないだろうか。

いままで使っていた端末をそのまま使いたい場合や、中古端末を格安SIMで使う場合は通常保証がないため破損したり故障した場合は高額の修理代が必要となる。

Biglobe SIM端末保証サービス

SIM保証修理例
BIGLOBE SIM端末保証サービス

現在私はBiglobe Mobileを使用しており、保証サービスについて調べていたところ、加入中のBiglobe Mobileでは、Biglobe Mobileで販売している端末以外でも保証サービスに加入できるというページをみつけた。

国内販売のAndroid端末を500円/月で保証

保証される金額は40,000円までであることや、対応端末が国内で販売されているAndroid端末であり、iPhoneは対象外ではあるが500円/月で修理や交換の保証を受けることができる。

さらにシェアSIMで仮に2台使用していれば500円/月で2台の端末を保証してくれる。サポートに問い合わせたところ、シェアSIMは4枚まで追加でき、全ての端末の保証ができるそうだ。

複数の端末を保証


「BIGLOBE SIM端末保証サービス」は、BIGLOBEモバイルのSIMで通信を行っているAndroid端末であれば、保証に台数制限はありません。
たとえばタブレットとスマホの2台をシェアSIMで利用している場合、1契約で2台とも保証します。
また、タイプDおよびタイプA、いずれのSIMをご利用であっても保証をご利用いただけます。


中古端末も対象


対象端末*であれば、ECサイトなどで購入した白ロム端末などでも保証対象となります。
*対象端末一覧はこちら

BIGLOBE SIM端末保証サービス

そして、修理中は端末の貸し出しサービスを受けることもできるので修理中もスマートフォンを使うことができる。

最新機種にも対応

対応機種一覧表をみてみると新しい機種にもきちんと対応しているようだ。

Xperia 1やGalaxy S10も一覧表に載っていた。キャリアはdocomoとauのみでSoftBankの端末には対応していないようで、これも問い合わせたところ、掲載している機種のみ対応との回答だった。

キャリア端末は修理ではなく交換対応になり、同じ機種にはならない

BIGLOBE SIM端末保証サービスのページを読み進めていくと「保証サービスご利用の流れ」に気になる文言があった。

※通信事業者向け仕様の端末(キャリア端末)はメーカー等による修理ができませんので、当社指定の代替品との交換対応となります。ご利用のキャリア端末との交換とはなりません。

BIGLOBE SIM端末保証サービス

内容についてサポートに問い合わせたところ、docomo, auの端末の場合はBiglobeの提案する機種の中から代替機種を選択するとのこと。

どのような機種が選択できるのかを聞いたところ「機種については回答できない」とのことであった。

最新の高級端末だとグレードダウンしてしまう可能性がありそうだが、古い端末ならどうなるだろうか。

かんたんなまとめ

  • Biglobeから買った端末じゃなくてもOK
  • 中古屋で買った端末でも保証の対象
  • シェアSIM(4枚まで)でも対象で500円/月で保証範囲が広く安上がり
  • docomo, auの端末、ほか少数のSIMフリー機に対応
  • docomo, auの端末は修理できず交換対応、Biglobeの提案機種になる
  • グローバル版の端末は対応不可

サービスの詳しい内容は公式ページをよく確認。

Biglobe Mobileについてはこちら

おわりに

私が現在使用している端末はグローバル版の端末なので該当する機種ですらなかった。しかし、国内販売端末でdocomoやauを使っている場合は保証される。

最新端末の場合はどのような機種に交換になってしまうかが問題ではあるが、シェアSIMを契約している人にはいいサービスではないだろうか。

例えば、メイン+シェア2枚の場合、500円で3台の保証が受けられるので1台あたり約167円となる。これぐらいの金額なら加入しておいても良さそうだ。

Biglobe Mobileウェブサイト

コメントを残す