【小型スマホ】AQUOS R2 compactについて調べてみた!

タイトル画像小型、軽量、高性能の3拍子

随分前から大型スマホと小型スマホを行ったり来たりしている。この記事を執筆している時点では大型スマホのGalaxy Note9のサブに購入したiPhoneSEの操作性が非常に良く、小型スマホに夢中になっている。

しばらく大型のスマートフォンを使っているとそれが普通になるが、久しぶりに小型端末を触るとTwitterやLINEで文字入力などがしやすく、カメラやビデオなどの撮影もしやすい小型端末もいいものだと思う。大は小を兼ねるというが、スマートフォンの場合は一長一短でどちらも長所と短所がある。

iPhoneSEは現在安く手に入りやすく、パーツも豊富なのでバッテリー交換や外装交換カスタムなど色々気軽に楽しめる。すっかり小型端末の魅力にハマった私は、シャープも良さげな小型端末を出していたのを思い出し情報を調べてみた。

AQUOS R2 compactの基本情報

AQUOS R2 compactはiPhoneSEと大きく変わらないボディサイズで大画面、高性能カメラ、iPhoneSEと同じ「前面指紋認証ボタン」を搭載している。個人的には前面に指紋認証ボタンがあるのはかなり使いやすく、前面指紋認証ボタンのiPhoneSEでは、テーブルなどに置いたままロックを解除できるのでとても便利だ。

AQUOS R2 compactのレビュー記事

いくつかレビュー記事も読んでみた。

手の上に置いたSH-M09の画像
Image : engadget

これらの記事を読むと5.0インチディスプレイのXperia XZ2 Compactの5.2インチのAQUOS R2 compactが横幅が狭く、なおかつ重量は168gに対して135g。SIMフリー版が販売されているのもAQUOS R2 compactの特徴だということがわかる。

様々な機種との比較やレビューはとても参考になった。

iPhoneSEとスペック比較

SH-M09のスペックの画像
Image : AQUOS R2 compact
iPhoneSEAQUOS R2 compact
SoCA9Snapdragon845
RAM2GB4GB
ストレージ容量16, 32, 64, 128GB64GB
重さ113g135g
高さ123.8mm131mm
58.6mm64mm
厚み7.6mm9.3mm
画面サイズ4インチ5.2インチ
解像度1,136×6402,280×1,080
画面密度326ppi485ppi
バッテリー容量1,624mAh2,500mAh
リアカメラ12MP
F2.2
22MP
F1.9
フロントカメラ1.2MP
F2.4
8MP
F2.2
防水なしあり

スマートフォンでは表がスクロールできます

寸法と重量はiPhoneSEと比較して、

  • 画面サイズ+1.2インチ
  • 高さ+7.2mm
  • 幅+5.4mm
  • 厚み+1.7mm
  • 重さ+22g

となった。ディスプレイサイズや処理性能、カメラの性能、バッテリー容量など全てにおいてiPhoneSEを上回っているが、ボディサイズはわずかな増となっておりあまり差がないのがすばらしい。

画面をボディサイズいっぱいまで拡げることに成功し、小型で軽量ながら高性能な端末だ。ディスプレイは120Hzで動作、fericaにも対応している。

指紋認証部の設定が変更できる

SH-M09の画面株の画像
Image : engadget

この機種ならではの一番良いところはここだと思う。

設定で、

  • ホームキー
  • 戻るキー
  • 履歴キー

の操作に割り当てすることが可能。戻ると履歴は左右フリックジェスチャーに割り当てできる。設定すればAndroidではおなじみのうっとおしいナビゲーションバーを消すことができる。少々変わったディスプレイとなってしまったが、物理キーでナビゲーション操作ができるのは希少で操作性の向上に影響する。

小型というだけでも操作しやすいのに物理キーがあることでさらに操作性が良く、5.2インチのディスプレイからナビゲーションバーを消すことで画面領域を一杯まで使える。

初めてみたときはデザインが受け付けなかったが、じっくりみて、スペックも比較すると悪くない。大画面機種と比較すると見劣りする部分はあるが、高性能と使いやすさのバランスが絶妙な機種となっているのではないだろうか。

どこで購入できる?

SH-M09が宙に浮いた画像
Image : AQUOS R2 compact

本体だけならAmazonで入手可能。

中古ならヤフオク!で入手するのも良いだろう。キャリアならソフトバンクで取り扱っている。

取り扱いのある格安SIM業者

BIGLOBEモバイル

筆者も使用中の格安SIM。家族とシェアできるシェアSIMで節約したり、YouTubeやSpotifyの使用で通信がカウントされない「エンタメフリー」が魅力。

楽天モバイル

通信の制限がかかっても1Mbpsの速度で使えるので、ブラウジングやYouTubeなどでは無制限と言っても良いのが楽天モバイルの強み。楽天会員の優遇もあり。

mineo

契約者同士で通信量をプレゼントしあったりと独特なサービスを展開しているmineo。パケットギフトと呼ばれるこの仕組みを使って安くパケットを入手したりできるとか。。オークションなどを検索すると良いだろう。

他にもあるようなので興味がある方は調べていただきたい。

おわりに

コンパクトながらかなり高性能なAQUOS R2 compact。現在iPhone5SやSEを使っている人の乗り換え先にも良さそうだ。

大型端末のサブ用途にはまだ少々高いが、予算のある人なら購入するのもあり。fericaもあるのでメインが海外スマホでもOKだ。逆にメインにAQUOS R2 compactを持って大型スマホを遊び用でも良いかもしれない。

コメントを残す