Xperia XZ 601so 液晶パネル交換

先日購入したばかりのソフトバンクXperia XZ 601のお姿。

通話終了後、終話操作をしようとしたところ、手から滑り落ちコンクリートに落下。

手帳型ケースに入れていたのだが、打ちどころが悪く画面には無数のヒビが入ってしまった。

ヤフオクで購入し、simロック解除、Y!mobileにて運用なのでもちろん保険もなく有償修理か買い替えしかない状態だ。

なんとか液晶割れを修理したい

保険なしの有償修理では2〜3万ほど掛かるだろう。そうなれば、あともう少し出せば新しいものが買えてしまう。そこで、ブログのネタにもなるであろうと思い、自力で交換してみることにした。

用意するもの

液晶パネルはAmazonで簡単に探すことができ、専用の両面テープとセットで販売されているものを購入した。購入時の価格は9千円ほどであった。

購入した液晶パネル背面。

いよいよ交換に取り掛かるが、YouTubeで交換の様子を紹介している動画があるのでそれを観ながらトライ。YouTube Preview Image

液晶パネル交換作業開始

ヒートガンで数秒温めると両面テープの粘着が弱まるので、ピックなどを差し込み、こじ開けていく。

ヒートガンを使うのが初めてだったのだが、加減がわからず、温めすぎてフレーム部を少々変形させてしまった。ヒートガン恐るべし。

ヘラでどんどんこじ開けていく。ここで、うっかり電源を入れてしまい、この状態では操作できず、電源+Vol UP長押しで強制終了。

なんとか液晶パネルを取り外し、周りに残った両面テープのカスを取り除く。ピンセットがあればやりやすい。

写真左下にガラスの破片が残っているのが見える。ピンセットで丁寧に取り除き綺麗な状態にしていく。


元のフレキシブルケーブルは、画像中央の白い両面テープ貼り付け部分のところで半分に折られていたので、同じように折り、両面テープで貼り付けた。

動作確認後、液晶パネルを貼り付けして完成。

常用はちょっと厳しいかも?

付属の両面テープだけでは液晶パネルがしっかりと貼り付けすることは難しく、防水性は期待できない。これは以前Xperia Z3のLCDを交換した時もそうだったのだが、完全にボディと密着させるのは至難の業で、ミドルフレームを交換しても、テープの種類をブチルから透明色のものにしても、クランプで数日固定しても密着できなかった。

今回は、隅部など数か所に接着剤を流し込むことで液晶パネルの浮き上がりに対処した。

ジャンク品遊びや、とりあえず使えればいいという方はやってみてもいいのではないだろか。

しっかりとした修理を望むなら、修理業者に依頼するのがいいだろう。

Sony Xperia XZ 交換用 液晶パネル フロントパネル セット Kayyoo フロントガラスデジタイザ タッチパネル 交換パーツ 粘着テープ 修理工具付き (ブルー)

新品価格
¥6,970から
(2018/8/31 22:04時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください